2007/12/8

2台ピアノのコンサート  コンサート

お友達が出演する2台ピアノのコンサートに行ってきました。

20組近くのピアノ・デュオのみなさんの演奏が聴けるという超豪華プログラム。最初から最後まで聴きたかったのですが、2部と3部だけおじゃましました。

会場に着くと、さっそくピアノの音が♪〜ロビーにあるテレビ画面にホールの中の演奏風景が映し出されていていました。ショパンのピアノコンチェルトの2台ピアノバージョン。ひゃーっ!!素敵っ!
なんて本格的なコンサートなの〜。。。今回は見学のみなのに、画面の映像を見ているだけでドキドキしてきました。

シベリウスのフィンランディアの2台8手版(初めて見ました!)、モーツァルトのピアノコンチェルトの2台バージョン(モー様のピアコン、人気のようで何組かの方が弾かれてました。)、千住明の「宿命」(すごいドラマチックで胸ギューでした!「これでもか!」という感じでツボを押されました!)、シューマンのピアノコンチェルト(お〜、これも2台ピアノ版があったとは!)、プーランクの「シテール島への船出」(お洒落!華やか!)、ドビュッシーの「白と黒で」、ラフマニノフの「幻想的絵画」(かっちょい〜!!まさに幻想的な世界に連れていかれました。)などなど。。。
それぞれのデュオの個性あふれる素晴らしい演奏でした。

衣装もみなさん工夫されていて、デュオらしく同じ形の色違いのドレスだったり、モノトーンでそろえていたり、雰囲気を統一されていて、楽しんで準備されたんだな〜というのが伝わってきました。

それにしてもみなさん息ピッタリで、ここまで素晴らしい演奏に仕上げるには相当合わせて練習されたのでは?それぞれにお仕事や家庭もあってお忙しい中、すごいです〜。
ソロでもいろんな披露されていたのを別の演奏会で聴かせてもらっているので、ほんとにすごいな〜〜〜っと感心しきりです。

わたしも2台ピアノ、いつかやってみたいです。ふくふく♪

2007/12/7

行ってみたい〜!  クラシック情報

コンサートに行くと、入り口でほかのコンサートのチラシがたくさん入った袋がもらえますよね。あれもコンサートの楽しみのひとつです。
先日田部さんのコンサートに行ったとき、入っていたチラシの中から気になるものをピックアップ。

2008年

1月11日・18日(サントリーホール)
☆ユンディ・リ・ピアノリサイタル
♪ショパンのマズルカ、ムソルグスキーの「展覧会の絵」など。
 チラシの写真のユンディ(裏面も)が、すごくかっこよく撮れてます。ファンの方、チラシだけでも要チェックですよ!

1月11日(すみだトリフォニーホール)
☆ハンクジョーンズ・ピアノソロコンサート
♪「キング・オブ・スタンダード 生きる伝説ハンク・ジョーンズ89歳」!10年ほど前に来日したとき「これを逃したらもう見るチャンスないかも?」とブルー・ノートに行ったら、その日は体調不良で代役のピアニストの人が演奏していてガッカリだった思い出が。。。なんとまだ現役とは!ヤルモンダ〜。(←昔ハンク・ジョーンズさんが出ていたCMの台詞。覚えてるかな?)

1月15日(紀尾井ホール)
☆鈴木弘尚 ピアノリサイタル
♪ショパン、リスト、ラフマニノフなど。

1月27日(トッパンホール)
☆イム・ドンミン ピアノリサイタル
♪ベトベンの「熱情」、リストのソナタロ短調など。

1月30日(浜離宮朝日ホール)
☆関本昌平ランチタイムコンサート
♪モーツァルト、ショパンなど。

1月31日(サントリーホール)
☆辻井伸行 ピアノリサイタル
♪ショパン、ベートーベン「月光」「熱情」など

2月16日(サントリーホール)
☆中村紘子 ピアノリサイタル
♪ショパン、アルベニス、シューマン「クライスレリアーナ」など。

2月17日(すみだトリフォニーホール)
☆トマティート&ドランテ スペシャル・ライブ
♪フラメンコギターの名手、トマティート。大好き!!ラテン・ピアニストのミシェル・カミロとのデュオのライブは、わたしの今まで行ったライブ史上、最も感動したライブのひとつなので、ぜひまた生でトマティートのギターを聴きたいです。
ドランテのピアノは聴いたことがないのですが、フラメンコ・ピアノのホープだそうです。

あぁ〜〜〜、上記のコンサート、全部行きたい!年末ジャンボ宝くじが当たりますように。







2007/12/7

黒い恋人  日記

クリックすると元のサイズで表示します
わたしの黒い恋人・・・って人じゃないけど。
愛猫のクーちゃんです。

2007/12/5

女神様のシューマン  コンサート

田部京子さんのリサイタル「シューマン・プラス〜ロマン派の音物語〜」の「第一章 シューマンからの招待状」に行ってきました。
場所は浜離宮朝日ホール。
田部さんがシューマンとその周辺の音楽家の作品を弾くリサイタルシリーズの第1回目で、今回は「パピヨンop.2」「子供の情景op.15」「アラベスクop.18」「謝肉祭op.9」というプログラムでした。

黒い地に銀色のスパンコールが帯状に散りばめられ天の川のようになっているドレスで田部さんが登場。相変わらず女神のような美しさです☆☆
ふわりと優雅に鍵盤に置かれた手から「パピヨン」の導入部の旋律が奏でられると、すでに泣きそうになるほど美しくてうっとり。

雫がしたたるような高音、まろやか〜な低音、美しい音が重なって、ロマンチックな曲、メルヘンチックな曲、おどけたリズムの曲、次から次へと飽きさせません。
田部さんの「無言歌集」のCDを聴いているときにも感じることですが、楽譜にしたら1ページや2ページの小品でも田部さんが弾くとひとつひとつにストーリーがあって聴きごたえがあります。(そして自分で弾いてみると「あれー?もっといい曲だったはずなのに、なぜ??」となるのです。)

「アラベスク」と「謝肉祭」(その中でも特に「キアリーナ」と「ショパン」!もともと好きな曲で聴くのを楽しみにしていましたが、田部さんの演奏は期待以上!!)が特によかったです。

アンコールもシューマンでした。
「3つのロマンスから第2番」と「飛翔」。

あ〜〜〜、田部様の美オーラを存分に満喫した2時間でした。
チケットを譲ってくださったMさん、本当にありがとうございました。

2007/12/2

クリスマスアレンジメント  お花

クリックすると元のサイズで表示します
らーめん画像がうまくいったようなので、もう一個試しに、先日作ったアレンジメントの写真。

知らなかった〜。自動縮小機能がついているなんて!!
これからは画像もときどきのっけますよ!
お楽しみに♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ