2007/11/13

山本さんテレビ情報  クラシック情報

明日のBS2のクラシック倶楽部、山本貴志さんのリサイタルです。

2007年 11月14日(水) 10:55〜11:50

山本 貴志 ピアノ・リサイタル
1. 舟歌 嬰ヘ長調 作品60 ( ショパン作曲 )
2. ソナチネ ( ラヴェル作曲 )
3. ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101   ( ベートーベン作曲 )
4. ノクターン 変ロ短調 作品9 第1 ( ショパン作曲 )


2007/11/13

連弾レッスン  レッスン

ふくふく♪連弾パートナーのtさんと、先生のお家へ。初めて2人そろった状態で連弾のレッスンをしてもらいに行ってきました。

♪「愛の挨拶」 エルガー
プリモtさん セコンドふわふわ
まず通して弾くと「う〜ん、連弾っていうより、一人一人が勝手にソロで弾いてる感じですね。もっとお互いの音をよく聴いて、2人で音楽を作るようにしてください。」
全体的に、tさんはたっぷり歌って弾きたいタイプ、わたしはアッサリ先へ先へと急いで弾いてしまうタイプなので、ずれてしまっているようです。
フェルマータの部分で、特にそのズレが大きくなるので、わたしはtさんの音をよく聴いてから入るように注意。
それと、わたしは全体的に音が大きすぎ。伴奏は特に小さくするよう気をつけること。セコンドがメロディを担当するときドカドカ弾いてしまって「異物が混入したような」印象になるので、やわらかく弾くように。

先生「強弱は楽譜どおりに弾いてますか?楽譜ではffなのに、2人ともボリューム抑えて弾いてる箇所がありましたが、それは相談して決めたんですか?」
ふくふく「えっ?!そうでしたか?楽譜どおりに弾いてるつもりでした^^;(そこは息ピッタリだったのですね☆)」
先生「まずは譜面どおりに弾いてみて、変えたいところはお互い相談して決めていったほうがいいですよ。」

♪「ねこふんじゃった」
プリモふわふわ セコンドtさん
まずはプリモが通常の「ねこふん」をソロで弾いて始まります。「・・・;ふわふわさん、それでは子どもが遊びで弾いてる『ねこふんじゃった』と変わりませんから、もっと音楽的に弾いてください。こんなふうに・・・♪」と、先生がお手本を弾いてくださると、あの「ねこふん」がとたんに大人の「ねこふん」に!
プリモはほとんど普通の「ねこふん」のみなので「ねこふん」に磨きをかけることが課題のようです。
セコンドは次々と変わったリズムの伴奏が出てきて、和音での移動も多いし、なにしろ♭6つなので譜読みが大変そう〜。

♪とある連弾曲
プリモtさん セコンドふわふわ
ゆっくり合わせて練習。
2ページ目の2段目から、プリモもセコンドもチャリラチャリラと細かい♪で盛り上がっていくので、2人で必死!!な状態に。
「少なくともこの部分は合わせるように」というポイントを教えてもらいました。

・・・というわけで、3曲、あっという間に1時間のレッスン時間終了。
「とにかく連弾は、一人一人で練習するより、何度も一緒にあわせたほうがいいですよ。じゃないと、お互いに『こう弾きたい』っていうところがどんどんずれていってしまって、合わせたときにギャップが大きくなるので、2人で話し合いながら練習することが大事です。」ということでした。

2007/11/10

もうすぐのだめ19巻発売  マンガ

のだめカンタービレ19巻、11月13日(火)発売予定です。

2007/11/10

子メール  日記

ついに子どもたちもメールを始めました。
夫のノートパソコンを一台、子どもメール専用機にして、息子用アドレスと娘(今のところ妹のみ。姉は「ローマ字わかんないし、めんどくさいからいらない。」と言い張っている。)用アドレスを決め、交代で使っています。

娘は前から友達と手紙交換したり電話したりするのが好きなので、メールにハマるのは想像つきました。さっそく次々と絵文字満載のメールが届いて「わ〜。〇〇ちゃんからだ〜。この絵文字かわいい!わたしも使いたい〜。これどうやって出すの?」とうれしそう。
最初はアドレスを入力するのも一苦労で「この棒(ー)はどうやって出すの?〇の中にaが入ってるのってどうやるの?」と大騒ぎでしたが、ずいぶん慣れてきて、教えてないのにフォントを変える方法などもどんどん自分で覚えて使いこなしている様子。

意外にも、息子がマメにメールチェックしていて、開始3日くらいですでに20人くらいの友達とやりとりしているらしいことにはビックリ。
最初は一本指でキーボードを打っていて、一通出すのにすごい時間かかってたのに、もう両手でブラインドタッチで打てるようになってるし。
子どもは覚えるの早いですね。

それにしても、小学校高学年から中学生の大多数の友達がメールをしているというのにも驚きました。子どもたちに聞いてみたところ、パソコンの子と、携帯の子と半々のようです。




2007/11/6

ノク13終了!  レッスン

ピアノレッスンでした。

♪ショパン ノクターン13番
まずは1回通して弾くと「はい、これはもう今日で最後でいいでしょう。前半部はキレイに弾けていますし、後半部は技術が追いついていないところもありますけど、それはすぐにどうこうできることではないので、今の段階ではここまででしょう。全体のまとめ方やイメージは上手くできてますよ。」ということで、とりあえず合格☆

来週末に人前演奏するので、最終チェック。
前半部・・・最初の出だし、どれくらいのテンポで弾くか頭の中で数えてから弾き始める。装飾音がついてるところなど、固くならずあわてず歌って弾く。
左手の16分音符、重くならないように。(重さは次の4分音符にかける。)
中間部・・・2分音符がやや前のめりになってる感じに聞えるので、あわてずに弾く。4ページ目、両手オクターブで半音階で降りてくるところ、緊張感のある硬い音色で弾く。
後半部・・・中間部から後半部へ移るところでぐっとボリューム落として。メロディラインがキツイ音にならないように注意。
弾くことにいっぱいいっぱいにならず、歌を忘れないように。

そして最後にMDに録音。録音だ〜と思ったとたん緊張し、最初の数小節で派手に間違え「ぎゃ!すみません!もう一回やり直しでお願いします!」。
今度はなんとか最後まで弾きとおし、無事録音できました。

来週は連弾レッスンです♪♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ