2007/7/29

亜麻色の顔の乙女  ピアノ

今日(あ、もう昨日だ。)は都内某スタジオにて行われたオフ会に参加させてもらいました。
なんと北海道や仙台、静岡からはるばるいらっしゃった方も!
クラシックの大曲あり、オリジナル曲の弾き語りあり、みんなで「千の風になって」を歌うコーナーなどなど、盛りだくさんの内容で、7時間があっという間でした。
みなさん個性あふれる素晴らしい演奏で、とても聴きごたえがありました。

わたしはできたてホヤホヤのフォーレのノクターン4番を弾いたのですが・・・「人前で弾くにはもっと弾き込んでおかないとダメだなぁ。。。」と痛感しました。家で弾いてるときの3割くらいの出来になっちゃいますね;家で弾いててもあやしかったので、本番にはもうなんだか別の曲みたいになってしまいました;;
「メロディを歌って。」と先生から何度も言われていたのに、歌う余裕なし。「音の響きを大切に。音を濁らせたらいけません。」と言われていたのに、濁っていない部分がなかったような。。。はぅぅぅ。またいつかリベンジします。

2次会は恒例(?)飲み放題。
ピアノの会のあとおしゃべりしつつ飲むお酒は美味しいですね〜。
mさんが「わたしもフォーレの写真集持ってます!」とおっしゃるので「えっ・・・それはマニアックですね。」と言ったら「フォーレのノクターン集」の言い間違いだったり、わたしも「亜麻色の髪の乙女」と言おうとして「亜麻色の顔の乙女」といってしまうなど、ちょっと酔っ払いました。

2007/7/26

いつか弾きたい曲ランキング  ピアノ

テツさんのブログ「おとのく」祝☆2周年 トラックバック企画「いつか弾いてみたい曲ランキング」に参加します♪

5位 シューマン「クライスレリアーナ」
   楽譜は持っているのですが・・・これをどう弾くとCDみたいになるの??と謎。

4位 ガーシュイン 「ラプソディ・イン・ブルー」
   一人で弾くより、連弾バージョンでやってみたいです。

3位 ショパン 「ピアノ協奏曲 第一番」
   オケと一緒にとは言いませんので、2台ピアノバージョンで♪

2位 ショパン 「バラード4番」
   とりあえずバラ1とスケ2にはチャレンジしたので、ほかのバラ・スケも弾いてみたいのですが、難易度をムシして、バラ4がダントツで弾いてみたい!

1位 リスト 「ため息」
   はぁぁ。。。弾きたい。。。(←ため息)
   
ちなみに、ちょっと前までは「いつか・・・」と思っていて、今は練習中で、早くちゃんと弾けるようになりたい曲は、
ショパン「ノクターン13番」
モーツァルト「2台ピアノのためのソナタ」
スクリャービン「エチュード8−12」
一番差し迫っているものはフォーレ「ノクターン4番」;あさって弾きます。

ちなみに、約2年前にも、日記に「憧れの曲ランキング」を書いてます。こちら↓
http://happy.ap.teacup.com/fuwafuwa/132.html
ほとんど変わってませんね^^;

お、でも2年前は「憧れの曲」だったうち、「愛の夢」「別れの曲」「間奏曲118−2」「バラ1」「スケ2」は、とりあえず弾けるようになった(完成度はさておき、とにかく人前で演奏した)んですね〜!
よく「夢ややりたいことは書き出しておくと実現しやすい」というようなことを聞くけど、本当かも?



 
   

2007/7/23

娘のお手柄  日記

猫の絵や雑貨が大集合の「猫ねこネコのフェスティバル」に今年も行ってきました。
去年は山口マオさん・大野隆司さん、佐藤恵美さんの猫版画家さん3人のトークショーでしたが、今年はダヤンの池田あきこさんもいらっしゃって、「4匹の猫」さん勢ぞろいでした!

4人の画家さんがその場でイラストを寄せ書きされたお宝色紙を、トークショーのあとジャンケン大会をして、勝ち残ったお客さんにプレゼント、という企画があり、一緒に行った娘が「いいな〜!欲しいな〜!ママも欲しいでしょ?わたしジャンケンけっこう強いんだよ。」と言って、ほんとに最後まで勝って、色紙をいただきました☆お手柄〜!!
マオさんはマオ猫が素もぐりで魚をつかまえているところ、池田さんはダヤンがシュノーケリングして「あんまりきれいで笑っちゃう」ところを、佐藤さんはふっくらまん丸な猫ちゃんが浮き輪(肉球柄!)でご満悦なところ、大野さんは、猫人魚のまわりにイカとタコと魚が泳いでいて、「見タコとあるかい海の中?別の世界があるんだよ。落ち込んだとき来てごらん。くじけちゃイカんヨ。」のメッセージつきのイラストを、それぞれ描いてくださいました。
四者(四匹?)四様の楽しい色紙、どうもありがとうございます。

そのあとさらに、何か買った作品にサインイラストを描いてもらえるという大サービスもあり、マオ猫キャンバストートの後ろ側に、なんとなんと「わにわに」を大きく描いてもらいました!!今にも飛び出してきそうなわにわにです。
コンサートでお疲れのところ、さらに「もう一曲リクエストで・・・ラフマニノフの協奏曲弾いて下さい♪」というような無茶苦茶なお願いだよなぁと思ったのですが、お引き受けいただいてどうもありがとうございました。
家宝にいたします。楽譜も入る大きさなので、レッスンバッグとして使わせていただきます。

2007/7/20

夏休みお昼ごはん協定  日記

今日から学校は夏休みですね。
夏休みといえば子どもたちのお昼ごはん。
今年は3人それぞれに部活の予定があって、お弁当持ちだったり、そうでなかったり、日によってまちまちです。
そこで、下記のことを約束させました。

☆お弁当が必要な場合は、前日の昼までには知らせること。(前日の夜中に急に言われても材料がないこともあるので。)

☆部活に持っていく水筒の管理(麦茶を作っておく、水筒を洗う、など。)は自分ですること。(去年は使ったあとの水筒を放置して中がくさくなったり、朝になって「麦茶ができてない!」とか「水筒がない!」と騒いでることがよくあったので。)

☆お昼ご飯を家で食べる場合も前もって知らせること。知らせるのを忘れたら、家にあるもので自分で工夫して作って食べること。

とりあえず、明日は3人全員お弁当持ちです。これから作ります。

2007/7/19

ノク4レッスン2回目。  レッスン

昨日はレッスンでした。前回のレッスンから2週間たっているはずなのですがまだ4・5日しか経っていないような感じ。

♪フォーレ ノクターン4番
まずは1回通して弾くと、「全体の流れは止まらずに弾けてますが、メロディのひとつひとつの音が点、点、点・・・とブチブチ切れてる感じなので、線でつながるように弾けるとよいですね。」とのこと。

テーマ部分、メロディをよく歌わせて。ritじゃないところでテンポを落とさない。
メロディがオクターブになるところ、指先をしめて音を立ち上げるように。

中間部、右手が6連符になるところ、右手に必死で左がおろそかになっているので、左手も右手と同じく盛り上げていくこと。

後半部も、メロディを歌わせるように。メロディのところどころで出てくるオクターブの高音は鐘が遠くで鳴っているようなイメージで。
エンディングで分散和音を響かせながら、チャラリラリラリラ〜と上っていくところ。「・・・楽譜を凝視しながら必死になって弾いてますね;見ないでさらさらっと弾けるようにしてくださいね。」
最後7小節目からの和音、テンポを落としすぎないように。

「う〜ん、まぁ、まだ譜読みして一ヶ月くらいですよね?それにしては健闘しましたね。」ということでした。

まだ仕上がりというには程遠い状態なのですが、人前演奏の前に客観的に聴いてみたいので、レッスンの最後に録音してもらいました。
どこを弾いてるのかわからなくなって止まったところや、間違えたところがたくさん。
家に帰ってからおそるおそるMDのスイッチを入れてみたら「・・・・」無音でした;;カウンターだけは回っているのですが、どういうわけか録音されていなかったのです。ほっとしたような、残念なような。。。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ