2006/11/21

発表会その5(演奏後)  ピアノ

演奏後は放心状態で、舞台袖から客席に戻る出口も間違え、そばにいた小学生の女の子に「大丈夫ですか?一緒についていきましょうか?」と心配されるほど;;

ホール内では大人の最後の生徒さんが美しいブラームスを奏でていらっしゃるのが扉を隔てて聴こえていました。はぁぁ。。。

さて、生徒さんの演奏がひとまわりしたところで先生の演奏です。
グラナドスの「演奏会用アレグロ」。
真っ赤なドレスで登場された先生、いつものレッスン中のほんわか楽しい雰囲気からは別人のように真剣なオーラが漂っていて近寄りがたいほど。
演奏は、華麗で、ゾクゾクするほど素晴らしく、客席もシ〜ンとしてさっきまでの発表会のホールとは空気がガラっと変わったような感じがしました。「ひゃぁぁぁぁ。すごい。。。」
レッスン中、ちょっとしたフレーズをお手本で弾いてくださるときにも、先生が弾くと全然音色が違って「ふぉぉ〜。さすが!」と思っていましたが、こうしてあらためて一曲まるごと舞台で弾かれるのを聴くと、ほんとに圧倒されました。

最後に子どもたちの連弾とナレーション付きで「動物の謝肉祭」。
教室に通っているお友達どうしで、毎日会って合わせて練習というわけにはいかなかったと思うのですが「短期間でどうやってここまで??」とビックリの上手さでした。ナレーションも「演劇の子役もできるんじゃ・・・?」という上手さで子どもたちの芸達者ぶりには驚きっぱなしでした。

開演から4時間たっぷりで発表会終了。
子どもたちの演奏からも刺激を受けましたし、大人の生徒さんたちと知り合えたのもうれしいですし、あらためて先生に習ってよかったな〜と思う一日でした。
今回舞台のスタンド花を作るのを担当させてもらったので、それもよい思い出になりました。
そして、雨の中聴きに来てくれたお友達と家族、どうもありがとう!











teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ