2006/11/15

スケ2録音  レッスン

とうとう発表会前最後の仕上げレッスン。
まずは通して弾くと、先生が「うっ、発表会で弾いてるところを想像して、なんだかわたしが緊張して手が冷たくなってしまいました。。。」とおっしゃってました。
本番4日前にして先生を緊張させてしまう演奏って・・・;;

中間部のワルツのような感じでクルクル速くなるところ、あせって音が抜けるよりは、きちんと弾ける速さで落ち着いて弾くこと。
後半の盛り上がり部分の分散和音で激しく動くところも、ちょっとスピード落として、音をはずさないようにしたほうがキレイ。
・・・などなど、本番に向けて今から調整できそうなポイントを教えてもらい、いざ録音スタート。

とりあえず、ミスしても止まらず強引に弾きとおしました。
本番でもこれくらい弾ければ満足なんだけどなぁ〜。
家に帰ってから聴いてみると、「にっぽ〜んぶんかこっか」の「か」のところを短く切りすぎているのが気になりました。もうちょっと余韻を残すように弾くように直さなくちゃ。


2006/11/11

「春のワルツ」  日記

実はこっそり見ています。
冬ソナのときと違って、まわりでこのドラマを見ているという話を聞かないのですが・・・。
ピアニストの青年が主人公なので、ピアノのシーンが出てくるのが楽しみ。
ドラマの挿入曲が、冬ソナのときと同じような雰囲気の優しくて泣かせるツボをおさえたピアノ曲が多く「楽譜出たら欲しいな〜。」とねらっているのですが、まだ見かけません。

昨日テレビで冬ソナや春ワルの音楽を担当しているピアニスト、イ・ジスさんの演奏を初めて見たのですが、若くて驚きました。(まだ25歳だったかな。大学在学中から映画音楽などを手がけていたそうです。)
ドラマの中で主人公たちの思い出の曲としてたびたび登場する「愛しのクレメンタイン」のピアノソロバージョンを弾いてました。くぅぅ〜、わたしも弾きたい〜〜〜!






2006/11/10

ジン・ジン・ジンギスカーン♪  食べ物

珍しく羊肉が手に入ったので、ジンギスカンにしました。
学生時代の北海道旅行以来かも。
ジン、ジン、ジンギスカ〜ン♪と、いつかどこかで聴いた歌(あの曲は何なんでしょうか?「うっ!はっ!」というかけ声みたいなコーラスも混じっていた覚えが。)を口ずさみながらホットプレートで焼きました。(正式にはジンギスカン用のお鍋があるんですよね?)
たれは、焼肉用の醤油ベースのもので代用。
野菜はキャベツ、もやし、にんじん。
最後はうどんを焼きました。
甘味があっておいしかった〜。
ごちそうさまでした。

2006/11/9

プログラム出ました  ピアノ

発表会まであと10日です。昨日のピアノレッスンではプログラムをもらいました。

第1部は幼稚園児と小学校低学年の小さい子どもたち20人と、大人が4人、ゲストの方のヴァイオリン演奏。
休憩をはさんで第2部は小学校高学年の子どもたち13人と大人3人、それから先生の演奏と、子どもたちの連弾という構成になっていました。

大人同士の発表会(オフ会)は、この2年間に何度か参加させてもらいましたが、小さい子たちと一緒の発表会は自分が子どもだったころ以来です。
プログラムに「ぶんぶんぶん」や「チューリップ」が並んでいるんですよ〜。かわいいだろうな〜。

わたしは2部の大人の2番目でした。はぁぁ〜緊張してきましたー。

さて。スケ2は、まだまだグチャグチャになってしまう難所がいくつかありますが、「だいぶ演奏にメリハリがつきましたね。」ということでした。
いろいろ細かくポイントを教えてもらい、あっという間にレッスン時間が終了。
来週もう一回レッスンしてもらったら、本番です。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ