2006/10/4

ダメ出し  ピアノ

昨日はレッスンでした。
もしかすると、これまで2年間レッスン受けてきた中で最も「ダメ出し」が多いレッスンだったかも。

スケ2、「大きい音が汚いです。上から叩きつけてバチャーン!っていう音になっていますよ。大きい音のところは全部そうなっていますので、直してください。」・・・ぜぜぜ全部・・・;;
上から力任せに叩くのではなく、鍵盤に指を置いた状態から指の瞬発力を使って(手は脱力)音を飛ばすようなイメージで、深く広がりのある音を・・・ということで、確かに先生がお手本を見せてくれると「おおお、いい音だ〜!」と思うのだけど、自分でそういう音が出せるかというと、これが何度弾いても難しく。。。
スケ2は弾くだけでいっぱいいっぱいで、とても音色のことまで意識してなかったのを痛感しました。
そのほかにも、左手と右手の音色を変えるところや、「違う楽器で演奏しているイメージで弾く」ところなどなど、いろいろ。

スケ2で時間がかかってしまったので「『愛の夢』は注意するところだけ止めていきますね。こっちはわりと雰囲気出して弾けてましたよね?」といわれて弾き始めたところ・・・数小節弾くごとにストップがかかり。。。
「あらら?前回は弾けてたような気がしたんですが・・・これ月末に弾くんですか・・・あと何回レッスン来れますか?」と先生の顔色が青くなっており。。。わたしも青くなりました;





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ