2006/9/7

理想と現実  ピアノ

練習中のスケルツォ2番と愛の夢、初めて録音してみました。
とりあえず現時点でどんな感じで弾いているのか客観的に聴いてみたかったので。

まずスケ2。
イントロの和音、弾きながら「あ!ちょっと濁った;」って思ったところは録音で聴くと「ちょっと」どころではないんですね;グジャッと明らかに不協和音になっていてすごく目立つので驚きました。
そして2ページ目から、左手が流れるようなアルペジオになるところ。
・・・流れてない。。。止まってる。。。音は間違いなく弾いているのにナゼ?スピードが遅いわけでもないのにナゼ?
アルペジオをここまで停滞して弾けるというのも不思議!というくらい妙な弾き方になっていました。
しかも、左手音量大きすぎ。。。(よく先生にも注意されてました;まさかここまでとは。)
う〜ん、これはだいぶ矯正しなくては。
中間部は思ったよりはマシでしたが、クルクル速いところのミスタッチを減らすようにしなくちゃ。
後半はもう必死!!なのが我ながら気の毒になるほど伝わってくる演奏で。。。しかも間違えまくり。。。
う〜ん、あと2ヵ月半で、これを人前で弾くとは。。。
気合を入れなおして練習しよう。

さて、では「愛の夢」。
最近こればっかり弾いていて「『スケ2』より『愛の夢』のほうが先に仕上がるかも?」とか思っていたのですが。。。
・・・なんぢゃこりゃぁぁぁ!!!遅い〜〜〜。しかも重い。。。たどたどしい。。。「愛の悪夢」!
自分で弾いてるときに頭の中で聴こえていた音楽と、まるっきり別物。
スケ2以上にギャップが。。。
どうも弾いてるときには耳から入った音を頭の中で勝手に美化しているようです。
現実を知りショックでしたが、まぁ、気づいてよかった。。。
こちらも一から練習しなおしです。









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ