2006/8/2

バリー伯爵夫人と「愛の夢」  ピアノ

昨日のミシェル・ダルベルト先生のスーパーレッスン、ご覧になりましたか?
今回のレッスン会場も素敵ですねぇ。。。
ルイ15世の寵愛を受けたバリー伯爵夫人の音楽堂。
こんなところでピアノを弾いたら、いつもとは違う音がするんじゃないかな?…マリー・アントワネットが歩いてきそう…と思って、「はっ!もしやっ!」と「ベルサイユのばら」を引っ張り出してみたところ…デュ・バリー伯夫人、いました!

もとは下層階級の娼婦だったけれど、宮廷に出入りするようになり、ついにはルイ15世の妾になって権力をもち贅沢三昧だったバリー夫人に対し、王太子妃として嫁いできたばかりのマリー・アントワネットが「そんな卑しい女には声をかけるまい」と無視して敵対するというエピソード。(マンガ文庫の1巻にのってます。)

バリー夫人については、こちらにも。↓肖像画も。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%A4%AB%E4%BA%BA

さて。1回目のレッスンは「愛の夢 第3番」。昔から憧れの曲なんだけれど、なんだか憧れすぎて手を出せなかった曲。
ときどき楽譜を取り出し、ちらっと弾いてみては、右手と左手どっちで音をとったらいいのかわからなかったり、あの小さい音符が一杯出てくるところ(←わかります?)で挫折したりして、結局「また今度じっくりとね…;」と先延ばしにしていました。

スーパーレッスンではもちろん「小さい音符が一杯あるところを弾けるようになるコツ」なんてことは教えてくれません。。。曲が弾けるのは当たり前で、さらにどう表現するかというレッスンなので;;でも、すぐに役立つかどうかは別としても、見ていると「うきゅ〜〜〜、いい曲ー!わたしも弾きたい!」とムズムズしますね。

録画を見たあと、久しぶりに「愛の夢」にチャレンジ。
ゆっくり、つっかえつっかえながら、なんとか最後まで。
有名な曲だけに、はたで聴いていたらさぞイライラしそうな状態ですが「おおっ!これこれ、この響き〜!」と感激しつつ弾きました。
スケ2が終わったら、次は「愛の夢」レッスンしてもらおうかな。











teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ