2006/6/27

12ガーデンズ・ライブ  CD

ビリー・ジョエルのライブ盤2枚組。
大盛り上がりのライブの興奮がそのまま伝わってきます。

ビリー・ジョエルは中学のころから好きで、ずっとCD(中学時代はカセットテープ^^;)を聴いていたのですが、今年4月にBSで放送されていた「黄金の洋楽ライブ」の特集(そのときは70年代のライブ映像だったかな?)で、初めてライブを見て、おなじみの「ニューヨークの想い」や「素顔のままで」が定番バージョンとは一味違ったアドリブたっぷりのかっこいいアレンジになっているのを聴いて、あらためて惚れ直しました。

今回の2枚組も、も〜〜〜、すごいです!!
「あぁ、この曲目ならもうCD持ってるし。」と思っていても全然別物というか、二重に楽しめます。
思い入れのある曲ほどもともとのアレンジのイメージが強いものですが、ビリー・ジョエルは期待を裏切らない想像以上の素晴らしいアレンジで聴かせてくれます。

さすがに若いころのようには声が出なくて苦しそうなところもあるのですが、お客さんたちの大合唱でカバー。ファンの愛をひしひしと感じるライブです。
も〜、きっと客席、涙涙だったんだろうなぁ。

ビリー・ジョエル「12ガーデンズ・ライブ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000F9UE3O/ref=pd_rhf_p_2/250-4702713-4121808






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ