2006/2/25

谷中・根津散歩 その3  日記

弥生美術館→やなか珈琲店→根津のたいやき→いせ辰とまわってきて、目的地終点は谷中銀座。
古い建物の残る谷中銀座の商店街は、これまた美味しそうなものだらけで、買い食い天国みたいなところでした。

美味しそうなお惣菜、揚げ物屋さん、豆腐屋さん、佃煮屋さん、和菓子屋さんなどなど…。
今回はすでにおなかもいっぱい、荷物もいっぱいで両手がふさがっていたので、夕食用のお土産にメンチカツを買ったのみでしたが、次回はこちらをスタート地点にして、いろいろ食べてみたいです。

谷中銀座を通りぬけると石の階段「夕焼けだんだん」。
この夕焼けだんだんには猫がたくさんいる、という話は聞いていましたが、ほんとにすごいです!!
10数段くらいの階段なのですが、その階段のまわりに20匹くらい猫・猫・猫!シマシマ、黒、茶色のやグレーのや…。
猫もこれだけたくさんいると圧巻ですね〜。
猫好きな人はぜひ。

さて。今回、谷中・根津に行ってみての教訓。
1、「買い食いは身軽な状態で。」
荷物がいっぱいだと、いけません。リュックか、ショルダーバッグで、両手が使える状態にしておきましょう。
2、「ちりもつもれば山となる。」
ぽち袋などの和小物は200円くらいから、おまんじゅうは10円、たいやきは140円、メンチカツは120円…という具合に、ひとつひとつは安いので、ついついあれもこれも買ってしまい、はっと気がついたときには財布の中がからっぽになっています。
下町情緒あふれる町並みも、ついつい財布のひもがゆるくなる効果を生んでいる気が…おそるべし下町マジック。

谷中銀座商店街ホームページhttp://www.yanakaginza.com/



2006/2/25

谷中・根津散歩 その2  日記

たい焼きを食べつつ根津神社手前の交差点をわたり、路地を入って地図に「へび道」と書いてあるくねくね道を通ることに。
へ〜、ほんとに蛇のようにくねくね曲がった細い道でおもしろい!
車一台ぎりぎりかな?という幅の道の両側は住宅地で、車の止まっているお家もありましたが、ここに止めるのは至難の業では??

へび道を抜けて右に曲がると、今回のお散歩の目的のひとつ、千代紙と和小物の老舗「いせ辰」があります。
お客さんが数人入ったら満員という小さな店内には、色とりどりの千代紙で作ったレターセットやぽち袋、かわいい模様の風呂敷や手ぬぐいなどがぎっしり!!
どれもこれもかわいくて、どれにしようか迷います。
銀座の鳩居堂でも思うのですが、こういうお店にいるお客さんはぼわ〜〜〜っと独特の熱気に包まれていますね。

いせ辰を出たあとはよみせ通りを通って、谷中銀座へ向かいます。
よみせ通りを歩いていると、「10円まんじゅう」というお店を発見。
「じゅ、10円?!ほんとに?」
販売は10個、20個単位ですが、それでも安い!
お土産に20個入りを買いました。
家に帰って食べてみたところ、黒糖味の皮の中にこしあんが入っていて、観光地の温泉饅頭的な味でした。お茶によく合います。

さらに進むと、アップルパイのお店「マミーズ」が。
店内はガラスのショーケースに、名物のアップルパイが大と中の二種類、それにチョコレートケーキとチーズケーキとキッシュ。
種類は少ないのですが、どれもすっごく美味しそう。
今回は初めてということで、まずは名物のアップルパイを。
すっごーーーーーーーーーーくおいしい!!!!
大きめに切った煮リンゴと、カスタードクリームが入った、究極にシンプルで正しい手作りアップルパイという感じ。
次回はほかのケーキも食べてみたいなぁ。

…散歩レポはまだ続きます!

谷中の10円まんじゅう「福丸饅頭」紹介のページhttp://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/301661.html

アップルパイ屋「マミーズ」のホームページhttp://homepage3.nifty.com/applepie/













teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ