2006/2/24

谷中・根津散歩 その1  日記

昨日は初めて、ず〜っと行きたかった弥生美術館・竹久夢二美術館と、谷中周辺を友達のくろうさと一緒に散歩してきました。

根津駅で待ち合わせて、美術館へ。
弥生美術館って、東大のすぐ隣なんですね。
東大の中も見学してみたかったけれど、時間がなかったのでパス。
美術館は、そこだけ独特のゆったりした時間が流れているようなステキな空間でした。
小さいながらも、夢二や高畠華宵のポストカード、関連書籍などがぎゅぎゅっと詰まった売店も見飽きません。
4月からの「松本かつぢ展」にも来たいな。

おなかがすいたので、美術館横の「夢二カフェ」でお昼ごはん。
ランチセットのオムライスは優しい味でおいしかった。

美術館から根津駅へ向かう途中の「やなか珈琲店」では焙煎前の珈琲豆を初めて見ました。大豆みたいな、ピーナッツみたいな色のコーヒー豆。
試しに「根津ブレンド」を買うことに。「これから焙煎しますので、少々お待ちください。」ということで、待ち時間の間にはコーヒーをサービスしてくれました。うれしい。

根津駅から千駄木方面へ歩いていくと、くろうさが「ねぇ、気づいた?さっきからすれ違う女の人、みんなたい焼き食べながら歩いてるよ?もう3人目だよ。」と。
根津神社の手前になにやら有名なたい焼き屋さんがある様子…ありました!
これは素通りできませんよ。
たい焼き一個、140円。さっそく歩きながらパクリ。
あっ!皮がうすい!よくあるたい焼きはホットケーキミックス風の、ふわっとした厚みのある皮ですが、ここ(「柳屋」さんが「根津のたいやき」という店名になったらしいです。)の皮は、パリッとサクッとしています。そして、中からはアツアツのあんこが。
はふはふ。ちょっと寒い晴れた日の買い食いに最適!

…谷中・根津散歩レポは次回に続きます。

「弥生美術館・竹久夢二美術館」ホームページhttp://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

「やなか珈琲店」ホームページhttp://www.yanaka-coffeeten.com/







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ