2006/2/25

谷中・根津散歩 その3  日記

弥生美術館→やなか珈琲店→根津のたいやき→いせ辰とまわってきて、目的地終点は谷中銀座。
古い建物の残る谷中銀座の商店街は、これまた美味しそうなものだらけで、買い食い天国みたいなところでした。

美味しそうなお惣菜、揚げ物屋さん、豆腐屋さん、佃煮屋さん、和菓子屋さんなどなど…。
今回はすでにおなかもいっぱい、荷物もいっぱいで両手がふさがっていたので、夕食用のお土産にメンチカツを買ったのみでしたが、次回はこちらをスタート地点にして、いろいろ食べてみたいです。

谷中銀座を通りぬけると石の階段「夕焼けだんだん」。
この夕焼けだんだんには猫がたくさんいる、という話は聞いていましたが、ほんとにすごいです!!
10数段くらいの階段なのですが、その階段のまわりに20匹くらい猫・猫・猫!シマシマ、黒、茶色のやグレーのや…。
猫もこれだけたくさんいると圧巻ですね〜。
猫好きな人はぜひ。

さて。今回、谷中・根津に行ってみての教訓。
1、「買い食いは身軽な状態で。」
荷物がいっぱいだと、いけません。リュックか、ショルダーバッグで、両手が使える状態にしておきましょう。
2、「ちりもつもれば山となる。」
ぽち袋などの和小物は200円くらいから、おまんじゅうは10円、たいやきは140円、メンチカツは120円…という具合に、ひとつひとつは安いので、ついついあれもこれも買ってしまい、はっと気がついたときには財布の中がからっぽになっています。
下町情緒あふれる町並みも、ついつい財布のひもがゆるくなる効果を生んでいる気が…おそるべし下町マジック。

谷中銀座商店街ホームページhttp://www.yanakaginza.com/



2006/2/25

谷中・根津散歩 その2  日記

たい焼きを食べつつ根津神社手前の交差点をわたり、路地を入って地図に「へび道」と書いてあるくねくね道を通ることに。
へ〜、ほんとに蛇のようにくねくね曲がった細い道でおもしろい!
車一台ぎりぎりかな?という幅の道の両側は住宅地で、車の止まっているお家もありましたが、ここに止めるのは至難の業では??

へび道を抜けて右に曲がると、今回のお散歩の目的のひとつ、千代紙と和小物の老舗「いせ辰」があります。
お客さんが数人入ったら満員という小さな店内には、色とりどりの千代紙で作ったレターセットやぽち袋、かわいい模様の風呂敷や手ぬぐいなどがぎっしり!!
どれもこれもかわいくて、どれにしようか迷います。
銀座の鳩居堂でも思うのですが、こういうお店にいるお客さんはぼわ〜〜〜っと独特の熱気に包まれていますね。

いせ辰を出たあとはよみせ通りを通って、谷中銀座へ向かいます。
よみせ通りを歩いていると、「10円まんじゅう」というお店を発見。
「じゅ、10円?!ほんとに?」
販売は10個、20個単位ですが、それでも安い!
お土産に20個入りを買いました。
家に帰って食べてみたところ、黒糖味の皮の中にこしあんが入っていて、観光地の温泉饅頭的な味でした。お茶によく合います。

さらに進むと、アップルパイのお店「マミーズ」が。
店内はガラスのショーケースに、名物のアップルパイが大と中の二種類、それにチョコレートケーキとチーズケーキとキッシュ。
種類は少ないのですが、どれもすっごく美味しそう。
今回は初めてということで、まずは名物のアップルパイを。
すっごーーーーーーーーーーくおいしい!!!!
大きめに切った煮リンゴと、カスタードクリームが入った、究極にシンプルで正しい手作りアップルパイという感じ。
次回はほかのケーキも食べてみたいなぁ。

…散歩レポはまだ続きます!

谷中の10円まんじゅう「福丸饅頭」紹介のページhttp://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/301661.html

アップルパイ屋「マミーズ」のホームページhttp://homepage3.nifty.com/applepie/











2006/2/24

谷中・根津散歩 その1  日記

昨日は初めて、ず〜っと行きたかった弥生美術館・竹久夢二美術館と、谷中周辺を友達のくろうさと一緒に散歩してきました。

根津駅で待ち合わせて、美術館へ。
弥生美術館って、東大のすぐ隣なんですね。
東大の中も見学してみたかったけれど、時間がなかったのでパス。
美術館は、そこだけ独特のゆったりした時間が流れているようなステキな空間でした。
小さいながらも、夢二や高畠華宵のポストカード、関連書籍などがぎゅぎゅっと詰まった売店も見飽きません。
4月からの「松本かつぢ展」にも来たいな。

おなかがすいたので、美術館横の「夢二カフェ」でお昼ごはん。
ランチセットのオムライスは優しい味でおいしかった。

美術館から根津駅へ向かう途中の「やなか珈琲店」では焙煎前の珈琲豆を初めて見ました。大豆みたいな、ピーナッツみたいな色のコーヒー豆。
試しに「根津ブレンド」を買うことに。「これから焙煎しますので、少々お待ちください。」ということで、待ち時間の間にはコーヒーをサービスしてくれました。うれしい。

根津駅から千駄木方面へ歩いていくと、くろうさが「ねぇ、気づいた?さっきからすれ違う女の人、みんなたい焼き食べながら歩いてるよ?もう3人目だよ。」と。
根津神社の手前になにやら有名なたい焼き屋さんがある様子…ありました!
これは素通りできませんよ。
たい焼き一個、140円。さっそく歩きながらパクリ。
あっ!皮がうすい!よくあるたい焼きはホットケーキミックス風の、ふわっとした厚みのある皮ですが、ここ(「柳屋」さんが「根津のたいやき」という店名になったらしいです。)の皮は、パリッとサクッとしています。そして、中からはアツアツのあんこが。
はふはふ。ちょっと寒い晴れた日の買い食いに最適!

…谷中・根津散歩レポは次回に続きます。

「弥生美術館・竹久夢二美術館」ホームページhttp://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

「やなか珈琲店」ホームページhttp://www.yanaka-coffeeten.com/





2006/2/22

上原ひろみさんテレビ情報  ピアノ

今晩11時からBS2でジャズピアニスト上原ひろみさんのライブの放送がありますよ!

上原ひろみ LIVE

「XYZ」
「スパイラル」
「古城、川のほとり、深い森の中」
「リヴァース」
「エッジ」
「イフ…」
「ラヴ・アンド・ラフター」
「リターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオン」

  〜東京・品川アクアスタジアム ステラボールで録画〜


2006/2/16

トンガリ村ご一行様  ピアノ

14日はピアノレッスンでした。

♪ハノン23番
左手5・4・3・4でドレミレドレミレと弾くとき、ぐちゃっと固まった感じになってしまいます。
指を1本1本独立して動かせるように意識して練習すること。次回も。

♪ハノン音階 変ト長調、変ホ短調
合格。これで一通り音階(39番)が終わりました。
♭の長調の法則(?)について教えてもらい、次回は♭2つまでの調の音階をすぐに弾けるようにするのが宿題。

♪グリーグ「トロルハウゲン婚礼の日」
ブン、チャッチャチャン、ブッブッブン、チャッチャッチャン…という小人の行進のようなテーマを1回目はp、2回目はppで繰り返すとき、ぐっと音を落として雰囲気を変えるように。
「宴の広場にいろんな村の人たちが集まってきます。2回目は、1回目とは別の『○○村ご一行様』が向こうからやってくるような感じで。」という先生の説明に大笑い!!
頭の中には緑色やら赤色やら、村ごとに違う衣装や帽子をつけた小人たちがわらわらと集まってくる様子が…。

中間部、左右の手を交差させて左手で高音をポワ〜ンと弾く部分では「そこは水琴窟のような音をイメージして。水の落ちた音が響くような感じで。」とのこと。
「水琴窟」って初めて聞いたので、帰ってから調べてみました↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%90%B4%E7%AA%9F

♪ブラームス「間奏曲Op.118−2」
こちらはしっとりロマンチックな曲なのに…頭の中では小人の宴が続いており…妙にぎこちなくカクカクした演奏になってしまいました。

今回も合格できなかったのですが、とりあえず次回を仕上げにして、その次からスケルツオの予定です。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ