2005/8/25

またしても台風直前レッスン  ピアノ

前回と同じく台風上陸直前レッスンでした。嵐を呼ぶ女。

♪ハノン15番
ぐぐぐ…これニガテです。上りから下りに切り替わるところで、いつも間違えるし…弾いてる途中で音がスポっと抜けてしまったりするし…というわけで不合格。次回も。

♪ハノン音階 嬰ヘ短調
ううう…これもニガテです。♯の位置を間違えたまま自信満々に弾き始めてしまいました。。。左手の手首がひょこひょこ上下してしまうので、平行に移動していくよう注意。次回も。

♪ハノン55番 三重トリル
なんとか合格。次回は「4重トリルの特別な指づかい」。これ、少し先生と一緒にやってみたのですが、やりにくい〜〜〜!

♪バラード1番
まず通して弾いて聴いてもらったところ「…今日は後半のほうがいい感じで、前半が間延びしてるような感じでしたね。」ということで、前半を中心に注意ポイントを。

まず、イントロのド〜ミラシドラミシドラミシドソシラソ〜ファと上がって行くところ。音がひとつずつバラバラに聞こえてしまうので、それぞれがつながって山に向かっていくように弾くこと。

2ページ目の途中の「a tempo」から。前半は細く透明な音色で。くりかえしの「agitato」からは太く深い音で。

3ページ目、速くなるところ。左手もアクセントをつけて表情をつけて弾くこと。

6ページ目、和音で盛り上がるところ。ここも左手が一本調子にならないように、右手と一緒に盛り上がるように。左手の和音が軽くなりすぎないように。

…などなど。

♪バッハ フランス組曲第5番アルマンド
いきなりですが、最近家で勝手に弾いていたので、譜読みができているかどうかサラっとみてもらいました。
一応、音はあっていたみたいです。(←確認してもらわないと、自分では譜読みができたつもりでも実は全然違う音を平気で弾いていたりするので…;)

「音をのばしたままで弾くべきところで切れてしまっているところや、メロディを浮き立たせて弾いたほうがいいところがいくつかありましたね。
右手と左手別々に指番号どおりに確認しつつ練習していくと、バッハらしくなっていくと思いますよ。」ということでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ