2005/8/17

「ロスト・イン・トランスレーション」その2  映画

一昨日の夜中、DVDを見て「…この不快感はいったい…??」と一人でモヤモヤしており、みなさんこの映画を観てどんな感想を持つんだろう…と「ロスト〜」で検索したら、いろいろブログが引っかかりました。
ブログでは「雰囲気がよい」「二人の孤独さ、切なさに共感」「ラストがすばらしい」「今の東京がリアルに描かれている」というような好意的な感想が多かったです。

そこで、アマゾンのDVDのカスタマーレビューを見てみると…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/customer-reviews/-/dvd/B0000YTR5K/ref=cm_rev_sort/249-4356577-4185155?show=-submittime&Go.x=8&Go.y=8
ありましたよ〜!同じように「なんじゃこりゃー?」と感じた人たちの感想もたくさん載っていました。

そうそう日本人の描写がステレオタイプで変、というのより、主人公(特にボブ)の態度がいやだったのです。
一昨日の映画のあらすじのところに「軽く倦怠期」と書きましたが、ボブの奥さんのほうは、ボブに対して必死にコミュニケーションをとろうとしてるんですよ。電話やファックスで家のリフォームのことやら子ども(結婚25年目のわりには小さい子どもがいる様子。)の話なんかを、マメに報告してるのです(ま、アメリカと日本の時差を考えず、しょっちゅうかけてくるのがちょっとメイワクかもしれないけど。)。それをボブは非常にうざったがって、生返事。
「自分ははるばる日本まで仕事に来て、異文化コミュニケーションができなくて孤独感(←でも、たったの一週間ですよ?)を味わってるんだから、その気持ちを察してくれよ。」と思っているらしいのだけど、そういうことも奥さんには言わず、ただつまらなそうにしてる。
それに、日本に来て英語が通じないことを嘆いてばかりで、自分からは全然コミュニケーションをとろうとか楽しもうという気持ちがなくて、ただ受身でふてくされてるんですよ〜。なんてこった。

シャーロットも「ダンナさんにかまってもらえなくて寂しい」と思ってるようなんだけど、別に無視されてるとか浮気されてるとかじゃなくて、ただほんとにダンナさんは仕事で忙しいだけで、一緒にいられる時間は、かなりシャーロットに気をつかっていて優しいのですよ?
さらに、シャーロットは仕事をしていなくて「自分にできることはあるのかしら。」って自己啓発のCDを聞いたりしてるんですが…わざわざ旅行先のパークハイアットで、そんなことするなぁぁぁっっっ!!!

でもって、そんな二人が恋愛とも共感とも友情ともつかぬような感じになるんだけど…う〜む…ラブストーリーなら、もっとドキドキしたりキュンとしたり、というのがあってもよいのに、そういう感じもなく。不倫もののハラハラ感もなく。非常に物足りないのでした。

はぁぁ。モヤモヤを文章にしたらスッキリしました。
自分にとってはピンとこなかった映画でも、いろんな人の感想を読むのっておもしろいものですね。
今回の「ロスト〜」で発見しました。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ