2005/8/16

「フリーダ」  映画

マユ毛がつながっている女性の自画像。
極彩色の痛々しくグロテスクな絵の数々。
メキシコの画家フリーダ・カーロを紹介するテレビを見て以来、ずっと印象に残っていました。

ケーブルテレビで、そのフリーダの伝記映画が放送されていたので観ました。
そっくり!!!フリーダ役の女優さんも、その映画の中の風景の色彩も、フリーダの絵そのまま!!
力強く激しいフリーダの一生に圧倒されました。

…それにしても、あのマユ毛はどうして??
当時のメキシコってああいうマユが流行っていたのでしょうか??

映画「フリーダ」公式ページhttp://www.frida.jp/

フリーダを紹介していたテレビ番組
「美の巨人たち」http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/f_021228.htm





2005/8/16

「図書室の海」  

本屋でいつも平積みになっている「夜のピクニック」を読んでみたいな〜と思いつつ、ハードカバーを買うのはためらわれ、その予告編ともいえる「ピクニックの準備」を含む短編集の文庫「図書室の海」をまず読むことにしました。わたしにとってはこれが初めて読む恩田陸さんの本です。

10の短編、それぞれミステリー風、ハードボイルド・アーミー小説風(?)、青春小説風、伝説風、ホラー風、などなど違った雰囲気で楽しめました。

わたしが特に気に入ったのは「春よ、こい」と、「睡蓮」。
「睡蓮」の主人公、理瀬は「麦の上に沈む果実」という話にも登場するらしいので、そちらも読みたくなりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ