2005/8/11

「のだめカンタービレSelection CD Book」  CD

買っちゃいました〜!のだめの中で出てきた曲がいろいろ入ってます。

ベトベンの「悲愴」(マンガで最初にのだめが弾いてたの、第1楽章を想像していたのですが、このCDに入ってるのは第2楽章でした。あとでマンガ確認してみようっと。)や、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の第1楽章(残念ながら途中まで。でもでも!ピアノが舘野泉さん!)ドビュッシーの「喜びの島」など、すでにCDを持っている曲も多かったのですが、モーツァルトの「オーボエ協奏曲」や、R・シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」など、これまで聴いたことがなく、マンガを読みながら「どんな曲だろう?」と気になっていた曲も入っていたので買うことにしました。(欲を言えば、エルガーのヴァイオリン・ソナタも収録してほしかった!)

なんといっても、海老原大作先生の「ロンド・トッカータ」が入ってるのが決め手になりました(笑)。
ひゃぁ〜、難しそうな曲!これを初見で弾いたフランクってすごい。

ちなみに今回のCDブック初版限定ふろく、誰が当たるかお楽しみのキャラクターしおりは、千秋先輩でした♪

来月発売の「千秋真一指揮R☆SオーケストラCD」も買ってしまいそう…。


2005/8/11

発表会?!  ピアノ

ほんとは昨日がレッスンだったのですが、わたしの勘違いですっぽかしてしまい、今日に変更してもらいました…申し訳ないので、いつもに増して気合を入れてレッスンに臨まなければ!と思ったのですが…。

♪ハノン15番
下りの指番号を間違ったまま練習し続けていたことが判明。弾きにくかったわけだ。。。当然不合格で、次回も。

♪ハノン音階 嬰へ短調
これもたどたどしく…不合格。次回も。

♪ハノン55番 三重トリル
はぅぅ…これも不合格でした…;見た目すっごい簡単そうなのに、いざ弾いてみると指がもつれて、どこ弾いてるんだかわからなくなる始末。

ががーん!ハノンが一個も合格できなかったなんて〜〜〜!
バラードで挽回なるか??

♪バラード1番
全体通して弾き終わると、先生が開口一番「…よく練習してきたところと、いいかげんなところがハッキリ分かれた演奏ですね。」と…。
ひゃ〜〜〜、お見通しです!!
実はこの2週間、コーダばかり練習していたら手が痛くなってしまったので、ほかの部分の練習がおざなりになっていたのでした。

今日いただいたアドバイス。
イントロ部分の、ダリラリラリン〜(チャッチャ、チャッチャ)の和音のところ。
スタッカートが付いているけれど、音を短く切りすぎず、音をそっと置くように弾くこと。
小さい音でも鍵盤は奥まで押さえるように。そっと押さえて音が出るギリギリの感覚を覚える。

全音の楽譜だと3ページ目から4ページ目にかけての、左手で低音のオクターブを響かせつつ、右手は広い音域でアルペジオを上がったり下がったりするところ。
右手は鍵盤の上を這うように移動。高音の山の頂点に向かっていくように弾く。高音部をもっとキラキラッ☆とした音色で。

途中のワルツみたいになるところの前後のつなぎ部分。ここが問題の「いいかげん」な部分なのです!
あやふやなままミスタッチだらけでも止まらず、すっ飛ばして弾いていたら「…マイナーな曲ならともかく、有名なバラ1でそれはまずいです;ごまかさずにちゃんと弾いてください。」と言われました;
この部分に限らず、場面の変わり目のつなぎのところを、自然につながっていくように注意。

コーダは練習のかいあって、少しスピードを落とせばだいぶはずさず弾けるようになりました。理想のスピードで弾こうとすると外しまくり濁りまくりなので、「ゴチャゴチャで定着してしまうといけないので、確実に弾ける速さで練習して徐々にスピードアップしていくように。ときどきは速い練習も加えて。」ということでした。

ところで、先生が教室の初発表会を計画してくださっているそうです!
順調に会場が決まれば、12月ごろになるかもしれないとのこと。
ぜひそのときにはバラード1番を弾かせてもらえるよう、がんばります!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ