2005/7/14

「電車男」  日記

わたし「ね〜、電車男の人、昔チビノリダーやってた人だよ!気づいてた?」
夫「えっ?伊東美咲が?!」

わたし「伊東美咲って人間ばなれしてるほどキレイだよねぇ。マネキンとかアンドロメダみだいだねぇ。」
夫「…それを言うならアンドロイドでは?」



2005/7/14

脳を鍛える・その2  日記

昨日の続きです。クロワッサンに「脳の働き具合チェック」のテストがついていたのでやってみました。

まずは「カウンティングテスト」。
1から120までの数字を声に出して、できるだけ早く数えて時間を計る、というもの。
「この検査は前頭前野の総合的な働きを調べるもので、数学の力とも相関関係がある。ちなみに45秒で中学生レベル、35秒で高校生レベル、25秒を切ると理系大学生レベル。」と書いてあったのですが…
…55秒でした…;;小学生レベルってこと??
というか、これって早口な人が有利なのでは??
理系の大学生よりアナウンサー養成学校の生徒のほうが得意なような気が…理系の人って早口なんでしょうか…??
まぁ、でも実際わたしの数学能力は小学生レベルなので、このテストの結果は当たっています;

次に「単語記憶テスト」。
ひらがな3文字の単語(「あした」「けんか」「いちご」「つきよ」など。)が30個書いてある表を2分間で覚え、2分間でいくつ書き出せるか、というテスト。
「これは楽勝でしょう!」と思っていたら、いざやってみたら14個しか書き出せなくてびっくり。意外に難しかった。
ちなみにこれは「左脳の短期記憶を扱う前頭前野の機能を見るテスト」で「小学生レベルでは8・3語、成人レベルでは12・2語が平均」なんだそうです。

おもしろかったのが、30個の単語のうち、食べ物に関する言葉「いちご」「すいか」「おかし」「うなぎ」「まぐろ」「しじみ」は一つも忘れることなく書き出していたこと。無意識のうちに、食べ物関係の言葉だけは優先的に記憶していたらしい…;

ほかにも「1けたの計算」のスピードを計るテストとか、やってみると意外におもしろいテストがのっていましたので、興味のある方は発売中の「クロワッサン」を見てみてくださいね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ