2005/7/9

「静止した夢のパヴァーヌ」  CD

邦人ピアニストコーナーを見ていたら、「静止した夢のパヴァーヌ」というかっこいいアルバムタイトルが目にとまり「ひゃぁ〜〜〜。『限りなく透明に近いブルー』みたいなタイトルだね?」などと思いつつ取り出してみると、ややや!
「…どうしてわたしの好みを知ってるの?!」と聞きたくなるような選曲。
くわしくはコチラ↓
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A014209/VICC-60422.html

プーランクの即興曲の中からはわたしの特に好きな7,13、15番が入ってるし、シベリウスの「樅の木」も入ってるし…ということは残りの聴いたことがない曲も、好きな系統の曲にちがいないわ!と思い、松本和将さん、というピアニストの名前も初めて聞いたのですが買ってみました。

アルバムタイトルになっている「静止した夢のパヴァーヌ」は、吉松隆さんの「プレイアデス舞曲集」の中の一曲で、初めて聴いたのですが、まさに「静止した夢のパヴァーヌ」という雰囲気の曲でした!
実は、昔「限りなく透明に近いブルー」がベストセラーになったころ、そのステキなタイトルにつられて本を読んでみたら、想像していた雰囲気とは全く違う内容で村上龍恐怖症になってしまった苦い思い出が…;
でも、今回のCDはタイトル買いして大正解でした!

暗闇の中にぽつんとピアノが浮かんでいて、音が空気に沁みこんでいくような感じの曲ばかり収められています。

ピアニストの松本さんは1979年生まれ(若い!)で現在ドイツに留学中だそうです。今後の活躍が楽しみです。





2005/7/8

銀座におでかけ  日記

細川てんてんさんの「おでかけブック」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479670645/250-2383277-8574606)を持って、初めて実際におでかけしました♪「初おでかけ」は銀座です。

といっても銀座自体は初めてではなく何度も行っているのですが、考えてみたら昔から行く場所は決まっていて(YAMAHA、山野楽器、鳩居堂、伊東屋など。)そこ以外全然知らないので、一本道を曲がれば「初!」な場所ばかりなのです。

着いたのが10時すぎで、YAMAHAに行ったらまだ開店してなかったので、てんてんさんの本に載っていたカフェ・パウリスタと月光荘(←残念ながらここも開店前でした。)を外から確認し、10時45分の開店時間までぶらぶら裏通りを散策(でもほとんどこの時間開いてなかった;)。

YAMAHAでCDと楽譜を見る。見れば見るほど欲しいものだらけでくらくらしながら、ぐっとこらえて今日は松本和将さんのCD「静止した夢のパヴァーヌ」を購入。

それからいつものように鳩居堂で季節の絵ハガキなどをチェック。
おばさまたちでごった返していたので、あまりじっくり見られず。

お昼になっておなかがすいたので本日のメイン「チョウシ屋さんのコロッケパン」を求めて、いざ東銀座方面へ!!
「その場であげたてのコロッケをはさんでくれる」コッペパンの横で「スゴクオイシイ」と感無量な様子のてんてんさんのイラストを見たときから「おぉ!食べなくては!」と思っていたのです。

しかし!ここに来て問題発生。実は今日「おでかけ♪おでかけ♪」と浮かれて履いてきた編み上げサンダルで歩き回っているうちに靴ずれを起こし、痛くてヒョコヒョコ冷や汗たらたらになってるのでした。
目標のチョウシ屋さんは地図で見るとまだちょっと歩かねばだし…まだそのあと伊東屋も行きたいし、なにより、このままじゃ家にたどり着くのも苦しいよ…
と考えたのち、通りがかりの靴屋さんでワゴンセールしていたペタンコサンダルを買って履き替えました。予想外の出費;でも今日の機会を逃したら、また次いつ銀座におでかけできるかわからないので、時間内にまわれるだけまわらねば!

ようやくちょっと歩きやすくなり、再びコロッケパンを目指します。
東銀座の交差点を曲がって、さらに裏道に入った目立たぬ場所に、そのお店はありました。(ちょっと迷って何度も地図を確認。)
昔ながらの商店街のお肉屋さんのたたずまい。
「コロッケパンひとつください!」「は〜い。コッペパンにしますか?食パンにしますか?」「コッペパンでお願いします。」おお〜、はさんでるはさんでる〜。おいしそ〜!

しかし!ここに来て第二の問題発生!!
「…どこで食べよう…??」
もし友だちとおでかけしたのであれば、買ってすぐお店の前の道路で食べたでしょう。でもでも、今日はあいにく一人なのです。しかも暑い。炎天下の道路で、立ったまま一人コロッケパンにかぶりつく勇気はなく…どこか座って落ち着いて食べられる場所を探しに、再び歩くことに…;

よい案が思いつかず、結局松屋の屋上に行くことに。今時のデパートの屋上はちょっとおしゃれな休憩スペースになっているかも…と期待していたら、ものすごい昔ながらのペットショップ+テーブルとベンチ+人工芝のスペースでした。日陰もなかった…。でも、もうおなかぺこぺこだし足も疲れたので、ベンチに座って、ようやくコロッケパンにありつくことができましたとさ。めでたし、めでたし。
コロッケの衣はサクサク、中はほっこり、パンはふんわり、ソースはしっかり、の懐かしくおいしい正統派コロッケパンでした。
はっ!しまった!てんてんさんオススメの「ポテトフライ1個30円」を買うの忘れた!また今度行ってみよう。
チョウシ屋さん↓
http://www.pict-inc.co.jp/tsuki/tsuki_choushiya.html

さて。おなかも落ち着いて、伊東屋へ。
今日は憧れのシーリングワックスの実物を確かめるのが目的です。
ありました、ありました!一般的なのはイニシャルを型どったもので、模様のは太陽、月、クローバーなどがありましたが、いまいち「これだ!」というのがなかったので、今日は見るだけにしました。ひとつ1500円くらいでした。
レターセットコーナーやカードコーナー、ラッピング用品コーナーなどを眺めていたら、あっという間に1時すぎ。

急いで帰って、子どもたちが学校から帰ってくるまでにギリギリセーフ、でした。満足満足。





2005/7/7

「神のちからっ子新聞」  マンガ

敬愛するさくらももこ先生の本。
表紙に「立ち読みするな!」と書いてあるけれど、本屋で3回立ち読みし、読めば読むほど気になって、ついに購入。

表紙はこちら↓
http://www.1101.com/sakura/shinbun.html

こんな感じで、手書きの文字とイラストで、見た目は小学生の壁新聞のようですが、内容はちょっとシュールでブラックなところもあり、最初ぱっと読んだときはわけがわからないけどハマり出したら抜けられないおもしろさ!

わたしが特に好きなのは「加字山さんの新しい諺入門」のコーナー。
「腐り球根を植える(頭にくるほど余計なことをする意)」
「バナナの皮を並べる(見えすいたワナをしかける事の意)」
「天狗とピノキオ(似て非なるもののたとへ)」
…などなど、思わず膝をうつ「新しいことわざ」が毎回紹介されています。
実際に使ってみたい!






2005/7/6

お菓子争い  日記

朝から息子が「菓子パンがない!オマエら盗っただろ〜?!」と妹たちに向かって騒いでいる。
二日前、おばあちゃんが一人一個ずつくれた菓子パンを、息子だけはすぐに食べずあとのお楽しみにとっておいたら、今朝になったらそれがなくなっていたらしい。
当然、双子のどちらか(もしくは二人が共謀して。)がこっそりと食べてしまったに違いないのだけど、怒り狂う兄に対して「わたしが食べました。」と白状するはずもなく「盗ってないもん。」「食べてないもん。」と知らんぷり。

こういうことは初めてではなく、プリン、アイスクリーム、どら焼きなどでも何度も起こっていて、いつも被害にあうのは息子。彼はなぜかお菓子でもおこづかいでも貯め込むのが好きなので。(妹たちは刹那主義。)

「もらったらすぐ食べちゃったほうがいいよ。わが家のお菓子争いは熾烈だからね。目の前に出されたらすぐ食べなくっちゃ。」と息子に言いきかせていたら、夫が「…それは違うんじゃ…;自分のじゃないってわかっていながら食べたやつが悪いよ。」と、もっともなことを言っていたけれど、3人きょうだいがいるとそういう常識は通用しないのですよ…わたしも昔はお菓子を兄弟に食べられてしまっていた口なので…(ちなみに夫は一人っ子。)早いもん勝ち、弱肉強食のキビシイ世界なのであります。

2005/7/4

「ちゃお」が2冊  マンガ

今月の「ちゃお」の付録は、なんとマンガのキャラクターの掛け時計!
最近100円ショップなどで見かけるようになったとはいえ…子どものマンガ雑誌の付録になっているとは驚きました〜。(ほかにもホワイトボード、マグネット、メモ帳もついてました。←昔だったら、これだけで充分付録になっていたはず。)
こんなについて、マンガ雑誌本体を含めて420円!(わたしが子どものころは350円くらいだったような気がする。)

さらに附属の応募券と380円分の切手を同封して申し込む全員プレゼントも、マンガのキャラクターの絵のついたかばんとタオルとペンダントのセットとか、店で買ったら1500円くらいしそうだな〜というような内容。
郵便で届くというのもワクワク感が増すようで、学校から帰ってくるとまずポストをのぞき「全プレまだ?」と確かめています。

前は双子妹だけが買っていたのに、その豪華な付録や全員プレゼントをうらやましがり、双子姉も同じものが欲しい!と先月から買うようになってしまいました。
せっかくなら「ちゃお」と「りぼん」とか「花とゆめ」とか、違う雑誌を買えばいいのに、と思うのですが…。

「おもしろいからママも読んでごらん?『きらりんレボリューション』と『ぼくのプラチナレディー』がオススメだよ〜。」と5ヶ月分の「ちゃお」をどっさりと貸してくれました。まとめて読むとなかなか読み応えあります。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ