2005/7/14

脳を鍛える・その2  日記

昨日の続きです。クロワッサンに「脳の働き具合チェック」のテストがついていたのでやってみました。

まずは「カウンティングテスト」。
1から120までの数字を声に出して、できるだけ早く数えて時間を計る、というもの。
「この検査は前頭前野の総合的な働きを調べるもので、数学の力とも相関関係がある。ちなみに45秒で中学生レベル、35秒で高校生レベル、25秒を切ると理系大学生レベル。」と書いてあったのですが…
…55秒でした…;;小学生レベルってこと??
というか、これって早口な人が有利なのでは??
理系の大学生よりアナウンサー養成学校の生徒のほうが得意なような気が…理系の人って早口なんでしょうか…??
まぁ、でも実際わたしの数学能力は小学生レベルなので、このテストの結果は当たっています;

次に「単語記憶テスト」。
ひらがな3文字の単語(「あした」「けんか」「いちご」「つきよ」など。)が30個書いてある表を2分間で覚え、2分間でいくつ書き出せるか、というテスト。
「これは楽勝でしょう!」と思っていたら、いざやってみたら14個しか書き出せなくてびっくり。意外に難しかった。
ちなみにこれは「左脳の短期記憶を扱う前頭前野の機能を見るテスト」で「小学生レベルでは8・3語、成人レベルでは12・2語が平均」なんだそうです。

おもしろかったのが、30個の単語のうち、食べ物に関する言葉「いちご」「すいか」「おかし」「うなぎ」「まぐろ」「しじみ」は一つも忘れることなく書き出していたこと。無意識のうちに、食べ物関係の言葉だけは優先的に記憶していたらしい…;

ほかにも「1けたの計算」のスピードを計るテストとか、やってみると意外におもしろいテストがのっていましたので、興味のある方は発売中の「クロワッサン」を見てみてくださいね。

2005/7/13

脳を鍛える  日記

最近、本屋で「脳を鍛える大人のドリル」というような本がよく売れているようで気になっていたところ、雑誌「クロワッサン」で「40歳過ぎても頭脳は鍛えられる」という特集だったので、買ってみました。

「その道のプロはなぜあんなに覚えてられるのか?」という記事の中で、帝国ホテルのドアマンの流石さんという方のお話がのっていて、流石さんは1000人以上のお客様の顔と名前、会社名などを暗記していて、社用車の車種と運転手の顔を見ただけで「おはようございます、○○様。」と挨拶ができてしまうそうです。さすが流石さん!(…ときっと何百回も言われただろうな…。)

わたしは人の名前と顔を覚えるのがものすごくニガテなので、流石さんの話にはほんとに感心しました。
子どもの友だちのお母さんや近所の方から声をかけられ「…;;だれだっけだれだっけ…??」と内心ヒヤヒヤしながら会話を続けていることがよくあるので…。
流石さんはプロとしての意識が高いんだろうな〜。でも近所のお母さんたちもよく覚えていらっしゃる…;;ボ〜っとして記憶がないのはわたしだけらしい…;;

とりあえず、脳にはモーツァルトがよいらしいので、ちょっと意識的にモーツァルトを聴く回数を増やしてみたらちょっとは物覚えがよくなるかしらん?…ショパンのほうが好きなんだけど…;


2005/7/12

エンドレス・サザエ  ピアノ

久々に娘のピアノのレッスン状況報告です。
しばらくまったく練習をさぼっていて、このまま弾かないようになるのかな〜と思っていたら、最近ひとりでも毎日練習するようになりました。

練習中の曲は…「サザエさん」
♪おさかなくわえたドラねこ、お〜っかけぇて…という、あの曲です。
右手は単音でメロディ、左手はブンチャッチャッチャ。
「バイエルで弾ける!こどものアニメソング」曲集の中の、一番簡単そうなのを選んだのですが…かなり苦労しています。
でもなにやら俄然ヤル気になっており、間違ってもつっかえてもエンドレスでサザエを弾いてます。

わたしがバラ1を練習してるのも傍から見たらこんな感じかな…いや、娘はすでにサザエを暗譜している様子だから、先をこされてるかも;

2005/7/11

目からウロコの技  ピアノ

自転車をこぎながら「そういえば去年初めて先生の家を訪ねたのも暑い時期だったな〜。もう一年経ったのかな?」と思い、調べてみたら8月6日でした。
もうすぐ一年だ〜…合格もらえた曲は少ないけど、一人で弾いてたときよりは自分なりに進歩しているような気がするし、なにより楽しいし、ほんとにレッスン再開してよかったな〜としみじみ。
一年前には、まさか一年後に憧れのバラ1をレッスン中だとは想像できなかったし(無謀チャレンジャーだけど;)。

♪ハノン13番、14番
前回ダメだった13番の後半は合格。14番は3、4のトリルを弾くとき3につんのめってしまうクセがあり、次回も。
左手の3、4の指が独立が弱いということで、指の体操(?)を教えてもらいました。普通に目の前に手をかざして、手の指を伸ばした状態から、2、3の指は動かさず、4、5の指だけ曲げていくのです。
これ簡単に思えるのに、いざやってみると中指(3の指。)がつられてプルプルしちゃうんですよ〜。

♪ハノン音階ハ短調
合格。次回はイ長調。

♪バラード1番
一回通して弾いたあと、今日はとうとう最大の難所のコーダを中心に教えてもらいました。
先生「Presto con fuoco…火のように激しく、っていうことなんですが…相当きつそうですね;;今、手が鍵盤の上を飛んで移動しているので、それだと音を外しやすいので、なるべく鍵盤から手を離さず、指を寄せるようにして無駄な動きをなくしてください。」ということでした。
そのほかにもいろいろと弾き方のコツを教えてもらったので、今後はコーダの部分練習がしやすくなりそうです。

そして、目からウロコのテクニックをひとつ教えてもらいました。
それは…最後の最後の一音、左手でオクターブでソー、右手でソーと弾くときのこと。
右手のソーを弾くとき、2と3の両方の指をそろえて使ってソを弾くのです!!
すると、しっかりとした音が出ます。もちろん、一本の指だけで充分な重さのある音が出せればそれでいいのですが、わたしが弾くとせっかくの最後の大事な音が気が抜けたような音になってしまっていたので、この2本指奏法(?)は簡単なのに効果抜群でした。

2005/7/10

のだめ&千秋と記念撮影?  マンガ

この前、銀座のYAMAHAに行ったら、入り口のところにのだめチラシが!!思わず「ふぉぉぉーっ?!」と手にとると、

「のだめカンタービレ大特集7月16日〜9月30日(予定)
『のだめカンタービレSelection CD Book』8月11日発売記念!!
特報!千秋真一(指揮)R☆SオーケストラCD発売決定!(9月11日予定)

★のだめ&千秋と記念撮影
★コミック1〜12巻
★おすすめCDコーナー
★のだめバック販売
などなど盛り沢山

このチラシをご持参の方限定ご購入スペシャルプレゼントあり!
★音楽ギフト券(先着若干名)
★有明佐賀のり
★有明ひじき
…ほかにもいろいろ計画中」

だそうですよ!ムキャー!!

それにしても「のだめ&千秋と記念撮影」っていうのはどういうことでしょう?
よく遊園地なんかにある、板に絵が書いてあって顔のところに穴が開いてる、あれかな…?それとも、リアルのだめ様ご来店?…でもそうすると千秋先輩は…?

「のだめバック」っていうのはいつものだめが持っている鍵盤バッグのことかな?のだめの実家にちなんで佐賀のりのプレゼント、というのもニクイ演出。
きっと銀座店の店員さんの中で相当ハマッている方がいらっしゃるのでしょうね。

とにかく、これはチラシを持って行かなくっちゃ!!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ