2005/5/20

チャーハン  ピアノ

ピアノレッスンに行ってきました。
今日は珍しくほかの生徒さんとすれ違いました。
ストレートのサラサラロングヘアでバックに百合の花が見えるような美しいお嬢さんでした。
どんなピアノを弾かれるのか聴いてみたかったなぁ。

さて。本日のレッスンは…

♪ハノン12番
合格。宿題は13番。

♪ハノン音階ロ短調
この音階、今までの中で一番ニガテです;次回も引き続き。

♪モーソナK330第1楽章
これを終わらせないことにはバラード一番をすっきりした気分で練習できないので気合を入れて弾いたところ「おっ?今までで一番いいですね。モーツァルトらしくなりましたよ。」ということで、次回仕上げの録音のゴーサインが出ました!!やった〜!長かった…何ヶ月かかったでしょう…。
「最初のころは音がべちゃっと固まってしまっていたのが、パラパラっとしましたね。モーツァルトはチャーハンを炒めるとき、米粒がパラパラとする感じで弾きましょう。」
モーツァルトがチャーハン!!
先生、のだめちゃんみたいです。

♪プーランク「エディット・ピアフに捧ぐ」
この曲をみてもらうの、ずいぶん久しぶりになってしまいました。
練習不足で、ずいぶん音をはずしてしまいました…;
テンポを揺らしすぎないこと、内声の音とメロディをはっきり弾き分けることなどに注意。

「のだめ」12巻をお貸しして、レッスン終了。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ