2005/5/10

トルコ行進曲  ピアノ

アントルモン先生のスーパーレッスン、今日はお待ちかねの「トルコ行進曲」。子どものころ「発表会用ピアノ名曲集」みたいな楽譜にのっていたのを適当に弾いてみたことがあるものの、ちゃんとレッスンしてもらったことはありません。(そういえば「エリーゼのために」や「乙女の祈り」など有名な曲はほとんどそのパターン。)

例によって、予習をしてテレビを見て「自分で弾くのより断然いい曲に聴こえる…;;」と思い、番組のあとすぐ弾いてみるとちょっとそれらしく聴こえるようになって(自分比。)うれしくなり、娘に聴かせると「あっ!今、間違えたね?アントルモン先生と台湾の男の子は間違えないね。」と鋭い指摘をされてしまいました。

ところで、トルコ行進曲、わたしが持っているCD4種類(ピリス、グールド、バックハウス、ツァハリス)それぞれ速さが違うので、今日のレッスンでどのくらいの速さで弾くのかとても興味がありました。

最初に生徒さんが弾いたのを聴いてアントルモン先生が「速いですね。トルコの行進というよりイタリア軍の突撃という感じですね。」と表現していたのには笑ってしまいました。
でも、日本人の一般的な「トルコ行進曲」のイメージって、わりと速いスピードなんじゃないかな〜と思います。

ピリスとグールドはかなりゆっくり弾いていて、最初に聴いたときはとても違和感がありました。(グールドのはスピードだけでなく、弾きかた全体が独特なのですが。)
バックハウスのは「イタリア軍」以上に速いです。ドイツ軍?
クリスチャン・ツァハリスのは、今日のアントルモン先生と同じくらいのスピードでした。が!このCD、ジャララ〜ン、ジャララ〜ン、タラリラタラリララ〜ン(どこかわかります?)っていうところで、いきなりシンバルが入ってるんです!!初めて聴いたときには「ひっ!」と驚きました。
それまでずーっとピアノソロなのに。CDジャケットにもシンバルの人の名前などは載っていません。まさかピアノ弾きながら足でシンバル鳴らしているとか?
「シンバル入りトルコ行進曲」、ほかのピアニストのものでもあるのでしょうか?







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ