2005/1/23

やっと終わったので  日記

ふぅ〜、やっとサロコンが終わったので、あとまわしになっていたことができます。
冬ソナの続きを見ること。
冬ソナの曲を弾くこと。
次に弾きたい曲を決めること。(やりかけの曲もたくさんあるし…。)
借りている本を読むこと。
…などなど(って、結局遊ぶことばかりですね。)

2005/1/23

サロコン・レポート  ピアノ

いってきました。サロコン(チャレンジコンサートからサロンコンサートに改名。)。
まず、本番開始一時間前くらいに到着し、店内のピアノで好きに練習してよいということなので、スタインウェイのグランドピアノ数台、ほか、各種メーカーのグランドピアノやアップライトがゴロゴロ並んでいる中から、好きなピアノを選んで弾いていきます。
みなさん、それぞれ練習しているので、店内は音にあふれかえって、スゴイことになっていました(笑)。
弾いてみると一台一台、ピアノのアクションや響きに個性があることがわかり、とてもおもしろかったです。
一台、スタインウェイのグランドピアノの中でも特に気に入ったピアノがあり、
「おおお〜!指に吸い付くようなやわらかなタッチ!ふんわりとしてキラリとした音色!!弾きやすい〜!すばらしい〜!スタインウェイ、ブラボー!700万円〜!」とゴキゲンで練習していました。「…この調子なら本番もなんとかなるかな〜。」と調子に乗っていたところ…

本番のピアノは最初のオクターブを弾いたときから「ぎょっ?…これはまずい!」という違和感があり、なんというか、カチコチっとして指が跳ね返されてしまう感じで、どうしても思うように弾くことができませんでした。速い部分では間違えまくり、中間部のところでは音が広がらず、情緒もへったくれもない演奏に…うううっ…。もともとニガテだった最後の部分は、そりゃぁ、もう…。

でもでも!ほかの方たちの素敵な演奏と、それぞれの方の、それぞれ違った音色を聴いて「あ〜〜〜、ピアノのせいじゃなくて、わたしの腕がまずいんだなぁ;;ごめんなさい、ひぃ〜。」と反省したのでした。

また次回は、ピアノのせいにしなくていいよう、がんばろうと思います。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ