2005/8/11

「のだめカンタービレSelection CD Book」  CD

買っちゃいました〜!のだめの中で出てきた曲がいろいろ入ってます。

ベトベンの「悲愴」(マンガで最初にのだめが弾いてたの、第1楽章を想像していたのですが、このCDに入ってるのは第2楽章でした。あとでマンガ確認してみようっと。)や、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の第1楽章(残念ながら途中まで。でもでも!ピアノが舘野泉さん!)ドビュッシーの「喜びの島」など、すでにCDを持っている曲も多かったのですが、モーツァルトの「オーボエ協奏曲」や、R・シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」など、これまで聴いたことがなく、マンガを読みながら「どんな曲だろう?」と気になっていた曲も入っていたので買うことにしました。(欲を言えば、エルガーのヴァイオリン・ソナタも収録してほしかった!)

なんといっても、海老原大作先生の「ロンド・トッカータ」が入ってるのが決め手になりました(笑)。
ひゃぁ〜、難しそうな曲!これを初見で弾いたフランクってすごい。

ちなみに今回のCDブック初版限定ふろく、誰が当たるかお楽しみのキャラクターしおりは、千秋先輩でした♪

来月発売の「千秋真一指揮R☆SオーケストラCD」も買ってしまいそう…。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ