2005/7/8

銀座におでかけ  日記

細川てんてんさんの「おでかけブック」(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4479670645/250-2383277-8574606)を持って、初めて実際におでかけしました♪「初おでかけ」は銀座です。

といっても銀座自体は初めてではなく何度も行っているのですが、考えてみたら昔から行く場所は決まっていて(YAMAHA、山野楽器、鳩居堂、伊東屋など。)そこ以外全然知らないので、一本道を曲がれば「初!」な場所ばかりなのです。

着いたのが10時すぎで、YAMAHAに行ったらまだ開店してなかったので、てんてんさんの本に載っていたカフェ・パウリスタと月光荘(←残念ながらここも開店前でした。)を外から確認し、10時45分の開店時間までぶらぶら裏通りを散策(でもほとんどこの時間開いてなかった;)。

YAMAHAでCDと楽譜を見る。見れば見るほど欲しいものだらけでくらくらしながら、ぐっとこらえて今日は松本和将さんのCD「静止した夢のパヴァーヌ」を購入。

それからいつものように鳩居堂で季節の絵ハガキなどをチェック。
おばさまたちでごった返していたので、あまりじっくり見られず。

お昼になっておなかがすいたので本日のメイン「チョウシ屋さんのコロッケパン」を求めて、いざ東銀座方面へ!!
「その場であげたてのコロッケをはさんでくれる」コッペパンの横で「スゴクオイシイ」と感無量な様子のてんてんさんのイラストを見たときから「おぉ!食べなくては!」と思っていたのです。

しかし!ここに来て問題発生。実は今日「おでかけ♪おでかけ♪」と浮かれて履いてきた編み上げサンダルで歩き回っているうちに靴ずれを起こし、痛くてヒョコヒョコ冷や汗たらたらになってるのでした。
目標のチョウシ屋さんは地図で見るとまだちょっと歩かねばだし…まだそのあと伊東屋も行きたいし、なにより、このままじゃ家にたどり着くのも苦しいよ…
と考えたのち、通りがかりの靴屋さんでワゴンセールしていたペタンコサンダルを買って履き替えました。予想外の出費;でも今日の機会を逃したら、また次いつ銀座におでかけできるかわからないので、時間内にまわれるだけまわらねば!

ようやくちょっと歩きやすくなり、再びコロッケパンを目指します。
東銀座の交差点を曲がって、さらに裏道に入った目立たぬ場所に、そのお店はありました。(ちょっと迷って何度も地図を確認。)
昔ながらの商店街のお肉屋さんのたたずまい。
「コロッケパンひとつください!」「は〜い。コッペパンにしますか?食パンにしますか?」「コッペパンでお願いします。」おお〜、はさんでるはさんでる〜。おいしそ〜!

しかし!ここに来て第二の問題発生!!
「…どこで食べよう…??」
もし友だちとおでかけしたのであれば、買ってすぐお店の前の道路で食べたでしょう。でもでも、今日はあいにく一人なのです。しかも暑い。炎天下の道路で、立ったまま一人コロッケパンにかぶりつく勇気はなく…どこか座って落ち着いて食べられる場所を探しに、再び歩くことに…;

よい案が思いつかず、結局松屋の屋上に行くことに。今時のデパートの屋上はちょっとおしゃれな休憩スペースになっているかも…と期待していたら、ものすごい昔ながらのペットショップ+テーブルとベンチ+人工芝のスペースでした。日陰もなかった…。でも、もうおなかぺこぺこだし足も疲れたので、ベンチに座って、ようやくコロッケパンにありつくことができましたとさ。めでたし、めでたし。
コロッケの衣はサクサク、中はほっこり、パンはふんわり、ソースはしっかり、の懐かしくおいしい正統派コロッケパンでした。
はっ!しまった!てんてんさんオススメの「ポテトフライ1個30円」を買うの忘れた!また今度行ってみよう。
チョウシ屋さん↓
http://www.pict-inc.co.jp/tsuki/tsuki_choushiya.html

さて。おなかも落ち着いて、伊東屋へ。
今日は憧れのシーリングワックスの実物を確かめるのが目的です。
ありました、ありました!一般的なのはイニシャルを型どったもので、模様のは太陽、月、クローバーなどがありましたが、いまいち「これだ!」というのがなかったので、今日は見るだけにしました。ひとつ1500円くらいでした。
レターセットコーナーやカードコーナー、ラッピング用品コーナーなどを眺めていたら、あっという間に1時すぎ。

急いで帰って、子どもたちが学校から帰ってくるまでにギリギリセーフ、でした。満足満足。







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ