2020/3/31

あっという間の  Diary

三か月… … 



早くから気にしていたから もう一年くらい経過したような気分



これからどれくらいの時が必要なのだろう



みんなが今と同じ気持ちで行動していたら… … 考えたくない




身近にいる人物にさえ危機感を伝えても他人事… … ましてや… …





どうせいつかは… … そうなんだけど… …違う病でいきたい… …




一人だけで頑張っても無駄だと思わないで行動する(もちろん家で…対ヤツ)



外は行きたくないけど 最大注意しての買い物は必須  元々早め早めの買い物を心掛けているし 7〜10日分のまとめ買いは通常行動だけど買占めにみえてしまうかもだなぁ… …

2020/3/30

気にすると  Diary

本当によくわかる



触っちゃダメを無意識にやっていたことが… …




顔 髪 身体のいろんなところ PC一つ立ち上げるにも電源… マウス キーボード その他周辺機器… 今までは そんなに気にするのは病的といわれていたし 何も気にしていなかった



床に落ちたお菓子をふーっとして食するのは当たり前というかその程度ができないなんて… …という雰囲気もあった



日本食って箸だから手で直接がほとんどない パンを食べるとよくわかる パクっとしても手に持っているし 正確にはちぎって塗って口に運ぶのだから何度触るかわからない その他生活習慣の違い… … それだけじゃないだろうけれど… …



外国の映像で 床にマスクの布を置いて折りたたんでいるのやミシンで縫っているマスクがつながっていて床に垂れていく状態等々を見てしまった(靴を履いて歩く床だったような…) どこかで消毒するのだろうか… …疑問だ



自分で縫っても洗ってアイロンをかける その上スプレーをすることもある それでもかかるときにはかかるだろう… …



普通に暮らせる日が一日も早く来るように 今こそみんなで注意が必要なのに人によって温度差がありすぎる



こればかりは 人それぞれとは言ってられないんだけどな… …

2020/3/29

少々の  Diary

値段は気にしない


持てるとき見かけたとき必要なものは手に入れようと思っている



が が 値段上がったなぁと思いつつ購入して しばらく後に元に戻っていると ん ん ん となる



いいけど でもね となる



需要と供給の関係



普通に買えたとき マスクのバーゲンセールもあったんだから 防災備品のなかにトイパもハコティッシュもマスクもカイロも必要なんだから… …



大量の介護用おむつ類を病院に受け取ってもらい 家のはゴミ出し… … が トイレが使えない時の代用に使うという記事を読んで そうなんだと思った だからといって買い足す気分にはなれない


新聞が大量にあったら役に立つだろうなと思っても ゴミ出しが嫌なのもあってやめたのだから… …ねぇ… … なのだ (以前なら少しずつもらって帰るという手もあったけど…)


なるようになるさ(というのはできる限りの事をした後)という気持ち なにもしないで なるようになるさ派は XXXデス

2020/3/28

作った  Diary

黒と薄いベージュのじ模様の布で型紙通りに… … 悪くはない が… …黒を外にして行くのは勇気が必要


自分用だと型紙修正が必要… …が それぞれみんな違うから


まず 鼻の高さ 顔の幅長さ そして 必要最小限の大きさが好きか めいっぱいの大きさで覆いたいか 等々



紐を緩めにしてもしっかりと覆えるものが好きだから立体型はあまり好きじゃないんだろうな


余っている鼻部分には ガーゼや不織布等のカバーするものを置くことができる(鼻が高い人は余らない はず)


顎部分はこの型紙でぴったりで良い  外にも大丈夫と思える布でもう一枚作るか もう立体型はやめるか 気持ち次第だなぁ… あるものだけで作るのは難しい ガーゼ布は1〜2か月後に届くって頼む気になれないしなぁ… …

2020/3/27

新しい  Diary

PCでプリントは 初めて… … 使い始めて3か月弱かぁ… …


繋げば勝手に読み込んでくれる… … コードなしで設定すれば楽なのは分かっている… …が あとまわし… …


マスクの型紙と作り方をプリント



ふむふむ … … 布ね… …  黒のシーチィングならわりとたっぷりある



黒は怪しさマシマシになるからねぇ(どうしてもの時とか他に何もないとか理由が欲しい自分)



白い布… … シャツをばらす… … いまのところそこまでは… … となる



おもいだした
今では割と裕福に思われている職種の奥様の昔話(話を聞いた時には仕立てのスーツ)
カッターシャツの袖口が擦り切れるからそれを織り込んで修理して着てもらう 旦那の下着を修理したり改造して自分のものにする お金も物も豊富じゃなくて高かった時代はそんなにむかーしのことじゃない 作るより買う方が安くて便利になった頃から作らなくなった 自分を含め大勢だろうなぁ… …



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ