2016/2/29

FIRST ONE-MAN LIVE in NAGOYA  

シオダマサユキ
FIRST ONE-MAN LIVE in NAGOYA
『Syachihoco Mate Vol.1』

2016年5月29日(日)@栄LiveDoxy
OPEN16:00/START17:00
charge:\3500+Table charge\500

先日のシモダマサカブツアーの時に決めました。
ずっと“やってみたい”と思ってたこと、
でも“やってみたい”だけじゃダメだって気づいた。

“やらなきゃ!”

そんな衝動で思わず日程を押さえた。

僕にとっては初めての名古屋ワンマン
初めての挑戦。

名古屋は東京以外で何度も唄いに来ている場所、
まだまだ知らない事だらけだけど、
沢山の思い出がある場所。

名古屋の方には
大変お待たせしたかもしれませんが、
初のシオダマサユキ弾き語りワンマンin名古屋

是非成功させたい!
沢山のご来場お待ちしています。

なお、チケットは即日
シオダマサユキOfficial website
http://www.shiodamasayuki.com/
チケット予約フォームから受けつけています。

手売りチケット販売します!
手売りチケットに整理番号記載。
当日は実券お持ちの方優先、整理番号順に
入場とさせていただきます。

当日まで何度かストリートLIVEを決行します!
是非チケットゲットしに来てください!

名古屋にも当日まで出向けたらと思ってます!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/28

クソみたいな曲  

“最近良い曲って少なくなってきたよね”
“昔は良い曲いっぱいあったなぁ”
なんて会話をよく聞くけど、
僕は逆だと思っていて、

最近は“良い曲だけ”しかない。

だから“つまらない”!

と思う。

作曲のノウハウやツール、参考資料が
充分恵まれてしまっている昨今、
誰にとっても“そこそこ良い曲”を
作ることは非常に簡単になってしまっている。

悪く言うと組み立て式住宅みたいに
ツールとツールを組み合わせれば
最低限のものは出来てしまう。
歌詞の言葉でさえも。

だけど、突出したインパクトや強力な感動がない。
それを産み出すのが難しい時代が長く続いている。

先人達、昔の偉人達、僕の中でいうと
例えば数々の名曲で知られるジョン•レノンなんかでも
“クソみたいな曲”って山ほどリリースしている。
ただ、その中でひと際輝く名曲が産まれている。

もちろん音楽ビジネスを考えたとき、
ニーズを意識することは非常に大切なことだけど、
そこか一方でニーズを完全に無視して作ることも
作家にとっては大事なことじゃないかなと思う。

そうじゃないと新しいものは産まれない。

横並びじゃつまらないから、
誰もやってないようなものが出来たらいいなぁ。
2

2016/2/23

シモダマサカブ〜To be Happy “Photo”〜  

2/11東京公演@御茶ノ水KAKADO
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2/20大阪公演@caferoom
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2/21名古屋公演@Doxy
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〜番外編〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


To be Happy Tour
To be continued...
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/2/23

シモダマサカブ〜To be Happy Tour〜  

幸せなツアーになりました!

来てくれた方々、出逢えた方々、
本当にありがとう。

ライブステージの前ってワクワクもあるんだけど、
不安も沢山あるものなんだ。普段はね。
でも、このツアーは
全く不安もストレスもなかったんです。

それはKAB.と下地正晃くんの
音楽性と人柄のおかげなんです。

僕はこの二人と一緒にステージをやったら
自分も含めて、観に来てくれる人を
幸せに出来ると確信していたし、
そんな光景が見えていました。

だからどう転んでもこのツアーは
素敵なものになると!


実は東京公演後、体調を崩していて
遠征の時は乾燥で喉をやられた状態で挑みました。

僕の声に関しては
お聞き苦しいところもあったかもしれませんが、
なんとか唄い切りました!

“プロ”としては当たり前のことですが、
共演の二人からは
そんな言葉のもう一つ上の次元のものを
感じているんです。

観てくれた方には
それを感じてもらえたんじゃないかな、
なんて思っています。

共演して沢山学んだし、
沢山感動したし、
沢山幸せをもらいました。

“またやってください!”
“全公演観に行けば良かった!”
なんて有り難い言葉も
お互いのファンの方から沢山いただけました。

僕がリスペクト出来る
数少ないアーティストの中の二人です。

また必ず三人でツアーやりたい!
いや、やります!!!

その時まで今回感じた幸せを
力にして前に進みたいと思います。

ありがとう。
0

2016/2/23

シモダマサカブ〜To be Happy “Setlist”〜  

シモダマサカブ〜To be Happy Tour〜

LOVING〜或る日の歌〜
Are you ready?
-Talk-
雨の香り
だから言うたやろ
-Talk-
今年の詩
Agree to disagree
-Talk-
Hotchkiss
誰かに恋を
幸せ
-Talk-
Carry on
青空バス
運命のひと

〜アンコール〜
ラブレター(ブルーハーツCover)※東京公演
乾杯(長渕剛Cover)※大阪公演
部屋とYシャツと私(平松愛里Cover)※名古屋公演

〜ダブルアンコール〜
ラブレター(ブルーハーツCover)※大阪公演
ラブレター(ブルーハーツCover)※名古屋公演
乾杯(長渕剛Cover)※名古屋公演
0

2016/2/9

天使と神様  

さぁ、今年一発目の大事件、
シモダマサカブ〜To be Happy Tour〜
もうすぐ始まりますよ!

東京公演まであと2日!
盛り上がってますか!?

今日、KAB.と下地正晃くんと
リハーサルをしてきました!

初日を迎える前に二人のことを書いておこうかな!

KAB.とは別冊UTA-KAIのころから
何度も共演させてもらってるけど
なかなか楽屋なんかで絡むこともなく、
仲良くなったのは実は最近(笑)

いわずもがな素晴らしいアーティストだし、
昔からリスペクトしていました!

最近ではツーマンもやったし、
実は同じ年だということも解り
非常にフランクな付き合いをさせてもらってます。

KAB.は音感がずば抜けて良くって、
スタジオ一緒に入ってても天才的なものを感じます。

僕が考えたばかりのハモリのパートも
一度聴かせたら一発でモノにしてしまう。

そして、一緒に声を重ねた時の
僕との相性は抜群に良い!

KAB.と付き合うようになって
僕がKAB.に抱く印象は“天使”(笑)

ほんとに純粋!無垢!

もちろん僕がまだ知らない
別の側面もあるだろうけど、
一緒にいるといつも心洗われる。

彼の音楽性にも溢れていると思うけど!

自分がいかに薄汚れているかに気づかされます(笑)

その純粋さゆえに
傷つくことも多いのかもしれないけど
それがまた音楽にフィードバックされてて、
聴く人を虜にするんだろうなぁ。


下地正晃くんはnavy&ivoryのころから
お付き合いさせてもらってて、
いまでは共通の友達、ミュージシャンも
かなり多くなったなぁ。

ソロになってからシンガーソングライターとして
曲を作り始めた下地くんなんだけど、
“反則”です(笑)反則ですって言ったら
色々苦労を重ねて作ってる下地くんに失礼だけど
そんぐらい素晴らしい曲を
ジャンジャンバリバリ作っている!

どんだけの才能を隠していたのさ!と!

下地くんの声は世界に一つしかない。
唯一無類な歌声だね。
聴いてもらえばわかるけど、マネが出来ない。

下地くんを一言で現すと“神様”(笑)
こんなに人を傷つけず、
幸せにしてしまう人がいるのかと!

エピソードを語ると長くなってしまうけど、
(ステージで語っちゃおっかな!笑)
とにかく、優しさに溢れる行動、言動を
なんの嫌みもなく自然に出来ちゃう人。

まぁ、ステージを観た人にはすぐわかるだろうけど。

コーラスやサポートで
参加させてもらったこともあるけど、
そんな下地くんの曲が僕は好きだし、
今回また一緒にステージを共有できることが嬉しい!


というわけで、そんな実在する
“天使と神様”の間で楽しませてもらってる
“人間”シオダマサユキを是非観てもらえたらと!

東京公演はチケット完売だけれど、
大阪、名古屋はまだまだ間に合います!

何度みても幸せになれるような、
シンガーソングライター3人が
最初から最後まで一緒に織りなすステージ、
是非観に来てください!

写真僕が弱冠ブス〜っとしてるように見えますが(笑)
めっちゃ爆笑しっぱなしの超楽しいリハでした!
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ