2011/11/21

ポップンロールミュージックVol.7  ライブショー

おはようございます!

昨日は、初のサポートメンバー二人を含め
みんなで遅い時間まで打ち上がってしまいました!

楽しかったから!嬉しかったから!

年に一度のワンマンショー
ポップンロールミュージックも今回で7回目、
無事に終了することができました!

沢山の人が観に来てくれたこと、
初めて参加される人もいてくれたこと、
音楽シーン、時代は変わっているけれど、
僕の音楽を聴きに来てくれる人がいるって
幸せなことだし、僕もアップグレードしていかないとな!
と思いました!

新しい試みを沢山できたことも良かったし、
新しい曲の見せ方を発見出来たことは良かったなぁ。

協力してくれた渋谷gee-ge.のスタッフのみなさん
あってのことです!ありがとうございます!

そしてSMARTのメンバー、菅田直人、高畠俊。
僕にとって強力な味方がまた増えました。

一緒にやってて本当に楽しいし、
コーラスワークも素晴らしいし、
何よりも、僕の音楽を理解してくれて、
熱い思いで挑んでもらえたことに感謝。

短期間で僕の多くの曲を覚えてもらって、
コーラスとってって、ものすごく大変!
それを努力を隠して、さらっと見せてくれる
二人のミュージシャンに感服させられました!

またワンマンとはいわず、別のライブでも
SMARTで魅せれたら良いなと思ってます!


今回は2ステージ制にして、
僕なりにいま本当に唄いたい曲、唄うべき曲を
お届けしました。

客席で唄えたのも、なんか良かったな。笑

”武道館宣言”も嘘じゃないよ。
”出来れば良いな”じゃ出来ないから、
昨日来てくれたみんなに感謝の気持ちを込めて
云ったつもり。ほんとにやるよ!!!
やるために生きるよ!!!

こっからが勝負じゃ!

ポップンロールをやると、何のために続けるのか
考える機会になって良い。

ライブでは言わなかったけど、
今年は色んなことがあって、
人の価値観、考え方が大きく変わった年だと思う。
僕自身もそう。

いろんなことに向き合わなくちゃいけないけど、
好きな音楽には純粋な気持ちを忘れず、
沢山の人に届くように、残るように
唄っていきますよ!

今回も来てくれてほんとどうもありがとう。
20

2011/11/21

打ち上げから帰宅。  ライブショー

眠ろうと思ったけど、その前に、一言。

みんなどうもありがとう!

ポップンロールミュージックVol.7
ブログ改めて書くね!
3

2011/11/18

いよいよ本番へ!  ライブショー

本日、SMARTゲネプロやってまいりました!
あとは本番を松の実!?待つのみ!!

非常に良い感じに仕上がっています!
短期間で曲を覚えてくれた二人のメンバーに感謝です。

さてさて、お知らせですが、
おかげさまでチケットの方、
沢山の方にご購入、ご予約いだたき、
ほぼお店の定員に届きそうです。

チケット予約ですが、事務的な事情で
明日メールをいただいても当日まで返信することが
出来ません。
一応明日ご予約メールいただいた方は
チケット予約リストに入れさせていただきますが、
返信がないことご了承ください。

そして、当日券ですが、わずかのご用意はしようと
考えていますが、当日の状況によっては
SOLD OUTになる可能性もあります。
そちらもあわせてご了承ください!


というわけで。。。

あっ!

そうそう、今回は
ポップンロールミュージック始まって以来の
2部制のステージになります!

オープンからスタートまでも1時間ありますし、
1部と2部の間に休憩もあります。

gee-ge.のお料理美味しいので是非注文して
召し上がってちょうだい!飲み物もね!
そして、シオダマサユキ物販にもお越し下さい!

年に一度のワンマン!
最高のステージにします!
よろしくね!

6

2011/11/14

ポップンロール直前物販情報!  ライブショー

来る11/20のポップンロールミュージックVol.7
@渋谷gee-ge.にて、
シオダマサユキ特製ステッカーを発売します!
クリックすると元のサイズで表示します
デザイン:磯田重晴

こちらを1枚500円(税込み)で販売します!

ライブ会場でしか買えない
しかも数量限定のプレミアムなグッズです。

自分用に、お友達用に、魔除けに!?
是非お買い上げを!
19

2011/11/1

『pf』の今後についてお知らせ  ライブショー

クリックすると元のサイズで表示します
『pf』Vol.4を終えてから2ヶ月が経とうとしています。

『pf』の今後の展開について
メンバーと色々話しました。

2年をかけて同じメンバーで
濃い内容のVol.1〜Vol.4までやってきた『pf』ですが、
一旦その流れを終了しようと思います。

理由としては、
メンバー間でのイベントに対する
価値観、取り組み方の違い、
物理的なスケジュールの問題などです。

元々ソロ活動をしていた4人が突発的に集まって
“ピアノバンド”を作ったようなものですから
価値観は違って当たり前で、だからこそ価値があったと
自負しています。

ですが今回Vol.4を終えてみて、4人の温度感、
『pf』への思い、ソロ活動への思い、
色々感じ、話し合い、一番健康的な結論を出したつもりです。

Vol.1〜Vol.4までに『pf』を観に来てくれたみなさん、
Vol.5を心待ちにしてくださってるみなさんには
非常に心苦しいですが、ご理解いただければと思います。

もちろん、今後の予定Vol.5からについては
あくまでも未定で、メンバー、時期について
あらゆる可能性があります。

また『pf』の名の元に4人のシンガーソングライターが
集まれる日がくれば良いなと個人的には思っています。

自然な形でそれが実現出来るように
しばらく『pf』は旅をしなければなりません。

このイベントの言い出しっぺの僕として、
2年間イベントを共に作り上げた
Four Fantastic Friendsのメンバー

ミトカツユキ
彼の演奏スキル、圧倒的な唄の存在感、
4人でいる時に率先して口火を切って
ムードを作ってくる心遣い、
それなくしてはここまで来れなかったと思う。
共にステージを作れて非常に刺激になりました。

渡辺ケイジ
『pf』を始める時に一番始めに声をかけたのが彼で、
最初から最後まで良き理解者でいてくれました。
ピアニストのイベントではなく、
シンガーソングライターのイベントでありたい、
そこには彼は不可欠で、
毎回シンガーソングライターの神髄を見せてくれました。

古瀬智志
『pf』をやるにあたって6年振りに声をかけました。
それぐらい、彼の音楽スタイル、人間性には
魅力があり、インパクトがありました。
彼が『pf』にいてくれたことは、
『pf』がそんじょそこらのピアノイベントではない
理由のひとつだと思っています。

そんな3人に
2年間に渡り4回の『pf』ありがとう!

『pf』を支えてくれたduoのスタッフのみなさん、
Vol.1のみ開催したいまはない表参道FAB、
スリップサイド大西さん、
江島さんをはじめとする楽器提供のKORGのみなさん、
僕のスタッフでもあるカメラ、Web担当の磯田さん、
ロゴ作ってくれた古谷さん、
フライヤーデザインしてくれた池田亜由美さん、
他、すべての『pf』に関わってくれたみなさん
ありがとうございます。

沢山の方の支えがあってピアノを弾いて唄えています。

そして、すべては『pf』を観に来てくれる
お客さんのためにあったと僕は信じています。

これまで足を運んでくださった沢山のみんな、
ありがとうございました!

せっかく4人のシンガーソングライターと
出逢ったわけですから
今後各ソロのライブにも是非足を運んでくださいね。

そしてまたいつか『pf』やるときは必ず来てください!


というわけで、
11月4日のパシフィコ横浜でのステージが
この4人のメンバーでの最後の演奏になります。

まだ整理券間に合うと思うので、
これそうな方は是非駆けつけてやってください。
http://www.korg.co.jp/Event/musicfair2011/

よろしくお願いします!
22



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ