カスタム検索


オイル上がりと下り、今回のは下り+カーボンによるいたずらですね。  

とても良くまとめてある

サイトがありましたので

参考にさせて
今回の症例にまとめさせて頂きました。


オイル上がりとは?その原因


オイル上がりとは、エンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=上がってしまう)現象のことをいいます。

たくさんのオイルが燃焼室に入ってしまうことで、燃料と同時にオイルも燃えます。エンジンオイルが消費され、オイルが減りすぎるとオイルランプと呼ばれる警告灯がミニも点灯します。

オイル上がりの特徴としてマフラーから白煙がでます。もしマフラーから大量の白煙が排出され、焼けたようなにおいがする場合、オイル上がりを疑いましょう。

オイル上がりの原因はオイルリングの摩耗

エンジンオイルの役割は、エンジン内部金属同士を潤滑に動かす手助けをすることで、通常は燃焼室に入らないように設計されています。

特に、一番激しく動く部品・ピストンには「オイルリング」がついており、エンジンオイルの燃焼室への侵入を防いでいます。このオイルリングが摩耗すると、エンジンオイルが燃焼室に入る原因となります。

摩耗したオイルリングは交換が必要です。オイル上がりと診断され、修理が必要になった場合、エンジンを下ろして分解し、オイルリングを交換しなければなりません。

エンジンの脱着や分解は重整備に該当するので、当然、修理費用も高額になります。

オイルリングの摩耗は、 汚れたエンジンオイルをそのままにしておくことでも発生します。そのため、こまめにエンジンオイルを交換することを心がけて下さいませ。

今回の症状

オイル下がりとは、吸排気バルブからエンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=下がってしまう)現象のことをいいます。

オイル下がりが起こると、オイル上がりと同じように白煙が出ます。

しかしオイル下がりの特徴として、エンジン始動時やアイドリング時など、一定の条件の場合のみ白煙が出ることが多いので、異常に気づきづらい傾向にあります。

オイル下がりの原因はバルブステムシールの劣化や摩耗

級排気バルブには「バルブステムシール(バルブシール)」と呼ばれる部品が取り付けられています。バルブシールとは、級排気バルブの取り付け部からオイルが燃焼室に入らないようにする部品です。

この部品が劣化することで、燃焼室にオイルが侵入してしまいます。結果、オイル下がりが発生してしまい、オイル消費がおこります。

また、気候の変化などによって燃焼室にエンジンオイルが侵入してしまうこともあります。

ステムシールの劣化は、汚れたエンジンオイルによって部品が傷つくことが原因です。オイル下がりも、こまめにエンジンオイルを交換することで防ぐことができます。

バルブシールの経年劣化もありますが、汚れたエンジンオイルによって部品が傷つくことも原因になります。

オイル上がり・オイル下がりの予防には定期的なオイル交換が有効


オイル上がりもオイル下がりも、汚れたエンジンオイルを使い続けていることで、発生の原因を作ってしまいます。走行距離や経過月数から、定期的にオイル交換を行うことで予防に繋がります。

走行距離が少ない車であっても、一定期間が経過したら、オイル交換を行いましょう。

また、定期的にオイル交換を行っているとオイル漏れの早期発見にも繋がります。異常な減り方をしている場合は、早めに整備工場で点検しましょう。


今回のは、オイル下りにさらに+アルファ

バルブのカーボン詰まりによる

バルブが密着しないためによる

吹き抜けの症状ですね。

アイドリングも、乱れます。



クリックすると元のサイズで表示します

オイルが  

アイドリングさせているだけで
この量のオイル漏れは
良くないですね。


クリックすると元のサイズで表示します

6j-10_ホイール  

ユニオンジャックのセンターキャップが
カッコイイですね。

ありがとう ございました。

クリックすると元のサイズで表示します

エンジンとストレートカットのミッションは、無事に組めましたが  

クラッチが滑ってしまうとは、
(^^)
対策考えて
やり直します。

今回は5速ミッションは、やめて
ストレートタイプにしてみました。


クリックすると元のサイズで表示します

走行フィーリングは、異常無しでしたが  

オイルを抜いた時に
鉄粉が混ざり始めたので
開けてみました。

オイル交換時のチェックは
大事ですね。

へたにマグネットで、拾ってしまうと
わかりづらくなりますね。

バンドは、残数0mmに
こんな状況でも
走行フィーリングは
すこぶる快調でした。

オートマチックに乗られている
皆さん
早めにブレーキバンドやクラッチの交換してあげましょう。

オーバーフォールとも言い金額もかかりますが

もう部品が出ない部分の
ドラムを、傷つけないためには
大切な作業になりますよ。

早めのメンテナンス
ご検討よろしくお願いします。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

最近  

ラジエターの電動ファンの羽が
痛んできたミニが
増えてきましたね。

確認されてみては、いかがでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します

ジムカーナ  

娘の学校主催のジムカーナ

まずはジムカーナに慣れる事からでしょうかね

娘は、2回目なので
慣れ始めてきたみたいですが

今回は、
親も、走らせてもらえましたwww。(初)

それにしても
GRヤリスって速いですね。

段違いに高いポテンシャルの違いを
感じました。
ちょっとした、ストレートの速さが
4WDのインプレッサやエボのような加速

そもそも、エントリークラスが
違うかもしれませんが
相手は4WDのターボ付き272馬力
電子制御のトラクションコントロールやABSが、しっかり効いた車輌と

すべて原始的なミニ
あきらかに、違いますがwww

楽しさだけは
ミニも負けて無いよって
言っておきたいところですが
ミニは、走りやすいですね。

あの、マーク2などの
ドリフトしての
タイヤスモークは
ミニでは、まねできないですね。

動画も見たいですか?


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとレッカーに  

行ってきまーす。
群馬は
久しぶりです


クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ