カスタム検索


ウエーバーのキャブレターを取り付けするにはリンケージが必要ですが  

最近、ウエーバーのキャブレター用リンケージの種類が増えてきましたね
まだ付けたことの無い種類もあり
甲乙つけがたいのですが

ダブルライン?
ツインケーブルの物まであるみたいですね。
単車みたいに、戻り側まで
付いているわけでは無いようですが。
インマニは、スワン、ロング、中間のミドル、他レース用がいくつもあります。
レース車輛などは、ロングインマニを取り付けるように
キャブボックス取り付けいたしますが
大掛かりな加工しないで取り付けできるものが主流です。

取り付けていく人は
エキマニのガスケットなども交換していきますので
エキマニの脱着が必要になりますね

リンケージを取り付ける際には、アクセルワイヤ―などの交換も必要になってきます。

付けた後にも
ジェットの調整が必要になります。
メカニックも一番気をかける所になります。

ウエーバーのキャブレターの他に

リンケージキット(上・シングルケーブルなど)
エアフィルター
スワンインマニ
アクセルケーブル
マニホールドガスケット

フィルターユニオン
フューエルホース
バンド


セッティングには

エアジェット
メインジェット
アイドルジェット
ポンプジェット
エマルジョンチューブなどなど必要になる場合があります。

エンジンのチューニングの内容によって
変わってきます。
オーナーさんの好みもありますので
気も使いますが時間もかかる所になります。

付属のジェットでは、調子も出ないものです。

キャブレター本体以外にも
いろいろパーツが必要になり調子を合わせるには時間も必要になってきます。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ