hair&make&styling : matsuko

special thanks : yoshio

「e mail TO ECLAT」

2011/9/26


良くある質問・1

Q1
予約はどのくらい前にすればよいでしょうか?

A1
担当者によって違いますが...

お客様の8割くらいの方が、お帰りになる時に次回の予約をされますので担当者によっては今からちょうど1か月後くらいの予約が埋まってしまっているということがあります。。

行事・その他等でご来店のご希望日時が決まっている場合は決まり次第に予約されるのがベストです。(ヘア・メイク・ネイル全てにおいて)

担当者の希望がない場合、ご来店のご希望日時のない場合は、いらっしゃりたい時期より大体1週間前までに。(来店希望時間のないメイク・ネイルは平日は前日までに、土日は3日前までに。)

2月中旬から4月中旬の卒業入学就職進学シーズン、6月中旬〜8月末の梅雨猛暑夏休みシーズン、11月中旬〜1月中旬の年末年始シーズン、この3つのシーズンが最も予約が埋まるスピードが速くなります。

特に平日の13時〜15時台・18時〜20時台、土日の午前中〜13時台・17時台は事前予約で埋まっている場合が多くあります。

尚、ご予約は通常3か月先まではお受けしております。

しかし、一カ月先以上のご予約の場合は担当者の急な出張等により、又、直近のご予約でも担当者の傷病や災害等によりやむなくご予約の変更をお願いする場合もございます。 

近年祝日法の改正で出来た三連休の場合は行事等が開催されることが非常に多く、一か月前でも予約が取りにくい場合もごさいます。
0

2006/4/5

お客様アンケートへの回答・その2  アンケート回答

2位の「イスの座り心地が悪い」に頂いたコメントには下記のものが御座いました。

a.椅子が固くて時間が長い日は腰が痛くてたまりません。美容院ではやはりリラックスしたいです。他の友達も言ってました。
b.もっと、リラックスできるようにしてほしいです。
c.確かにカラーなどで長時間座るとちょっと。


a.b.cに対する回答です。
ECLATは通常の美容室のような椅子と違いヴィンテージのデザイナーズチェア(イームズ)を使用しています。
結果今回頂いたコメントのようなご意見をオープン直後から多数頂いております。
シートクッションに低反発性のものを今までに5回変更しながら採用していますが現在の物が一番好評を頂いています。
又、腰専用の低反発クッションもご用意していますのでご希望の方はご遠慮なく「腰が痛い」とお申し付け下さい。
ECLATスタッフも高山をはじめ腰に爆弾を抱えている者がおります。
そうではない方でも長時間同じ姿勢を取り続けると負担がかかって来てしまいます。
今後もお声を頂きながら改善を重ねて行きたいと思っていますのでご遠慮なくご意見をスタッフやメール等でお寄せ下さい。
0

2006/3/31

お客様アンケートへの回答・その1  アンケート回答

以前ご協力頂きました「お客様アンケート」への回答や改善点等を数回に分けてご報告いたします。

1位の料金を安くして欲しい(又はメンバーカード等を発行して欲しい)に頂いたコメントには下記のものが御座いました。

a.カード支払い時、裏に持っていくのはやめてほしい。
b.にいにさんの担当から今岡さんに変わったのですが、かなり料金違いますね。技術的なレベルなんでしょうが、正直なところ、いろんな面でにいにさんに担当してもらいたいです。
c.価格は満足度にもよると思いますが、それにしてももうちょっと安くしてほしいな。
d.確かに領収書をもらえないのは今でも違和感がある。清算時,どこか怪しい雰囲気を感じてしまう。
e.少しお高いなと思います…。
f.レシートがあれば良いのですが?


aに対する回答です。
クレジットカードの端末は電話回線を使用していますので、ECLATは電話の回線口が裏にしかなく改善する事が出来ません。
申し訳御座いませんがご了承下さい。

bに対する回答です。
ECLATはランクによって技術料金設定が違います。
初級スタイリストは¥4,000、スタイリストは¥4,500、今岡はECLATではデザイナーランクでカット料金は¥5,000となっています。
にいにはECLAT規定のスタイリスト昇格試験に合格出来ませんでしたので、2005年6月までは料金を更に下げて営業させて頂いておりましたが昨年7月よりサロン規定により降格と致しました。
何卒ご了承下さい。

c.eに対する回答です。
価格はOPENする前に所属していたサロンを基準に決定しています。
OPEN当初、高山・今岡両名は元のサロンで頂いていた¥4,500でスタートしましたが、OPEN後1年でおかげさまでお客様に沢山いらしてて頂けるようになり予約が飽和状態になりました。
そこで料金を¥500上げることに致しました。
その後、同様の理由で幾度となく値上げを検討しましたが現在までその時のままの価格設定になっています。
今後はまだ未定ですが、ECLATとしては価格が高いと思われないものを提供出来る事をテーマに技術を始め、磨いて行く所存です。

d.fに対する回答です。
怪しいと言う意味がよく分かりませんが売り上げをごまかしていると言う意味でしたら一切ございません。
レシートはOPEN時のアンケートで欲しいと言う声よりいらないと言う声が圧倒的に多かったのでございませんが、ご希望の方には領収書の発行は行っていますのでお申し付け下さい。

以上が回答となります。
ご意見等は常時承っておりますのでメールかコメント欄、掲示板へお寄せ下さい。
宜しくお願い致します。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ