hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2017/6/24

川久保玲の意志、そしてECLATの意志  non title


昨日は朝9時から既に暑かった・・・

そろそろ掃除後の着替えが必要になって来ました。


さて・・・



「1999年、NYチェルシーの元自動車修理工場に

川久保玲はコム デ ギャルソンを誕生させた。

コム デ ギャルソンの店舗は

ただ商品を買うだけのためにあるのではない。

新しく刺激的な体験、人は新しく強いものに魅かれると

川久保玲は実証している。」


クリックすると元のサイズで表示します




1998年、駅南の雑居ビルの5Fに

ECLATは誕生した。


周りの人たちが、

「何故こんなところに、しかも5Fで駐車場ないなんて・・・」

と大反対した。


しかしそれから19年経った今、

1Fにあって駐車場もある大多数の美容室と

私達ECLATのどちらが流行っているだろうか。


外からは確認する事の出来ない、

簡単に予約を取る事も出来ない、

そして本当に欲しい自分を実現する事の出来る

強烈な個性と力のある集団に

人は魅かれるとECLATは実証して来た。


元々自信はあった。


しかし今は確信へと進化している。


川久保氏と次元は遥かに違うかもしれないが・・・


 

3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ