hair&make&styling : matsuko

special thanks : yoshio

「e mail TO ECLAT」

2007/5/15

プロの道具  ECLAT

ECLATのお客様には様々なプロユースの商品をお使い頂いております。

特に「イオンドライヤー」「カールアイロン」「ストレートアイロン」がベスト3となっています。

「ドライヤー」(¥10,500)「カールアイロン」(26mm・32mm¥8,925)はクレイツと言う雑誌等でおなじみの、モデルやヘアメイクが多数使用しているメーカーでイオンの専門メーカーです。

「ストレートアイロン」は業務用のイオンストレートアイロンで¥15,750と言う破格の値段で、温度設定も小刻みに出来ます。

(電気屋さんで購入されるのも良いですが、プロユースの商品はやはりいいと評判ですよ。
しかもN社のイオンドライヤーなどは倍近い価格がします。)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「通常のドライヤー」
「イオンドライヤー」
「クレイツイオンドライヤー スーパーモイスト」
の加熱、乾燥による髪への負担を調べました。

通常のドライヤーで湿った髪を乾燥させた場合の髪の水分保持力を「100」とすると、イオンドライヤーでは「128」、クレイツイオンドライヤー スーパーモイストでは水分保持力が「251」という驚くべき結果が得られました。

(個体高分子電解質膜方式のオートドライデジケータを用いた強制乾燥試験による・クレイツ調べ)

※イオンドライヤーは現在大人気でメーカーが在庫欠品中です。
納期は現在注文頂きましても6月になります。
ECLATでもご注文が殺到していましてお渡しもご注文受付順とさせて頂いておりますのでご了承下さい。
ご注文はお早めに!



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

申し訳御座いませんがストレートアイロンの画像はございません。
ECLATでスタイリングの際に使用しております。
0

2007/5/15

ECLAT nailからのお知らせ  NAIL(ネイル)

ECLAT nailでは多くの方に「バイオスカルプチュアジェル」をお試し頂いております。

バイオジェルと末永くお付き合いして頂くためのお願いとお知らせです。

・施術後1週間以内で浮いたり取れたりした場合は無料でお直しさせて頂きますので取れた時点でご連絡をお願いします。

・バイオジェルを長持ちさせるには指に負担をかけない様にして下さい。
何をする時でも指先ではなく指の腹を使うようにお願いします。

・ジェルにヒビが入ったり根元が浮いて来たりした時にご自分で出来る事は、引っかかる部分はファイルで削り折れない様にバンソウコウなどを巻いて、後はサロンでお直しをして下さい。

・バイオジェルは普通の除光液では取れません。
専用のリムーバーを使用するかサロンでオフして下さい。

・長時間、水に触れていると浮きの原因になります。
食器洗いなどはビニール手袋などを着用して行うことをお勧めします。

・乾燥するとバイオジェルが浮きやすくなりますので必ずキューティクルオイルでしっかりと保湿をして下さい。
0

2007/5/15

6月の定休日のお知らせ  定休日のご案内

6月の定休日は以下の通りとさせて頂きます。

4(月),11(月),16(土)〜20(水),25(月)

16(土)〜20(水)はスタッフの東京での研修参加の為と5月の定休日の調整日として臨時休業致します。(5月は通常より定休日を減らしております。)

お休みの前後はご予約が混み合う事がございますのでご予約はお早目をお勧めします。

ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。


7月は完全に決定しておりませんが、ECLAT nailは7/8(日),9(月)は「アジアネイルフェスティバル」参加の為にお休み致します。
0

2007/5/10

ヘアデザイナー・高山 真一  スタイリスト紹介ページ

「高山 真一」

1,ヘアデザイナー

2,9/17

3,24年

4,すべて

5,Ribi松江美容専門学校


[プロフィール]
H元年より美容師を始め、大阪・松江市内の店舗に在籍。

モッズヘア松江の藤澤昭二氏に師事、店長・取締役を歴任後H10年にECLAT設立。

モッズヘア勤務時代にフランス・パリに研修に行き、デザインに対して仕事をすると言うスタンスに心を打たれ、現在の仕事に対してのスタンスを取り始める。

通常ウェットカット3割・ドライカット7割でデザインをつくり、よほど短い髪でない限り3ヶ月はデザインが崩れないと言うデザインカットを一番の得意としている。

そのカットに独自の理論でアシスタント時代から追求し続けている様々なパーマをMIXして柔らかいデザインをつくることを信条としていて顧客はパーマをかける方が圧倒的に多い。

逆に板状の仕上がりになる縮毛矯正は柔らかさがなくなるので最も嫌い、矯正パーマをかけたければ他店でかけて下さいと顧客に言ったこともある。

ヴァレイヤージュと言うフランス流のデザインカラー技法を直接学び、今もそのデザインカラーを中心に顧客へのカラーリングの組み立てを行っている。

「後ろはこれくらい・横はこれくらい切って下さい」と言われてもそれをデザインに結び付けてから切り始めるイメージ重視をモットーとしている。

出来ないと言う事がほとんどないので、逆に出来ないといった場合は本当に無理だと思ったほうが良い。

似合う髪形をつくるのではなく、どんな髪型でも似合わせると思っている。

現在、新規のお客様は承っておりません。

遅くても3週間前には予約を入れるのがベスト。



1・ランク
2・誕生日
3・キャリア
4・得意なデザインジャンル
5・出身美容学校
2

2007/5/10

夏モード  ECLAT

最近の気温の高さには驚きますね、5月初旬なのにまるで初夏のよう...

ヘアデザインも春に差し掛かった時にオーダーが殺到した「ボブ」ではちょっと重い。

同じ「ボブ」でも、カラーリングも少しトーンアップして軽くパーマで動きやウエーブを出してって感じが来てます。

ストレートで前下がりの「ボブ」は根強いですが服装を考えないとバランスが悪くなりがちです。

元々前下がりのボブはモードなデザイン、あまりにもファッションがカジュアルすぎると合いません。

私達がデザインする場合はその方のファッションもふまえてデザインしていますが、首から上と下を別に考えている方もまだまだ多い気がします。

ロングヘアーの人気は変わらずですが巻き髪ブームは一段落。

ゆるいウエーブから少し強めのウエーブまで幅広くウエーブデザインが来ています。

手入れの行き届いたウエーブデザインは女性らしさを一番強調出来るデザインだと思います。

最近になっても「リンス」しかしていないなんて時代錯誤な言葉を聞きますが、ヘアカラーやパーマをされている方、くせ毛の方は「リンス」では効果はありません。

コンディショナーでも難しい。

今や美容のプロ業界には「リンス」と言うものはありません。

自分の髪に合った、目的に合った「トリートメント」のチョイスがいいデザインへの一番の近道です。
0

2007/5/2

blog見てます!  ECLAT

今日はいらっしゃったお客様に立て続けに「blog見てます」とおっしゃって頂きました。

嬉しいお言葉です。

今ではshopがホームページにくっつけてblogなんて当たり前の時代になりましたが、ECLATはまだblogなんてあまり知られていなかった頃からホームページよりも更新がしやすくて携帯からも見れるしと言う理由で始めました。

ECLATのお客様に少しでも情報をリアルにお伝え出来たらと思っています。

「コメントはやめたわ」とおっしゃっていた方もいましたが、どんどん書き込んで下さい。

リアルなご意見でも構いません。

直接メールを頂ける方は多数いらっしゃいますが、もちろんメールでも構いません。

今後もblogを宜しくお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ