hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2004/11/28

恒例年末謝恩ECLATガラガラ抽選  ECLAT

いつもECLATに御来店頂いているお客様に一年の感謝の意を込めまして、ここ数年毎年12月に行っている「ECLATガラガラ抽選」を今年も12/1〜12/30まで行います。

今年の当たり賞品は好評の「マイナスイオンドライヤー」(プロユース)です。
今年は例年とは違い12/1〜12/30まで、なんと当たり本数の制限なしです。
この機会に是非当てて頂き、ご自宅でのヘアケアに更に磨きをかけて頂けたらと思っております。
今まで当たられた方々もドライヤー替えて傷まなくなったと言っておられます。


今年の12月の謝恩企画の内容は以下の通りです。

・全ヘアケア・スタイリング・ネイル商品 定価(税抜)より「5%OFF」
(ヘアアイロン・カーラー等の器具は対象外ですので御了承下さい。)
・マウンティンフォレストのコンディショニングシャンプー(300ml)+コンディショニングトリートメント(300ml)+スーパートリートメントの3点セット 定価(税抜)より「10%OFF」


抽選は上記割引金額にて購入されたお客様は¥5,000(税抜)に一回抽選できます。
抽選の特典として商品を値引きしないで定価にてご購入頂いたお客様に限り¥1,000(税抜)に一回抽選回数を増やさせて頂きます。
どちらかはご自分で選択できます。


賞品
当たり・マイナスイオンドライヤー(プロユース・下記※参照)
参加賞・プロポリスキャンディー
 特典・参加賞5回でアピセラシャンプートリートメントのトラベルセットと交換出来ます。


詳しくは御来店時にスタッフが御紹介致します。
新商品も多数出ていますし、通常では手に入らないプロユースのイオンドライヤーがしかも∞に...
年に一回のECLATの謝恩企画、この機会を是非御利用下さい。


※マイナスイオンドライヤーは通常の家庭用ですと最大でもイオンが100万個前後の発生量しかありませんし1200Wでも風量が弱いのですが、今回の賞品はイオン500万個の発生量で風量もバッチリです。
実際比較して見たのですが仕上がりが全く違います。
プロユースだからこそですね。
尚、業務用と言ってもご家庭でのご使用には全く差し支えありませんのでご安心下さい。
逆に耐久性に優れていますので一生物ですよ〜(^^
ご希望の方には販売もしています。(¥10,500・税込)
0

2004/11/27

技術・・・  ECLAT

最近ショッキングな事が多々あったのでここでお知らせします。(最近ECLATのお客様以外の方にもたくさん見て頂いているようなので)

最近、新規ご来店の方とカウンセリングしていると「まとまらない」と言う言葉を良く聞きます。
まあ、まとまれば新規で御来店されないのですが。
理由としてそのお客様が挙げられるベスト3は

1,自分の髪や生え方にくせがあるから
2,髪が傷んでいるから
3,髪の量が多いから
   です。

しかし、なりたいイメージとしては、
1,軽やかに見せたい
2,女性らしく小顔に
3,似合う感じでイメージを変えたい
   です。

なりたいイメージになれない理由がまとまらない理由とイコールだと感じていらっしゃるようですし、自分のせいだと思っていらっしゃるようです。
…が、ECLATはそうは思いません。
なぜに我々プロが存在するのでしょうか。
なりたいイメージに近づける為に、まとまらない理由を解消する。
すごく簡単な事です。
それが出来ていない美容師の多いことにショックを受けました。

毎日1人は必ずと言って良いほど初めて御来店頂く方を担当しますが、今日も初めて来て頂いた方にまとまらないと言われました。
見てみると…正直プロが切ったとは思えない状態。
2ヶ月前にカットしたそうなんですが毎朝時間のないのに大変だとおっしゃる。
「・・・」って感じでした。
オープンした頃に同じような内容のプロに対するメッセージをwinkに掲載して頂いた事がありますが、かなり同業の方から批判を受けました。
私共を批判されるのは構わないのですが、お客様を不幸にして欲しくない。
これが正直な願いです。


ECLATは技術に長けていると言われていますが、自分たちは長けているとは思っていません。
これが標準だと思っています。
美容師ブームは去りました。
ノリでカットしていた時代は去ったのです。
目の前のお客様がサロンを出て、本当に日常を幸せに過ごして頂ける為のデザイン・技術・知識を持つべきだと思います。


生意気言って申し訳御座いませんでした。>プロの方々
0

2004/11/26

新製品のお知らせ&お詫び  ECLAT

クリックすると元のサイズで表示します
ECLATで最上級のヘアケア剤として多くの方々にご愛用頂いているマウンティンフォレスト(MF)から新しいトリートメントが12/1より発売になります。
これは、従来のMFのトリートメントよりも効き目をパワーアップし手触り感も更に良くなっています。
入っているたんぱく質も増えていますので今まで以上に損傷や髪質を改善してくれます。
今までMF製品をご使用頂いている方は是非こちらをお使い下さい。


又、毎年恒例ですが12月はMF製品が通常よりもお得にお求め頂けるセットが発売になります。
この機会に今までMFを使っていなかった方や、より良いヘアケアをお望みの方は是非お使い下さい。



・ヘアデザイナー高山のお客様へ
 昨日は高山急病の為ご予約頂いていた皆様にはご迷惑をおかけし申し訳御座いませんでした。
 回復し、本日より出ております。
 今後も宜しくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/22

ヘアチェンジ&縮毛矯正  ECLAT

日付変わってるんですが日曜日の夜は毎月恒例のECLATスタッフ全員ヘアチェンジの日でした。

と言っても今月ガラっと髪型変わったのは「にいに」「佐々」だけで、後はカラーチェンジとカットの質感チェンジ程度でした。
「佐々」は今フジ系の月9ドラマ「ラストクリスマス」玉木宏がモチーフです。
メンズは最近もみ上げのところを薄くするのが新しいです。
言わばすっきりとした感じです。

お客様から一番リクエストの多い「Ryo」のヘアスタイルやカラーリングはホントに真似してくださる方が多いです。
今回は高山の冬のヘアカラーのテーマカラーである「ブルーベリー」「クランベリー」の内のどちらかをアレンジしましたのでご来店時に見てみて下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
お気付きかどうかは分かりませんがECLATは基本的にストレートスタイルのスタッフはほとんどいません。
街では「縮毛矯正」なんて言う美容師の金儲けの為に作られたメニューの髪型が多いのですがECLATはストレートなスタイルのスタッフがいないせいか、はた又ECLATのこだわりデザイナーの2人がストレートパーマが嫌いなせいか「縮毛矯正」される方はホントに「縮毛」でお困りの方のみです。


ECLATはストレートパーマは「半矯正」程度をお勧めしています。
なぜかと言うと「縮毛矯正」はスタイルチェンジが出来ないからです。
所謂、パーマがかからなくなる=動きが出せなくなる=軽さや表情が出なくなると言う事です。
0

2004/11/20

ECLAT 2004〜2005 newポスター完成  ECLAT

ECLATの2004〜2005の新しいポスターが完成しました。
フロント上とシャンプーブース横に掲示しています。
又、エレベーターホール前の大判ポスターも近日張り替えますので是非ご覧ください。


製作スタッフ
hair.make.nail:ECLAT WEDDING SECTION ALL STAFF
photo creation:Kaz Hino(KAZZ-NOISE)
graphic design:Joe Yabiki(Black Stars Designs)



※11月も下旬に突入して来ました。
ご予約の方も年末(12/30)に向けてかなり入り始めて来ています。
年末までにご来店をご予定して頂いている方で、ご希望の時間がおありの方やイベント等の予定のおありの方は少しでもお早目のご予約のお電話を頂ける事をお勧めします。

0

2004/11/17

イオンカールアイロン  ECLAT

クリックすると元のサイズで表示します

今、様々な女性ファッション雑誌に取り上げられ絶大な人気の「クレイツ社」のマイナスイオン・カールアイロン、ご存知の方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?
ECLATでは発売当初から業務使用していて、お客様でも沢山の方が愛用していらっしゃいます。
元々業務用品ですが、話題に上ってからは一般に販売もしているようです。
しかし、ECLATのお客様で一番使用して頂いている32mmと言うサイズは一般販売していないようです。
現在、注文しても入荷まで一ヶ月かかる状態です。
もし、欲しいという方はお早めにECLATまでお電話で御注文下さい。
(尚、予約販売となりますので御注文後のキャンセルは出来ません。)
価格は26ミリと32ミリで¥8,925(tax in)です。
サイズは19ミリ、26ミリ、32ミリ、38ミリです。
ECLATでは26ミリと32ミリを使用していますのでお申し付け頂けばお見せ出来ます。
26ミリと38ミリはクレイツのwebからも注文できるようです。
ECLATには現在26ミリの在庫が1本だけございます。(売り切れました)

※類似品に御注意下さい。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ