2019/3/15  7:22

映画を通じて  

昨夜、鹿児島の映画関係者とマスコミ関係者が会する交流会が開催されました。
私は「キネナビ」を担当しているので、初参加。
場所は、天文館の「朝次郎」というお店なのですが、
ここ、昭和の時代には映画館があった場所だったんですね。知らなかった
鹿児島有楽座ビデオカメラ
階段は昔の面影を残しています。
中に入ると・・・、一見、普通の居酒屋ですが
「ここがスクリーンだったところで、ここにフィルムが積んであった・・・」
という説明を聞いているうちにだんだん思い出してきた。
天文館が、老若男女で賑わっていたころのこと

2019/3/14  8:59

ささやかな喜び^_^;  

4合わせ

なんちゃって。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/13  14:32

鹿児島レブナイズ  

永山雄太選手がスタジオに
今週末16(土)、17(日)
鹿児島アリーナでホームゲームが開催されます。

そのお知らせ
試合のほかにも、楽しみいろいろ
16日は、試合前に鹿児島国体の競技を体験できます。
両日とも、先着400名(合計800名)に国体とのコラボTシャツのプレゼントも!
対戦相手の、東京海上日動ビッグブルーにとっては、日曜日が最後の試合ということで、セレモニーも行われるそうです。
試合後の、選手とのハイタッチも復活しますし、サイン会もありますよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/13  10:56

そら豆ざますー!  

今週の日替わりクイズDEゲームのプレゼント!
キャッホー!!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/3/12  20:46

滑り込みで  

「キネナビ」では、もうひと月も前にご紹介していたのに、やっと観てきました。
メリー・ポピンズ リターンズ
洋画は吹き替えより字幕で観たい派なのですが、吹き替え版しか上映がなかったので吹き替え版を・・・正直、半分くらいは仕方なく・・・
だったのですが、なんのなんのいい意味でびっくりさせられた
メリー・ポピンズ役の平原綾香さんのセリフと歌唱のチカラが、すんばらしく高い拍手拍手拍手。原曲の歌詞を知りませんが、日本語の訳詞も心に染み入るのであります。吹き替えはちょっとネなんて言ってごめんなさい´_`です。

この作品は、1964年の大ヒット映画「メリー・ポピンズ」の続編で、前作の20年後に、メリー・ポピンズが、バンクス家に帰ってくるというストーリー。前作に出演していたディック・ヴァン・ダイクがカメオ出演しているということも話題になりました。御年93もちろん、お年は召されておられましたが、一目でわかります。
もう一人、93歳の役者さんが出演なさってました。映画のエンディングに近いシーンで風船を売るおばあさん。『どっかで見たよ。どこだっけぇ・・・誰だっけぇ・・』と思いながら帰宅し、早速

「メリー・ポピンズ・リターンズ 風船売り おばあさん」

で検索すると・・・
まんま出てきた
(こういうとき、見えない人に対して妙な連帯感を感じるのは私だけでしょうか)
そして、アンサー

アメリカのテレビドラマ「ジェシカおばさんの事件簿」のジェシカ役 
アンジェラ・ランズベリー
だったぁ。彼女も93歳ですって。


アメリカの歌手で俳優でエンターテイナーのサミー・デイビス・ジュニアは
映画ってのは、日常を忘れさせてくれるものでなくてはならない。と言ってたと、なんかの本に書いてありました。

忘れますよー。少なくとも上映の間だけは、ヤなことすっぱり



クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ