2020/8/29  15:37

キスリング展  

いつか行こうと思っているうちに終了間近になってしまっていたので
慌てて行ってきました。
鹿児島市立美術館で、9月6日まで開催の

キスリング展
   〜エコールド・パリの偉大なる画家〜

このチェックのドレス姿の女性像が有名ですよね。
(というか、この絵と、上品そうな少年の肖像画くらいしか知らないのですが・・・)
展覧会なんて、ホントに久しぶりです。
会場は、徹底した新型コロナ感染防止対策が施されていましたので、入場するまではちょっとドキドキでしたが、あとはゆっくり堪能。
「絵を見たことがある」だけでは感じることのできないストーリーを知ることができるのが
「展覧会に足を運ぶ」良さですね。
美しく艶やかな作品の後ろにある、戦い・パッション・友情・愛・苦しみ・・・等々、会場で初めて知りました。
キスリングだけでなく、同時代の画家たちの中に、今から100年前の異国で生きた日本人も多くいました。
タイムトリップできるのであれば、こっそりのぞいてみたい世界です。




クリックすると元のサイズで表示します

チェックのドレスと、当時のパリの街をバックに写真も撮れますよ。
クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ