2021/5/22  13:10

ファーザー  

昨日から公開。
アンソニー・ホプキンスが、最優秀主演男優賞を受賞した作品なので、早く観たかった!
認知症を患う父と、その娘のストーリー…
なのですが、視点が画期的!
映画は、現実と妄想の境が崩れてしまっている父親の視点で描かれているのです。
「ウチのお父さんボケが入ってるから変なこと言うのよねー」なんて会話、珍しくありませんが、
当事者の視点だと、親しげに話しかけてくる相手の顔に見覚えがない。何度も同じこと言わせないでよ!と言われても聞いた覚えがない。誰かが私の物を盗んでいるのは間違いないのに犯人などいないと言われる。。
混沌と混乱の日々を不安と孤独の中生きている、映画を観ている私は、認知症の擬似体験をしているようで、途中で怖くなりました。
それにしても、アンソニー・ホプキンスは凄いですねー。
不安、怒り、高揚、消沈すべてが神級の仕事っぷり。
なのに、アカデミーの受賞式の時は、お家で寝てたっていうから、もー、
好き
Instagramもキュートですハート

クリックすると元のサイズで表示します

そして、、
映画の後、母の用事や買い物をし、帰宅のために車に乗ったら傘がない( ; ; )
今日の行動を遡り辿るも見つからず。。
泣く泣く傘を買うことに。
(イオンで20%引きやった)
クリックすると元のサイズで表示します

すっかり疲れて家に帰ると、
迎えてくれたのが…
クリックすると元のサイズで表示します
ハハハ
ワタシは傘を何処に忘れたのではない。
持って出るのを忘れたのだ。

あ〜、映画が現実味を帯びてきた@〜@×o×



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ