2019/9/12  6:08

劇団☆新感線  

博多座で始まった
「けむりの軍団」
観てきましたー!

時は戦国時代。
古田新太演じる真中十兵衛は、かつてはその名を轟かせた名うての軍配師で、今はやさぐれ浪人。
池田成志演じる美山輝親は、ペテン師かイカサマ師か、あるいは殿か?とりあえず今は謎の素浪人。
この二人の軽妙なやりとりが、漫才のような、、ラテン音楽のような、、とにかくなんとも小気味よいのです。
ヒロインは、清野菜名。お転婆な姫の役。その姫を守る若き忠臣を須賀健太。
新感線の舞台には欠かせない存在の粟根まことは、怪しい住職を、リズミカルに演じてます。
さらに、(噂では私生活は色々とゴタついてるようですが、)早乙女太一は、飛沢莉左衛門の役で御出演。太刀さばきの美しさと存在感には、ため息が出ます。
5時半開演、8時45分終演。
番組終了後に日帰りで行けるんですねー。新感線…、いや、新幹線様様です。




クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ