2008/7/2

1/365のとある昼休みの光景  

納会も先週終わり憂鬱な梅雨があけてきました。七夕が近いですね。函館では七夕の日には子供たちがお菓子を貰いに家々を歩きます。ちょっとしたトリックオアトリートです。僕も回りたいですが座敷わらしが見れない年齢なのでやめておきます。多分キントウンも乗れないでしょう。もしかしたらアクマイト光線で爆発するかもしれません。
それはさておき今日のお昼時は暇つぶしに農学科の授業に出たときに面倒をみてもらった1年の古川を連れてOKストアに行きました。pizzaとツブツブなんたらというねるねるねるねの亜種等お菓子を買って部室へ。帰る途中農学部で作った作物が売っていたのでトマトを1パックを買ったら教授らしき人がニコニコして古川にもトマトをくれました。教授は偉大です。
部室に入ると沖田が。pizzaを食べ始めるとサワコも入ってきてみんなで食べ始めました。沖田はツブツブなんたらに目を奪われて早く作ろうと急かします。今pizza食ってるんだよ!デザートは後だ!トマトも食べましたが真っ赤で実がしっかりしていてとてもおいしい。ありがとう農学部の教授!
さてデザートの時間です。農学科の授業を教えてくれたお礼に理工の実験を見せることに。まず中身を拡げ水を入れる・・・・水を持ってくるのがめんどいのでリンゴジュースで代替!それぞれの穴に白い粉を入れると赤くなったり青くなったり、なるほど、これは新発見だ。ノートに記しておこう。この赤い液体を青い液体のほうにスポイトのようなもので移すとイクラのようなものができた。なるほど。イクラができた・・・・と。常に沖田が唯我独尊的に指図する。彼はいつの間にやら実験監督だ。赤い液体を全てイクラに変え今度はもう一種類の粉の中に移す・・・・。そうすると完成だ。とりあえず状態を絵にする。味は・・・・甘い。なるほど甘いか!これは甘かったのか!!!!実験終了。とりあえず支部ノートの平均偏差値は上がっただろう。理工学実験を堪能してお互いの学科の授業がどんな感じかちょっと話した。自分は物理系や経済系の話はときめきを感じます。今日はこんな昼休みでした。
もうすぐ夏休みですが出会いや体験を大切に・夏休み明けは沢山の色々と変わった話をきかせて貰います。
つぶつぶ・・・・その後の名前なんだったっけなぁ・・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ