2022/3/13

ドム締め  

お疲れ様です。本日の日記は4年の松村が担当します。
先日、無事に岩岳大会が終了し、木島平に帰ってきました。ドムハウスに部の荷物を置きに行った際に、「これが最後か〜」と寂しい気持ちになりました。
その後はみんなでCN杯ソリ大会を行い、最後に良い思い出を作ることができたと思います。
そして今回のドム締めをもって僕の4年間のシャスネージュ生活がすべて終了しました。楽しかったこと、大変だったこと、辛かったこと、苦しかったこと、たくさんの時間を共に共有し、支えてくれた同期には本当に感謝しています。
後輩たちも成長しました。ついこの間入ってきたと思っていた1年生はスキー焼けをし、たくましくなりました。2年生はこの2年間で本当に頼もしくなりました。安心して部を任せることができます。
先輩方にも大変お世話になりました。下級生の頃は先輩に怒られて、へそを曲げていたこともありましたが、今思えば僕のために怒ってくれたこと本当に感謝しています。
この4年間、たくさんの方に支えられてここまで来ることができたと思っています。本当にありがとうございました。
最後になりますがこれまでたくさんのご支援を頂きましたOBの方々、本当にありがとうございました。岩岳などで結果を残すことはできませんでしたが、4年間シャスネージュを続けてきて良かったと思っています。頼もしい後輩たちが部を引き継いでくれますので、今後ともシャスネージュをよろしくお願い致します。
4年間ありがとうございました。
9

2022/3/12

第49回全国学生岩岳スキー大会  

お疲れ様です。

本日の日記は1年徳永が担当します。

3月7日から3月12日にかけて開催された第49回岩岳大会が本日無事に終了しました。昨年と比べてかなり雪が多かった上に、ほぼ毎日晴天で非常に良い条件での大会となりました。
初日の男子大回転では思うような滑りができず幸先不安な始まりにはなったものの、それ以降の女子大回転、男女回転では全員が完走できました。さらに新人戦では全員がポイントを取ることができ、非常に良い結果を残せたと思います。

私個人としては、ついこの前まで同じくらいの実力だった同級生に差をつけられてしまい非常に悔しい思いをしました。しかし先輩方を含め数多くの見本となる素晴らしい滑走を直接見ることができたのはとても貴重な経験だったと感じます。来年の目標はまず大回転で完走することを前提に、先述の同級生に勝つことです。また、回転はまだあまり練習できていないこともあり苦手意識が強いですが、4年生になる頃には胸を張って得意だ、好きだと言えるようになりたいです。

今回の大会で現4年生は実質最後になりますが、先輩方にはこの1年で非常に多くの事を学びました。社会的マナーを始め、スキーの技術や大学生活の知恵など本当に感謝しています。昨今の社会情勢も相まって例年通りにいかないことが多いですが、伝統を途切れさせないよう、先輩方やOBの方々に恥じないチームを作り上げていきたいです。
3

2022/3/8

3月合宿  

お疲れ様です。

本日の日記は最終学期に3単位残し卒業できるかびくびく過ごしていた4年池田が担当します。

最後の合宿が終了しました。2月の大雪続きの合宿と比較し、滑りやすい硬いバーンでの練習ができとても良い合宿になりました。
今合宿では4月からの下級生の進化、変化が見え、とても面白い合宿となりました。
板を履けなかった人が1人で行動するようになり、インラインスケートでは転倒続きだった人がスキーに熱中し誰よりもスキー動画を見て勉強し、レースでの失敗に悔しさで涙する人や、スキーほぼ初心者から始めた人が力強い滑りをしている姿を見るとチーム員一人一人の成長を実感し、日々良い刺激を受け続けていました。

思えば自分達4年生の代も最初は先輩にたくさんの指導を受けながら、必死に過ごしていたことを思い出します。同学年の仲間には、きつい言葉を言うこともありました。
そんな自分らも全員の卒業及び次年度の進路が決定し、来年からは各地で離ればなれで自分の選んだ進路の下生活することになります。
大学生活本気で取り組んだアルペンスキー、4年間同学年と過ごしてきた集大成を岩岳で発揮できるよう最後まで頑張ります。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ