2012/12/3

伝統の一戦  

12月2日国立競技場にてラグビー明早戦が行なわれました。この試合が記念すべき100戦目です。勝てば14年ぶりの優勝が決まるとあって、明治側のスタンドは満員です。試合前からスタジアムは熱気に包まれていました。

そしてキックオフ。
序盤は明治の鮮やかなプレーでトライを量産し、6点リードで前半を終えます。後半は早稲田の意表を突くプレーや明治のミスなどで逆転を許し、13点までリードを広げられます。時間も迫りミスが許されないなか、早稲田ゴール前での緊迫した攻防戦が繰り広げられます。そしてロスタイムについに劇的逆転トライで明治が勝ち越しノーサイド。その差はわずか1点。記念すべき伝統の一戦にふさわしい感動的な試合になりまし
た。試合後も興奮は冷めず、知らない人も混じって校歌を熱唱してました。一体感半端なかったです。明治最高です。超楽しかったです。来年もまた見に来たいです。明治にはこのあとも勝ち進み大学日本一になってもらいたいです。

以上、元ラグビー部の一年千葉でした。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ