2008/10/27

和泉杯  

御茶ノ水リバティタワー地下体育館にて和泉杯を行いました

和泉2チーム、生田4チームに分かれ、朝早くの集合を感じさせない白熱した戦いになりました

決勝は生田対決になりましたが、決勝に至るまでの緒戦は、1ゴール差のものもあり、終了のブザーと同時に決まるゴールもあり、接戦や劇的な試合も多くありました。

今年は生田が早くから自主トレをし、中には最初は全然うまく行かなかったのに本番で大活躍をした人もいたとのことで、そういうエピソードを聞くと、和泉は生田に勝利への執念という部分でも今回は負けていたのかと反省させられます。

昨年の群馬杯獲得が、幻のものとならないよう、和泉は今回の敗北から多くを学んで次へのバネにしていきます。


今回の大会で、自分が嬉しかったことがあります。

1年生の何人かが試合の合間に、自主的にモップで床の汗を拭いていたこと

自分の分担外なのに、審判など積極的に協力する姿勢が見られたこと

例年になく落ち着いた試合で、フェアプレーの精神が感じられたこと

これらの結果として今年は大きな怪我人が出ず、試合もほぼ予定通りに進み、余裕をもって大会ができました。

些細なこと、当たり前のことなのかもしれないですが、こういった小さなことの積み重ねも岩岳の結果に繋がるのがシャスだと思ってます

まだまだ未熟な部分はあるものの、成長は感じられて岩岳へ向けて自信を持てるチームになっていきそうです

ジョウショウすることを忘れずに。



飲み会の方は、1次会はシャスの飲み会にしては珍しい少しオシャレな居酒屋で、3時間がっつり飲みました。

2次会には尾沼氏、志賀氏、千葉氏、坪野氏がきてくださり、現役からも1次会以上に楽しそうな表情が見えました。

OBの方々、ありがとうございました。


現役はいよいよオフも終わりが見えてます

ラストスパートを決めて、シーズンに良い形で入っていきたいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ