2019/5/27 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/5/7 | 投稿者: pdo

新R25のインタビュー記事を転載(5/7(火) 13:00配信)
クリックすると元のサイズで表示します
『エンタの神様』などのお笑い番組で、「ヒットエンド、ラ〜ン」と耳に残るネタを披露していた鳥居みゆきさん。
近年、舞台や映画、ドラマで女優しても活躍しており、現在放送中のドラマ「元町ロックンロールスウィンドル」では、なんと主演を務めています!
 ただ、白のパジャマ姿で叫んでいるイメージがあまりにも強烈すぎて…なぜ彼女が女優になったのか、ちっとも想像がつかないんですよね。
今回はご本人に、芸人としてブレイクした当時のことから、女優業のことまで、キャリアについて「まじめに」語っていただきました! 知られざる“鳥居さんの頭の中”…必見です!
〈聞き手:ライター・森伽織〉

森: 早速ですが、鳥居さんはどうしてお笑い芸人になろうと思ったんですか?

鳥居さん:
友達が欲しかったんです。


私、なんでかわからないんですけど、近寄りがたい人って思われがちで、高校3年生まで友達が全然いなかったんですよ…

森:
(なんとなくわかる気もするけど…)どうして近寄りがたいと思われてしまってたんでしょう?

鳥居さん:
私、「納得しなきゃ前に進めない性格」なんです。先生によく怒られてて、同級生から変わった人認定されていたのかもしれません…

たとえば、1×0の答えが0なことはわかるんですけど、理解できないから答えたくないんですよね。

だって、目の前にあるお茶のペットボトル1本に0をかけても、そこにあるじゃないですか!!! ていうか、0をかけるってどういうことなの!?って…

森:はあ…(たしかに近寄りがたいかもしれない…)

鳥居さん:
でも、まわりに思われているよりは、フランクな人間なんです。

それで「こんなにおもしろいこと考えているんだよ」ってことをわかってほしくて、自分の考えを表現できる場がほしいと、お笑いを始めました。

森:
あの、パジャマ姿で「ヒットエンド、ラ〜ン」と叫ぶ独特のネタは、どうやって生まれたんですか…?

鳥居さん:
私はとにかく、自分の考えたものを表現する「単独ライブ」がやりたかったんです。

そう話していたら、髭男爵の男爵(山田ルイ53世)に「単独ライブをやりたいって思うなら、まずはとにかく売れることを目指せ」って言われて。単独ライブを開くためには、お金が必要。売れなきゃいけないぞと…

そして売れるためには、「お前が一番やりたくないことをやれ! テレビに出ろ!」と言われたんです。

まずは「自分のやりたいこと」を一回置いて、テレビで売れなきゃダメだと。

森:なるほど…そう言われて、素直に受け入れられるものですか?

鳥居さん:
いや、まったく。

自分がやりたくないことをして、世間にそういう人だと思われるのも嫌だし…

だから「できません!」って反発したんですけど、男爵(山田ルイ53世)も負けじと説教を続けてきたんですよ!

全然折れてくれないから、めんどくさくなっちゃって…

先輩って、とりあえず「わかりました!」って返事しとけば納得するでしょ? だから、その場しのぎで納得したフリをしたんです。もちろんネタは作らず。

森: 学生時代と変わらず、納得できないことはやらないスタンスを貫いたんですね…

鳥居さん:
でも、それからすぐに事務所ごとに開催されるお笑い番組のネタ見せオーディションがあったんです。そのオーディションの参加者一覧に髭男爵がいて! 「ヤバイ!ネタつくってないのばれる…」って、前日に超焦りました。

急いで「自分がやりたくないようなネタ」をつくらなきゃと思って…

それで、自分が当時やりたくなかった「目立つ格好」と「リズムネタ」を詰め込んでできたのが「ヒットエンドラン」のネタ。

今となっては、そんなことはなく愛すべきネタですけどね。

テディベアも、白いパジャマも家にあったやつ。ほんとに即席で作りました…


森:「やりたくないこと」を結集したのがあのネタだったんですね!!

でも、どうして「目立つ格好」と「リズムネタ」が嫌だったんですか?

鳥居さん:
当時、「とりあえず目立つ衣装でリズムネタやっとけばウケるだろ」みたいにやっている芸人が多すぎて…

オリジナリティがないじゃないですか。


森:なるほど…もしかして白紙のフリップを使ったネタも、「フリップネタ」をやりたくなかったから…?

鳥居さん:
そうです。あれは「フリップネタはもう終わりだぞ」という私なりのメッセージでした。

フリップに文字を書いて、めくって…というだけでネタをつくった気になるのは怠慢だなって。

でも、プライドを捨ててやりたくないことに挑戦したのが、結果的にやりたいことへの近道になったから、ほんと男爵には感謝しています。

飲みの席だったから、本人はアドバイスしたことを覚えてないらしいんですけど(笑)。

テレビに出たおかげで、単独ライブもできましたし、芸人以外でやってみたいと思っていた構成や企画、演出のお仕事もできるようになりました。


森:そこにも興味があったんですね…! それもやはり、鳥居さんなりの「おもしろい」を表現したかったから?

鳥居さん:
いや、「自分の考えた通りに人を動かせるから」です。

全部自分の思い通りになるなんて神様みたいですよね…「疑似神様」…


森:そうなんですね…(そんな動機あるのか…)

鳥居さん:
でも、35歳になってからは「やりたいこと」以外にも挑戦しているんです。

森:
35歳のときになにかあったんですか?

鳥居さん:
私、子どものころからずっと「35歳で死ぬ」と思ってたんです。

35歳で死ぬつもりで活動してたんで、それ以降は私にとっては余生なんですよ


森: 早くないですか!?

鳥居さん:
35歳までは「自分が自分が」って我を通して、全力でやりたいことをやってきた。

だから35歳になった時点で、自分の人生にはすでに満足していて…今はどうせおまけの人生だから、人のために生きよう、事務所に振られたこともやってみようって思うようになったんです。


森:
それで女優としてのお仕事も増えていると…でも、これまでの自分を通す生き方から、人に求められたことに応える生き方に急にシフトするって、ストレスを感じることはないんですか?

鳥居さん:
それが、人のために何かをして褒められるって、意外と心地いいんですよ。

以前は「自分がオファーされたんだから、自分を出さなきゃ!」って思いながら演技していたんですけど、最近は演出家さんが表現したい作品を忠実に届けようって考えを改めました。

そしたら、「ありがとう」って言われるようになって…


森: 素敵…!

鳥居さん:
「意外と優しいんですね」って言われたり、舞台の共演者からLINEグループに入れてもらえるようになったりしたんです!

今まではそんなことなかったので、なんか新鮮で…求められるってうれしいものですね!


森: 芸人になるきっかけの「もっとフランクに話せるよ」というのが、伝わったのかもしれませんね!

鳥居さん:
まあ…でも、私そういうのダメなんですけどね…


森:え?

鳥居さん:
いや、親しみを持ってくれるのはありがたいんですけど、なれ合いとかは苦手です。

「温泉に行きましょう」とか、言われるけど絶対無理! 無防備すぎる! 逃げられない!せめて足湯が限界です!

だから、舞台の千秋楽が終わったら速攻でグループ退会します。儚い夢ですよ。


森:ブレないところはブレないんですね…(いい話だったのに…)

「人のために生きている」ということは、ご自身のやりたいことは、もうないんですか?

鳥居さん:
単独ライブはこれからも続けていきたいですね!

たぶん人の要求に応えられるのは、自分がやりたいことを発散する場があるおかげで、心に余裕があるからなので。

今までは自分のことばかりだったけど、これからは「自分のやりたいこと」と「人に求められてやること」の比率を調整して、バランスを保てたらいいかな。

森:いい仕事のためには「やりたいこと」と「求められること」のバランスが大事なんですね。

鳥居さん:そうですね。

あとはいろいろな方法で自分を表現していきたいですね。表舞台に立つことだけに限らず…

最近は、特殊メイクにもハマっていて、裏方として呼ばれることもあるんですよ。


森:ええ! どこまで多才なんですか…

鳥居さん:
そういうとき「出演じゃないのにごめんね」って言われるんですけど、私はそうやってわかりやすく求められることがうれしくて!

「よ〜し、人のために頑張るぞ!」って気合が入ります。

自分がやりたかったことは、もう充分やらせてもらったので、これからは「疑似神様」ならぬ、「疑似マザーテレサ」として生きていきたいですね!
0

2017/6/24 | 投稿者: pdo

さいきん可愛くなりすぎてませんか?

いや全然いいんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

1

2017/2/28 | 投稿者: pdo

久しぶりに鳥居みゆきのがっつりしたインタビューがヤフートップに載っていたので備忘録代わりに。



鳥居みゆき、舞台にこだわる訳 生に対する葛藤も「まだ、やり残したことがある」

「舞台って、何でもできる訳じゃないんですよね。ここで、空から何かを降らせるとか、そういう演出も難しかったりするじゃないですか。私は制限がないと…不自由な中じゃないと自由はないと思っていて、舞台はまさにその状況なので、やりがいがありますね」。

こう話すのは今回、実際の事件を基にした舞台『女王と呼ばれた女』で主演を務める鳥居みゆき(35)。テレビで活動しながらも、最近では舞台にこだわり、自らのありあまるエネルギーを体いっぱいに表現する鳥居の、今作にかける思いに迫った。

同作は1940年代に起きた「アナタハン事件」がモチーフとなっており、太平洋戦争末期の1945年にアナタハンと呼ばれる島に、鳥居演じる和子と12人の男が漂着。和子は、自分や食料、残された一丁の拳銃をめぐって争う男たちの性格を見抜き、次々といろいろな顔を使い分けて翻弄していく。木村多江主演の映画『東京島』をはじめ、アナタハン事件を題材にしたさまざまな映像作品が存在しており、今回の役作りの参考にしようとしたそうだが…。

「アナタハンの映像や『東京島』とかも出ているので、TSUTAYAに行ってみたんですけど『あ』の欄を探していたら、見つけられなくて…気付いたら『う』のところに行っちゃって『ウォーキング・デッド』を借りて、今シーズン3まで観ました。おかげで、ゾンビの完成度が上がりましたよ。えっと…何の話だっけ? あーアナタハンか(笑)」。

多重人格者として、男たちを虜にする“魔性の女”和子の生き方には「逆に言えば、すごくピュアなんだと思う。器用な人って、本当に普通に生きられるので、もがかないと生きられないという気持ちはわかります」と共感しながら、様々な“顔”を使い分ける怪演にも自信をのぞかせる。

「私、友だちがいないんですけど、ボーリングをやってみたかったので(プレーヤーを)『鳥居』と『みゆき』に分けて(1人で)やってみたことがあって。その時は人格を使い分けて、脳内で会話をして、脳内でハイタッチとかしていましたね。だから、今回も使い分けられるんじゃないかな」。

舞台を引っ張っていく“座長”としての思いを聞くと「えっ座長? 嫌なんですよねー。私そういう引っ張ったりとかできないです」と首を横に振るが、共演者たちに厳しくも優しいまなざしを向けている。

「若さが売りだって言う子がいたんですけど『若さが売りなんだ…ちょっと傷ついているよ、私』みたいな。でもね、そう言った彼が、最終的に本番が終わった時に、若さよりも売りになるものができていたらいいなとか思いますけどね。親心というか、若さって本当は売りじゃないから。イケメン俳優が『顔が売りです』って言っても、そんなの腐るほどいるから。イケメン俳優はイケメン俳優として、自分を納得させていたらダメなんですよ」。コント、著書、映像、そして舞台とさまざまな場所で強烈な個性を発揮し、自らの可能性を広げてきた鳥居だからこそ、その言葉に重みが増す。

テレビと舞台の表現の違いでは「ルールって壊すものじゃん? そこのギリギリのところ、放送コードがあったとしたら、いかにそれを延長コードにするかっていう作業が面白い」と笑い飛ばすなど、こちらの意図を汲みつつ話を脱線させながらも、しっかりとオチをつけ、時おり“本音らしきもの”を紛れさせる。そんな鳥居のウィットに富んだ小気味良い受け答えには心地良さを感じるが、自身のネタを披露する時にも、その方法を応用しているという。

「コントの時は、ここだっていう時にバッてお客さんの方を見ながらやります。私のネタは文字数が多くて、内容がわかりにくいだけに、『ここですよ』って提示しないと難しいところがあるので…。逆に、流していいところはわざとサッと言ったりしていますね」。

今回の舞台では“生と死”がテーマとなっているが、鳥居も自身のライブで同じことを問いかけてきた。

「死をテーマに毎回ネタを書いてきたんですけど、よく考えてみたら『生きる』ということがテーマだったんだと気づいた。生きることの延長線上に死があるんだっていうことに気付いたので、この間の単独ライブは、そこを表現しました。やっぱり、生きたいとかっていう気持ちはたぶん…同い年の人よりは感じているはずなんですよ。死にたいって思うときほど生きたいじゃないですか、そこは私しか表現できないと思います」。

インタビューなどでは、よく「私、35歳で死ぬから」と公言している鳥居だが、来月18日には36歳の誕生日を迎える。その5日後に始まる今回の舞台は、まさに「新生・鳥居みゆき」が見られる絶好の機会となるが「もしかしたら、廃人になっているかもしれないですね。それに、私はまだ今年も28歳の誕生日イベントやりますから!」とくぎを刺しながらも、現在の胸の内を打ち明けてくれた。

「何かやっぱりね、生に対する葛藤はありますよ。いつ終わっても恨まないでいます、私は。やりきったと思うように生きますわ。35で死ねなかったのは、なんでだろうと思いますけど、それはそれなりにまだやり残したことがあるんでしょうね。だから、今回は私なりの色が出ればいいなと思います」。その目は、しっかりとこちらを見据えていた。

クリックすると元のサイズで表示します

■『女王と呼ばれた女』

出演:鳥居みゆき、馬場良馬、三谷怜央(龍雅-Ryoga-)、中村太郎、江原蓮、室屋翔平、ワダタワー、バブリーナ、東谷英人、大原研二、高橋義和、澤田慎司、岡本陽介、伊東潤、お宮の松
場所:東京・新宿村LIVE
日程:3月23日〜26日
0

2017/1/29 | 投稿者: pdo



中野ブロードウェーのタコシェで『AX』第111号を買う。「美代子阿佐ヶ谷気分」が有名な安倍慎一特集。つげ義春のインタビューも載っていてお得。「無頼の面影」というアベシンの短篇はつげ義春の「海辺の叙景」を思い出した。

抒情にはストーリーは必要ないと改めて知る。

つげ義春もインタビューの中でこう語っていた。

アベシンの良さは、なんていうんだろう、表面的な、何かストーリーに沿って人物の内面を描くとかっていうんじゃなくて、アベシンそのもの、魂がこもっているというか、その点がいいなと思うんですよ。

掲載作品はそれぞれ面白く、具伊井戸夫「僕のやさしい魔女たち」が秀逸。

夜はネットテレビで「秋田県の魅力」を語る鳥居みゆきを見て、のん(本名:能年玲奈)との共通点をまた一つ見つけた。

二人とも足を開きすぎ! せっかくのいい女が台無し! でも、男の目線に媚びないそんなところがまた魅力!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ