2019/10/20 | 投稿者: pdo

※『じゃりン子チエ』というマンガに興味のない方はスルーして下さい。

20年くらい前に、『じゃりン子チエ』について色々と妄想や考察めいたことを書き連ねたことがあるのだが、そのときに書き残したことを思い出したので忘れないうちにここに記す。

さて、ここで取り上げたいのは、『じゃりン子チエ』の中でも最も異質の挿話と言える、「レディー幕ごはん」のエピソード(単行本9巻)である。

レディー幕ごはんとは、チエのおバアはん、菊の幼馴染みの女性で、小学校の遠足でいつも幕の内弁当のような豪華な弁当を持ってきた彼女につけられたあだ名だ。実際の彼女の家庭は貧しかったのだが、親が見栄を張って豪華な弁当を持たせたのである。

彼女は少女の頃は菊らと一緒に不良のような生活を送っていたが、大人になって、日本舞踊やピアノやさまざまな技芸を身に着け、金持ちの世界に取り入るようになり、闇の世界に染まり、詐欺の罪で何度も服役するまでになる(その事実はエピソードの最後になって初めて明らかになる)。彼女は、『じゃりン子チエ』の世界の中でも、究極のアウトローであり、健全な市民社会を完全に踏み越えた存在である。

レディー幕ごはんは、数十年ぶりに西萩を訪ね、今度金持ちの男の金でハワイの別荘に移り住むことになったから、渡航記念パーティーを開くので菊やミツルの母に来てもらいたいと話す。

菊たちは、幕ごはんの過去の噂を知っており、躊躇しながらも、彼女の気持ちに応えようとパーティーに参加することを決める。チエも誘われてついていくが、花井やヨシ江に声がかかることはない。幕ごはんという人物に何となく異様なものを感じたチエは、ヒラメも誘わない。一方、テツは、幕ごはんに気に入られ、何度もホテルのレストランなどで食事をおごってもらうなど、かなり親しい仲になる。テツはカルメラ兄弟やお好み焼き屋のオヤジを引き連れてパーティーに参加する。

パーティーは、「今日は自分の好きなようにやらせてもらいたい」という幕ごはんの挨拶で始まり、テツたちの調子が出てくるにつれて、次第に常軌を逸したものになっていく。呆れた参加者たちは次々に帰っていき、最後に残ったのは、菊にミツルの母親、チエ、そしてテツの仲間たちだけだった。彼らが西萩小学校の校歌を歌いあげて、この奇妙なパーティーは幕を閉じる。

ミツルは、パーティーの冒頭に、幕ごはんから何かを耳打ちされ、ショックを受ける。彼はこの席には参加していないことにする、とチエに告げる。

パーティーが終わった翌日、幕ごはんこと咲村君代(前科24犯)が詐欺で逮捕されたと大々的なニュースが報じられる。グランドホテルで夢の大パーティーを開いていたところを、警察(ミツル)が踏み込んで逮捕したということになっていた。

このエピソードが、『じゃりン子チエ』の中でも異質な印象を与えるのは、レディー幕ごはんという、明確に一線を超えた反社会的な存在が、本質的に『じゃりン子チエ』の作品世界にそぐわない、という感覚を読者の中に呼び起こすからだろう。

『じゃりン子チエ』の作品世界にとって欠かせない「ヤクザ」という存在は、作品における「猫」と同じくらいに純粋なファンタジーであり、テツにいいようにどつかれ、金品を巻き上げられても、本気でドスや拳銃を持ってテツに復讐したり殺しに来たりはしない。つまり、『じゃりン子チエ』の世界では、ヤクザも最低限の社会性を踏み越えることのない存在として描かれている。

しかし、幕ごはんは、『じゃりン子チエ』の登場人物と関わりを持った、初めての「リアルな犯罪者」である。だから菊やチエは戸惑うしかなかったのだし、花井やヨシ江は関わることすらできなかったのである。テツと幕ごはんの関係性も、純粋なファンタジーであり、具体的に描写することも、作品の中で発展させることも不可能であった。

作者はなぜ、この異質なエピソードを描いた(描きたかった)のだろうか。一説によれば、レディー・マクグーハンという人物の実話を元にしたとか、そういう登場人物の出てくる物語があるとかないとか。ある種のオマージュだったのだろうか。

ともあれ、『じゃりン子チエ』の中で、真の「闇の世界」を垣間見せたのは、このエピソードだけだったといえるかもしれない。
3

2019/10/15 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

この表紙に惹かれて購入。

『じゃりン子チエ』は自分にとって思い入れのあるマンガの一つ。

チエやテツやヨシ江はんやおばあはんや花井センセやヒラメちゃんは言うまでもないが、

中でも猫の小鉄はあらゆるマンガのキャラクターの中で一番好きかもしれない。


たぶん誰も共感してくれないと思うが一応書いておくと、

今をときめくTWICE(トゥワイス)の浪花三人娘ミサモを「じゃりン子チエ」の登場人物に当てはめると・・・

サナ=チエ

ミナ=ヨシ江

モモ=ヒラメちゃん

(ももりんのファンの方はごめんなさい。もちろんモモは最高に美人です)

0

2018/1/13 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに『マカロニほうれん荘』を一気読み。

改めてきんどーさんが40歳(自分より年下)であることに衝撃を受ける。

きんどーさんには娘がいて、大学生の頃に当時同級生だったクマ先生と一緒に竹の中から見つけたのだが、大人になってから一度だけほうれん荘に会いに来て、UFOに載って去っていく。

トシちゃんの母親はカンガルーで、父親は金星人である。

個人的に一番好きな絵柄はコミックス単行本の第5巻から第6巻にかけて。話のクオリティもこの頃が一番高い気がする(初期のスピード感ももちろん素晴らしい)。

自分が二次元のキャラクターに本気で恋をしたのはこのマンガの姫野かおりさんだけである。

このマンガの素晴らしいレビューサイトを見つけた

このサイトは1〜2年間で閉じる予定だとのことなので、今のうちに保存しておくべし。
0

2016/10/2 | 投稿者: pdo


デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 5 (浅野いにお、ビッグコミックススペシャル)

最新刊購入。

現代日本の断片を風刺的に切り取ったディストピア物としてよくできているなどと紋切り型の感想を述べてみたくなる出来だ。

10代・20代を中心にカリスマ的人気を誇る漫画家、浅野いにお。2010年には、「ソラニン」が宮海△�ぜ膠蕕捻撚莢修気譟�腓C箆誕蠅箸覆辰拭总之,拥有四千年悠久历史的贵国,如今终于走出了这一百多年的阴霾,再次以鲜明的大国之姿荣登世界顶端。就连一贯目中无人的美国,近年来也明显对贵国客气了许多,这让我们都倍感痛快。
 当年孙文先生流亡到日本,在面对一直支援自己的日本国家社会主义者们的演说中说到“与欧美列强霸道的文化不同,东方的文化是王道的文化”(国家社会主义者们十分感动,一想到没能推翻一味向欧美列强的霸道靠拢的日本政府,又为自己的无用感到羞耻,不禁潸然泪下)。贵国不但继承了孙文先生以及十分敬重孙先生的毛泽东先生的遗志,并且一直提倡王道理念的源头,即孔子先生的思想(笔者自身也是东夷村夫,消息稀疏落后,冒昧的问一句“批林批孔运动”是否已经结束了?),这样一个国家自然摒弃霸道文化追求王道文化。美帝国主义提倡的欧美派“自由民主主义”价值观只是听起来好听,归根结底不过是霸权的一种,是美帝国主义向全世界强行输出军事力量的借口,对此我们也是绝不姑息的态度,而对于如今逐渐拥有足以与美国对抗的充分国力的贵

(通过添加手绘精品)事故发生时,想要把模拟元件。 (浅野)

我在做一个偶然的机会,使读者未来的机会。 (浦泽)

一个重要的我的机会,我的事情太多高质量的,大家不要出奇的需求。 (浅野)

掌握笔尖,我非常做吧,绘制直线一边说日冰,其实,已经成为个性。如果太好行是熟练,我不知道别人已经成为一个秘密的感觉。 (浦泽)

但数字的,我可以得出,因为“完成清洁曲线”,另我它,在计算中,因为它是可以由下式表示的线,成为任何人都可以重现线。
导致不规则十日差错部分是每个图象的个性。 (浅野)

在浅野的情况下,从采访,景观是有纺出的故事走去。 (浦泽)

好了,上有一个叫做镇为一个阶段的事情,因为谁住在这里的人的顺序。在领先向着风光十日的背景下,谁在那里,而也有主。 (浅野)

怎么不把字符的字符。例如,字符的偶数的名称,或有一个叫做我不想真正决定的地方。 (浅野)

什么名字,就知道是真的肮脏的工作。 (浦泽)

这个名字觉得我说的那里,如果简单化。对于这个故事,或作者一边是干扰有多大,这是不是成为一个问题。如果太想笔者,对于那些谁读或者说,它是烦人。 (浅野)

通过使用数字,乐趣一旦你有了新画面的表示。做,不舍得。(浅野)

只是,给观众的哈希值,我因为。 (浦泽)

好了,终于被你逗乐,这么好的读者给我。 (浅野)


(参考:上記会話の日本語訳)

事故が発生したとき(手描きのブティックを追加することで)、我々はコンポーネントアナログたいです。 (浅野)

私は、将来の機会の読者を作るチャンスをしていました。 (浦沢)

私のための重要な機会は、私は、我々がない驚くべき需要が高すぎるんです。 (浅野)

HIHIを言いながら直線を描く、私はそれを行うには、先端部を持ち、実際には、それが個性となっています。行が熟練あまりにも良いであれば、私は他の人が秘密の気持ちになってきているのか分かりません。 (浦沢)

しかし、数字は、それが表される線であるので、私は計算で、それを持っているし、他の「クリーニングカーブを完了するために "ので、私は、描くことができ、誰もがラインを再現なることができます。
原因不規則な性格は、各画像の第十エラーの一部です。 (浅野)

浅野の場合には、インタビューから、風景は物語の周りに回転されます。 (浦沢)

人々ためにここに住むので、まあ、舞台ものとして知られている町があります。 10日にあった背景に風景に向かってリードしたが、主人もあります。 (浅野)

どのように文字の文字を行います。例えば、偶数文字の名前、または私は本当の意思決定と呼ばれる場所を望んでいません。 (浅野)

名前は何、私はそれが本当に厄介ですね。 (浦沢)

単純化した場合、私は、そこに言った名前。この物語、作者、または一辺が多くの干渉があるため、これは問題ではありません。私もしたい場合は、読んでいる人のためかということ、それは迷惑です。 (浅野)

デジタル楽しみを使用することにより、新しい画面と言ったら。喜んで、しないでください。 (浅野)

しかし、観客のハッシュ値を考えると、私がいました。 (浦沢)

さて、最後にあなたが面白がって、そのように私によいリーダーを与えます。 (浅野)
0

2016/9/29 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します
継続の前の洗脳。最悪の部分に、殺人の話は少し本当の思考だったということをインタビューで述べ、著者に、何かが、起こった。

しかし、これは深刻で、「実際に」セクションを除いて、これより低いかまたは異なっており、残酷な会話のようなものは、テキストは水と混合され、影響を受けているものは何もない。これが行われているが、それは準備ができているという事実は、通常気になるまで肖像画であること。

第一に、主要なアイデアは漫画に基づいているとは考えにくい。それは、例えば、これらのタイプの違いのために、暗闇の中で毎日金と一緒に破壊されたため、唯一の「本当の」という意味だ。振動を借りるより結果。

そして・・・とにかく、彼は前に気分ではなかった、女性が悪い違う気分であるという意味で、却って疲れて見えない不自然な嫌悪が生じた。

整合性は、他の多くの方法で動作してしまう。拾うことができるかもしれないように、それはますます困難になってきているが、完全に無駄になるために完了しなければならない農場を購入する必要があるのだ。私たちはそれを、家族へのオマージュと結論づけた。また、代わりにストーリーの詳細をフラッシュされるのは、ウィキペディアの書き込みを見ての印象を持っている。

今までが、エドを描いている漫画、今回、「カーン脳」感のあるまともな研究まで、そのような努力を経験していなかったことは確実だ。 抑圧、殺人に、指導者を投獄、それだけで下品な読者が幸せに感じている。

過去の歴史、憂鬱の歴史は、「現時点では、私たちは維持するために管理していると思うかのようにそれを何ですか?」などと救いがあるシーンがあることを願って臭い。

一定期間内の黒チキンは完了していない。 私は漫画がウィキペディアの単なるコピーではないことを願っている。そして病気。疲れていると冗談を読み取ることができないときは、良い感じ。

すべての注意の最初の「悪いイベント」―――しかし、それは意味が実際に厄介な事故が楽しみに発生していないことができた。

たとえば、最後の瞬間は、金融の嫌な話が間違って取得するまで、物語は最後の瞬間に発展させたとして、ヤミ金融の時点で、それは振る時が来たか? 終了後、ネクタイダークゴールド、唯一の点がないとして債務者は、退屈さ99パーセントで登場。

迷惑エピソードは最高潮に達した。

債務者に対する宣伝のように、目の上にあるように、彼自身が、輝きをあなたの視点を与えることができない。その後何も、身体が、このレビューための「あなたがお金を持っている場合、我々は死者を処理する」キラーを発見した。

(あなたは何でもうそをつくことができますが、あなたは何を知っていません)

外観は、担保ではなく「読みやすい」と漫画の事件が嫌だ。どのように私は当事者がスムーズに表すと思い、あえて画像の一部が少し狂っているので。私は最終的にこの漫画を試すので、それは、病気だか、傷つけるかどうかは、私の考えだった。

そのうちのいくつかはここに真実を知っていない。実際には、詐欺?で説明するのか分からないが、私は知らない。ケースの当事者のうちのいくつかは、ほとんどだと思う。

あなたが報告する接着剤のような場合、そのような手紙を送るなどの歌手と話をする不運。
ああ、また、債務問題である。あなたの訪問を取り除くと職場、さらには読者が抽選で販売されるのだが(私はまだそれを考える小学生の女の子の前でフィニッシュラインに売却ここに来てOK時間)、大きなYO!この時。無責任なホワイト。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ