2021/9/16 | 投稿者: pdo

昨日はワクチン2回目接種後の副反応で39.2度の熱が出て、横になりながらiPadで「三島由紀夫VS東大全共闘五十年目の真実」をアマゾンプライムビデオで見た。あれを見て「三島由紀夫カッコ悪い」と思う人はあまりいないのではないか。逆にイキってるだけの全学連の学生連中が今も生き恥をさらしてインタビューに答えているのがこの上なくカッコ悪い。アマゾンのレビューで多くの人がそのことをきっちり指摘していたのに納得した。特に芥正彦とかいう劇団をやってる男の惨めさといったらない。こいつをカリスマのようにして崇めている連中がいるとしたら、そいつらが一番カッコ悪い。もちろん全共闘が終ってサラリーマンになって今は会社で幹部クラスになっている人間は論外。そいつらのせいで今の体たらくになり、日本は終わった。

三島が自決した時点で既に日本は終わっていたのであり、それ以後はまったく空虚な生き恥をさらしているに過ぎない。日本人であるということは、その歴史を担って空虚な生を生きるということだ。芥正彦はインタビューの中で俺は日本人じゃないから、などと詭弁を弄していてそれがこの映画の一番象徴的で一番醜悪なシーンであった。全く胸糞が悪くなるような映画で、観た後には自分も思わず自決したくなるが自分には幸いそのような度胸も真剣さもないのであった。
0

2020/12/18 | 投稿者: pdo

セルゲイ・ロズニツァ監督『国葬』を見た。

スターリンの葬儀に参列する群衆の表情をひたすら映し続けるドキュメンタリー。

資料映像としての価値。

梯久美子『狂うひと』を読んだ。

『死の棘』の作者島尾敏雄とその妻・ミホの神話に楔を打ち込む傑作文芸ノンフィクション。

今日は、『私をくいとめて』を見に行きます。

※見てきた(テアトル新宿16:00〜の部。客入りは半分くらい。)

感想は後程。
0

2020/4/20 | 投稿者: pdo

前々回の記事で紹介した夏川結衣さんの「結婚前夜」の動画はNHKから削除通知があり削除された(※その後アカウントごと削除されました)

NHKは、夏川結衣の「結婚前夜」を再放送もせずDVDにもせず有料コンテンツ化さえ怠るという重大な職務怠慢を続けている。

政府が外出自粛を国民に要請し、テレワークやウェブ会議やネットコンテンツの充実が喫緊の課題である現在の情勢下において、NHKは、少しでもSTAY HOME環境を改善しようという(受信料をきちんと支払っている)私のささやかな試みを潰すことにのみ精力を傾け、肝心な本務を怠っている。

私はN国党を支持するものではないが、NHKからこのような不当な仕打ちを受けることが繰り返されるならば、この官僚的腐臭を放つ組織に正義の鉄槌を下すための行動に移ろうと思う。
1

2020/3/6 | 投稿者: pdo

細野晴臣のドキュメンタリー映画『NO SMOKING』がとても良かったので忘れないうちに書く。

数日前からなんとなく細野晴臣の本を読んだり音楽を聴いたり集中的にしていたら、ネットで検索するとこの映画が都内では見れる最後の機会だと知って、これはいくしかないと。

生い立ちから2019年の海外でのライブの様子まで、時折シュールな映像も織り交ぜながら、あっという間の1時間半だった。

とにかく音楽が最高なので、細野さんが映って演奏が流されれていれば最高の映像になるしかないのだが、とにかく素敵な映画だった。

昔『忌野旅日記』の中で、清志郎は細野さんのことを「シャイで、どんなに勧めても歌うのを恥ずかしがった」と書いていたが、この映画の中では細野さんはノリノリで歌いまくっていて、微笑ましかった。

「性格が子どもで、(清志郎の息子の)タッペイとすぐに仲良しになった」とも書いていて、そういうお茶目な部分は70代の今も存分に発揮されていて、微笑ましかった。

とにかくあまりに微笑ましすぎて涙が出てきた。
0

2020/1/23 | 投稿者: pdo

映画『寝ても覚めても』で共演した二人の話題が世間を騒がせている。

この映画の感想はこのブログに書いたが、登場人物に微塵も感情移入できずに何ともモヤモヤした気分で映画館を出たのを覚えている。

東出昌大が棒演技の好青年一本槍のキャラを払拭せんとチャレンジングな演技をしているのが印象的だった。ヒロインには魅力を感じなかった。

そんなことを思い出した。

とうぜんながら、自分はマスコミやネットの匿名諸氏が喚いているような断罪に与するものではない。愛人との不倫とか夫婦関係の破綻というのはあくまでも当事者の間で処理さるべき問題であって、犯罪のように扱われるべきではない。

芸能人の薬物問題や痴話ゴシップが世間的な大ニュースとなることはいつの時代でもそうだが、ここ最近の取り上げられ方(そして制作側・受け手側の反応の仕方)はちょっと異質なものになっているのではないかという気がする。
0




AutoPage最新お知らせ