2020/6/30 | 投稿者: pdo

JYPの「虹プロジェクト」発のガールズ・グループ「NiziU」のプレ・デビュー・ミニ・アルバム配信と同時に、プレ・デビュー曲「Make You Happy」のMVが公開された。



早速再生回数が凄い勢いで伸びている。予想を上回る勢いだが、この勢いがどのくらい続くのかは、今後のプロモーション次第だろう。

オフィシャル・ファンクラブ「WithU」の発足も告知された。

さて、現時点で、個人的にこのグループについて思う所を書いておきたい。

NiziUを生んだオーディション番組「Nizi Projct」は、JYPのプロデューサー、パク・ジニョン(JYパーク)が表に出て、日本のソニー・ミュージック・エンターテイメントとJYPの共同事業という形で始まったものだ。

JYPは韓国の最大手の芸能事務所の一つで、あのTWICEを輩出し、過去にはMissAやワンダーガールズといった人気ガールズ・グループも生み出している。

いわば売れるガールズ・グループを作るノウハウを熟知している会社で、自社ビルでは多くの練習生をデビューに備えて日夜訓練させている。

このNiziUにもJYP練習生が3名含まれており、いずれも予選の最初の段階から完成度の高い歌やダンスを披露していた。その一方で、ほとんど素人同然の状態から半年の訓練を経てデビューしたメンバーも半数以上を占めているが、彼女たちの歌やダンスはJYP練習生に少なくとも見かけ上は引けを取らないレベルに達している。

K−POPアイドルには完成された歌とダンス(とラップ)のパフォーマンスが不可欠なものとして要求される。日本のように、素人のような歌や踊りを「萌え」要素としてアピールするというようなことはありえない。

NiziUのパフォーマンスのレベルは、既存の日本のアイドル・グループのレベルを超えた完成度の高いものであることは確かである。しかし、現在のK−POPのアイドル・グループのレベルを見ると傑出しているとは言えないだろう。例えば同じJYPのITZYと比べても、彼女たちの歌とダンスのレベルはNiziUのどのメンバーにも太刀打ちできないレベルにあると思う。

これまでのJYPの動きを見ている限り、NiziUの方向性は、純粋なK−POPアイドルではないが、日本だけではなく韓国の市場にもアピールすることを意図しているように思える。さらには、アジア全体をも視野に入れているのではないか。

MVにつけられた海外ファンのコメントを読んでいると、今のところ多くのファンの捉え方は、最近のTWICEが大人路線を打ち出し、かつてのような「かわいい」路線から脱したことで生じた欠落部分を埋めるグループ、というものではないかと思える。

「MakeYouHappy」のMVは、明らかにTWICEの初期のヒット曲「Likey」のMVを意識して作られており、その意図は明確である。

「TWICEの妹分」として一昨年JYPからデビューした「ITZY」は、どちらかといえばBlackpink(TWICEとガールズ・グループ人気を二分し、むしろ世界的にはナンバーワンといえるYG所属のグループ)寄りの、クールな「ガールクラッシュ」路線であることからすると、NiziUのコンセプトが「かわいい」路線であることは非常に合理的な方針である。

パクジニョンは予選の段階から「ミイヒ」を非常に高く評価しており、当初はミイヒを中心としたグループの結成を目論んでいた節がある。

だが、韓国合宿の途中からは、ミイヒ以外にも成長著しいメンバーが何人も出てきたために、必ずしもミイヒという絶対的センターを設ける必要はなくなったのではないか。ただし、グループのリーダーとして「マコ」という年長メンバーを不動のトップとして評価することはある意味戦略的な行為でもあった。

NiziUの「かわいい」路線の中心を担うのがミイヒ、アヤカ、リク、マユカ、ニナあたりとすれば、「ガールクラッシュ」路線寄りのメンバーはマコ、リマ、リオ、マヤということになろうか。ただしリオは今のビジュアルはずいぶん幼さを強調したものになっているし、リマもまだ幼くかわいさの方が勝っている部分もある。ニナは顔立ちがシャープなのでガールクラッシュ要素もあり、最年少メンバー(マンネ)という役割も担っている。

ファン層としては、TWICEが日本では主に10代少女受けで大きく成功したように、NiziUも10代女性の支持層が厚いように思える。日テレの地上波ワイドショー「スッキリ!」で大きく取り上げられることで、普段はK−POPに関心のない層(主婦層や20代以上女性)にも大きくアピールしたことがTWICEにはない特徴である。

逆に、男性のファン層が今後どこまで伸びるかが課題と思う。TWICEを支える中心はやはり男性ファン層であり、ここが薄いと「かわいい」路線は限界に突き当たることになろう。

個人的には、今後NiziUを日本でどのように売っていくのかに関心がある。日本の歌番組やバラエティにもどんどん出ていくのか、TWICEのようにあくまで「海外アーチスト」枠としてK−POP的なアプローチで行くのか。

11月に本格デビューとのことだが、これから5か月もの間、どうやってファンの関心を引き付けておけるか、メンバーよりもスタッフの力量が問われる。

今の動画の出し方や広報のやり方などを見ていると、韓国のスタッフが中心で、日本の客層に対応したスキルを持つスタッフが不足しているような気がするので、日本向けのアプローチに長けた人材をブレーンとして取り込むなどの工夫が必要な気がする。



0

2020/6/26 | 投稿者: pdo

以前このブログでも取り上げたことのあるオーディション番組「虹プロジェクト」が完結した。

1万人を超える応募者の中から、東京合宿への26名の選抜を経て、13名が韓国合宿に選抜され、その中から9名のデビューが決定した。

前回の記事で注目したメンバーのうち、

新井彩花(あらい あやか)【アヤカ】

山口真子(やまぐち まこ)【マコ】

横井リマ(よこい りま)【リマ】

ヒルマン・ニナ【ニナ】

鈴野未光(すずの みいひ)【ミイヒ】

の5名がデビュー・メンバーに選ばれ、

平井桃伽(ひらい ももか)【モモカ】

井上あかり(いのうえ あかり)【アカリ】


はいずれも韓国合宿のメンバーには選ばれたが、今回デビューはできなかった。

僕が注目した

岸田りりか

は、韓国合宿のメンバーにも選ばれなかったが、その代わりと言っては何だが、「『大阪娘』の負けん気が伝わってくる」存在として、

大江梨久(おおえ りく)【リク】

が、最終順位の2位に選ばれるという奮闘を見せた。

それ以外のデビュー・メンバー

花橋梨緒(はなはし りお)【リオ】

勝村摩耶(かつむら まや)【マヤ】

小合麻由佳(おごう まゆか)【マユカ】


のうち、リオは「E-girls」の妹分「バニーズ」として活動しており、マヤは元YG(韓国最大手の事務所の一つ)の練習生であり、マユカはその人柄がスタッフから高評価を受けた。

虹っ子たち(グループ名は「NiziU」)のデビューを祝すように、日本の上空には虹色の雲が出た。


クリックすると元のサイズで表示します

このプロジェクト全体について、そしてデビューメンバー一人一人について、語りたいことは尽きないが、それは別の機会に譲るとして、ひとまずは皆の健闘を讃えると共に、TWICEに続くスターとして、彼女たちの前途にも幸あれと願わずにはいられない。
0

2020/6/21 | 投稿者: pdo

ちょっといい話。

BLOOというヒップホップ・アーチストが2017年12月にリリースした『Downtown Baby』という曲が、今韓国の音楽チャートでIZ*ONE、IU、TWICEといった超人気者たちをしのいで1位を席巻している。

そのきっかけになったのが、『ヒョリの民宿』でお馴染みの(?)、元祖K−POPクイーン、イ・ヒョリ(Lee Hyori)が、人気バラエティー番組でこの2年半前の曲をカバーしたことだ。

イ・ヒョリの凄まじい影響力により、2年半の時を経て曲が1位を取ったことは、ニュースでも取り上げられている。

この現象に最も戸惑ったのはアーチスト本人だろう。

BLOOは自分のインスタグラムに、彼が「My Queen」と呼ぶイ・ヒョリとのやり取りを公開して話題になっている。

その中でイ・ヒョリは彼にこんな風にメッセージを送っている。

私に感謝する必要はありません。突然大衆からこんな風に注目されることであなたがプレッシャーを感じるのではないかと思っていました。私はこれはあなたが偉大なアーチストになるための機会になることを願っています。偉大なアーチストは、嫉妬深い人たちが何と言おうとも、それを寛大に見て意に介さないものです。

私も学びの機会を与えてくれたことをあなたに感謝します。誠実に一生懸命努力していれば天はいつか機会を与えてくれるのだということ。ありがとう。これらすべてのことが可能になったのは、これがいい曲だったからだと思います。あなたが過度に興奮することなく冷静に受け止めてこの時、このチャートを楽しむことを願っています。あなたはすでにとてもクールな人ですから。

チャートで1位になったことにおめでとうを言います。何も心配しないで、ただこの時を楽しんでください。それから、このことをただ忘れていつもの活動に戻って下さい。私も1位を取りたいです。私が最後に1位になったのはいつだったのか忘れてしまいました(笑)


来月には新曲を出すらしいし、相変わらずヒョリ姐さんイケてる。

将来的にTWICEとも絡んでくれないかなあ(特にミサモと)。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/5/10 | 投稿者: pdo

個人的なメモとして韓国のバラエティ番組『ヒョリの民宿』(2017年放送)のテキスト起こしを一通りやってみた。

最初にCSで放送していた日本語字幕版を見たのだが、実際に放送されたバージョンからけっこうな部分がカットされ、BGMなどで使われている楽曲も差し替えられていることが分かったので、動画サイトで一から見直した。

民宿のホストであるイ・ヒョリとイ・サンスン夫妻はともにミュージシャンで、スタッフとして一緒に働くIU(ジウン)も歌手なので、この番組では音楽の果たす役割が非常に重要だ。

民宿ではスタッフがしょっちゅう家で音楽をかけるシーンが出てくる。著作権の関係だろうが、それらのBGMは日本語放送版では完全に差し替えられている。

夫のサンスン(Lee Sang Soon)は、90年代に「ローラーコースター」というバンドで活動していて、「韓国の渋谷系」のようなサウンドを作っていたようだ。オランダの大学に留学して音楽を学んでいる。

2000年代には「ベランダ・プロジェクト」というフォーク・デュオを結成している。先日放送された「ユ・ヒヨルのスケッチブック」(韓国で有名な音楽番組)で「Departure」という曲の演奏を聴くことができた。

『ヒョリの民宿』の中でも、ゲストの作った歌に伴奏をつけてレコーディングしたり、ヒョリとIUが作った曲の伴奏をつけてレコーディングするシーンがあり、サンスンの音楽的才能の片鱗を伺うことができる。

2017年には「アゲイン」という曲を発表している。


彼が家で流す音楽もセンスがあって、洋楽もあれば韓国の曲もあり、今後のディスク・ガイドとして使いたいものだ。



イ・ヒョリは言わずと知れた(と言っても日本では知らない人がほとんどだが)韓国のデーヴァで、1998年にF.i.N.KL(ピンクル)というグループでデビューし、アイドル第一世代として人気を博した。その後はソロ活動でも成功した。

彼女はデビュー当初から、アイドルらしからぬ歯に衣着せぬ発言や自由な行動で有名であり、その屈託のないサバサバさとまったく嫌みのない自然な他者への愛情表現は『ヒョリの民宿』の最大の魅力である。

美しい自然の中で与えられる後輩のスター・IUへの思いやりのこもったアドバイスと、自分自身の「頂から降りる身の処し方」を語る場面は深い印象を残す。

奔放なヒョリを穏やかにサポートし、どんなゲストにもユーモアを忘れず温かく接するサンスンの懐の深い人格は、「国民的夫」として韓国でも評価された。

共感してくれる人はたぶんいないと思うが、ヒョリとサンスンとIU(ジウン)の関係性は、なんとなく小泉今日子と大友良英とのん(能年玲奈)の関係性に通じるものがあるなあ、などと思いながら見ていた。

ちなみに、イ・ヒョリのいたピンクルは2019年に再結成ライブを行い、その経緯が「キャンピング・クラブ」というドキュメント番組で放送されている。動画で少し見たのだが、とても感動的な番組になっているので、これもそのうちまとめるかもしれない。
0

2020/5/9 | 投稿者: pdo



AM6:30

最終日の朝

昨夜飲みすぎたせいでなかなか起きられないヒョリとサンスン

遠距離彼氏が一人キッチンに立ち、全員のため手作りのフルーツ・シロップを作る

AM7:30

食卓の2人

昨日外で遊んだから肌の調子がいいというヒョリ

クリックすると元のサイズで表示します

ジウン起床

まだ目ぼけまなこ

クリックすると元のサイズで表示します

クアナと一緒に最後の出勤

クリックすると元のサイズで表示します

シェフの彼氏、オレンジのシロップをみんなに配る

昨夜喧嘩したという双子 
ヒョリが仲裁に入る

最後の朝食はジウンの作るおにぎり シェフの彼の卵スープ

皿洗いをやると主張するジウン

ゲストが帰り支度

しみじみする二人
クリックすると元のサイズで表示します

皿洗いが終わってジウンはチョコを頬張りながら民宿の思い出にふける

クリックすると元のサイズで表示します

食卓で「私たちは手紙なんか書く柄じゃないわよね」とサンスンに言うヒョリ
ジウンは複雑な表情

ヒョリはスケッチブックと色鉛筆を取り出し、サンスンにジウンの似顔絵を描くよう勧める

クリックすると元のサイズで表示します

ヒョリがサンスンの似顔絵に挑戦

クリックすると元のサイズで表示します

次はジウンがヒョリを書く番

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジウンが描いた絵にサンスンが手を加えて完成

クリックすると元のサイズで表示します

遠距離彼女がロシアの小鉢をプレゼント

ロシア語で黒板にメッセージを残す彼女 双子も

写真パネルを見て思い出にふける二人

ジウンはテラスで最後の昼寝

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影

最後のゲストがチェックアウト

すべて宿泊客が去ってほっと一息

クリックすると元のサイズで表示します

「宴会が終わった後みたい」
「僕たちの結婚式のときも、いっぺんにたくさんの人が来て、急にいなくなった」
「最初の夜は二人とも死んだように眠ったわね」
「騒がしいのも静かなのもいいものよ」
「最初は、15日もやれるだろうかと思っていた」
「ただやるだけよ」
「結婚だって、最初はこの人と何十年も暮らせるだろうか、と思うものよ」
「何だって?」

それからだしぬけに「君はきれいだ・・・」とつぶやくサンスン

クリックすると元のサイズで表示します

「また始まった」
「こうやって1日17時間寝そべってゴロゴロしてるのが彼の真の姿よ」

クリックすると元のサイズで表示します

「こうやっていても、いろいろな感情はあるのさ」
「憂鬱、幸せ、悲しみ・・・」
それぞれのポーズをしてみせるサンスン
「じゃあ私はあなたの寝姿を見てあなたの感情を理解すべきなのね」

ジウンに、もう帰るよう命じる冷たい社長と会長

「君は今日でクビだ」(笑い)

働いてくれたお礼にこの家で欲しいものはある?とヒョリに尋ねられ考えるジウン

クリックすると元のサイズで表示します

「クアナを連れていく?」

「ジウンに最後に言いたいことは?」
「電話番号を教えて」(笑い)
「ソウルに言ったらあなたの家に泊めてちょうだい」
「僕たちが皿洗いするから」
「ユインナに会えるわよ」とサンスンにそっと言うヒョリ
「それじゃぜひ行きたいな」

「もう行きなさい、ジウン」

クリックすると元のサイズで表示します

泣きそうになるジウン

クリックすると元のサイズで表示します

何か言いたげなジウンに、「それ以上はだめ!」「何も言わないで!」と押しとどめる

「すぐに僕たちが遊びに行くから」と慰めるサンスン

モカやクアナやスンシムともお別れ

昨夜書いた手紙を二人に渡すジウン

しっかりとお別れのハグ

クリックすると元のサイズで表示します

内面の深いところまで語り合った二人だからこその深い絆

優しい兄のようだったサンスンともハグ

クリックすると元のサイズで表示します

元気よく走って帰るジウン

ジウンからの手紙を読む二人

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「泣いてた?」

クリックすると元のサイズで表示します

「泣いてないわ」「疲れてるだけよ!」

クリックすると元のサイズで表示します

「彼女は手紙を書くのが上手ね」

「私は言いたいことは彼女にすべて言ったから」「手紙を書く必要はないけれど」

「彼女は内気だから、言いたいことを手紙に書いて伝えたのね」

「僕はもっと彼女に伝えたいことがあったな」

「ヒョリ、泣いてるの?」

「泣いてない!」

クリックすると元のサイズで表示します

「私はこういうのは嫌いなの」

「ベッドで昼寝しようか」

「ベッド? バドミントンでもやらない?」

犬たちと2階に行って久しぶりにベッドに横たわる二人

クリックすると元のサイズで表示します

「ベッドで眠るのがこんなに貴重なことだと知らなかった」

「お疲れさま」

手を握る二人 間にモカも手をつなぐ

「君は終わって悲しい?」

「ええ、あなたは、ほっとした?」

「あと何日か静かになったら寂しくなるかもしれないね」

「大変だった?」「そうでもないよ」

「楽しんだ?」「うん」「じゃあよかった」

「あとでゆっくり犬の散歩でもしましょう」

「そうだね」

「本当にお疲れさま・・・」

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストたちの感想

「ヒョリさんに最初に会ったとき、とても物静かだったので、意外でした」


「仲間にたくさんサインを持って帰って来いと言われていたのですが、ヒョリさんはスター気取りの人ではなく、まるで家族の一員のようでした」


「彼女はいつまでも手を振ってくれていて、生まれてこれまでにないほど感動しました」


「テレビの番組のような気がしませんでした。本当に私たちが彼女の家に招かれたような感覚でした」
0




AutoPage最新お知らせ