2021/3/3 | 投稿者: pdo

JYパークが人生を賭けて打ち込んでいる信仰の問題について生半可なコメントで片付けてはいけないと思い直したのでもう少し書く。

JYパークは、死の床にある患者のところに行って、枕元で聖書について語り聞かせる活動を行っているそうだ。そこでその人の魂を救えなかったと感じた時には、良心の呵責で眠れない夜を過ごすという。

彼は、罪の回数や大小は問題ではなく、人間は小さな罪が一つでもあれば地獄に行くのだという。生涯にいかなる些細な罪も犯したことのない人間など存在しないので、全ての人間は地獄行が必定ということになる。

しかし、ただ一人だけ例外がいる。それが神のひとり子であるイエス・キリストである。

まったく罪のない人間であったイエス・キリストは、すべての人間の身代わりとして、人間のあらゆる罪を背負って十字架にかけられた。それは、神が人間を愛するからである。

救いようのない人間を救うために、神はみずからのひとり子であるイエス・キリストを犠牲にしてすべての罪を解消したのである。

だから、人間はすでに救われているのである。それが<福音>であり、信じるとは、みずからがすでに救われていることを信じるのである。

JYパークは、キリスト教の聖職者からそのような説明を受けても、ピンと来なかった。だからテレビの番組の中で、「僕は頭では聖書に書かれたことをを信じているけれど、ハートから受け入れることができない」とインタビューに答えた。

そのテレビを見たある牧師が、パークに手紙を書いてきた。パークはその手紙を大事に保管し、7年後に「救われた」と実感できた後に、その牧師に返事を書いて、面会した。牧師はまさか7年間も自分の手紙を覚えていてくれていたとは、と驚いていたという。

だから、信じるとは頭で信じるのではない。信じようとする努力は人間の側のことであって、信仰とは<与えられる>ものなのだ。いったん信仰を与えられたから、それはもはや自分の中で疑うことができないものとなり、それ以前とは同じではなくなる。彼は文字通り生まれ変わったのである。洗礼とは、そのように生まれ変わった人間のみが受けるべきものであり、その前に受けるべきではない、とパークは書いている。

パークは韓国の芸能界で成功を収めた後、アメリカ進出に失敗し、私生活でも離婚という挫折を味わった。それで人生の意味について思い悩み、聖書を読むようになったという。

聖書に没頭するようになってから、自分が本当に救われたと実感するまでには7年かかった。彼がその実感を得て<信仰>に目覚めたのは2017年であったと書いている。

それ以来、彼の人生の最大の目的は、、一人でも多くの人を信仰に目覚めさせることとなった。もっとも、彼は自分のエンターテイメント・ビジネスと宗教活動をきっちり分けていて、自分の会社の従業員やアーチストに信仰を勧めるようなことはしていない(と思う)。

昨日も書いたように、芸能界で信仰に目覚めて表には出さないが熱心に宗教を信じている人は多い。プリンスもマイケル・ジャクソンも熱心な「エホバの証人」の信者だったことは知られている。

信仰は最も個人の内面に関わる事柄であり、信教の自由は基本的人権の一つである。

誰がどんな宗教を信じることも自由である。逆に言えば、「宗教を強いられない自由」も同じくらい尊重されなければならない。

JYパークについて、僕は彼の信仰を理由に彼の音楽が好きになったり嫌いになったりすることは一切ない。しかし、世の中には、こういう本を出したことで彼を胡散臭い目で見る人もいるだろう。それを覚悟の上で敢えて出版したことをリスペクトしたい。
0

2021/3/2 | 投稿者: pdo

TWICEの生みの親で、NIZIUのヒットにより日本でも知られる存在になったJYパークことパクジニョンの自伝エッセイ『何のために生きるのか?』を買って読んだ。

最初の3分の1が自伝で、残りはひたすら聖書と信仰の話。

ショービジネスの世界において、有名なシャーリー・マクレーンを例に挙げるまでもなく、ガチで宗教にハマって伝道活動に打ち込む人は一定数いるので、彼もまたそういう人だと思えばいいのだろうけど、それにしてもカトリックの教理問答のような話が延々と続くのは、日本人の読者は間違いなくドン引きすると思われるが、韓国ではどうなのだろうか?

自分は宗教とか信仰とかいうだけで拒絶反応を起こすことはないが、一周回ってこういうのは否定したい気持ちになる。一周回って、というのは、自分も20代で信仰(パークのいう「信仰2」)のようなものに関心を持った経験があり、40を過ぎて「生きる意味とは何か」深く悩み、信仰に目覚めた彼のような人の気持ちには共感もできるので。

日本で多くの人々に感銘を与えた「名言」がこの本に書かれたような強烈な信仰に由来するものだと知れば、彼に対する関心も急速に萎むかもしれない。だが彼にとっては、そんなことよりも彼の本を読んで彼の「教会」に真剣な関心を持つ人が一人でも増えることの方が重要なのだろう…


0
タグ: JYパーク

2021/2/22 | 投稿者: pdo

With The Heart To Forget You
Kim Kwang Seok


キム・グァンソクの名曲を若手チョン・スンファンが歌う。
キム・グァンソク(金光石김광석、1964年1月22日 - 1996年1月6日)は、大韓民国の歌手、シンガーソングライターである。民衆歌謡グループ、フォークグループを経て、1989年にソロデビュー。通算1000公演を記録するなど、386世代を代表する韓国アンダーグラウンドミュージック界の旗手であったが、絶頂期の1996年に31歳で自宅にて首吊り自殺した。代表曲は「二等兵の手紙「서른 즈음에(三十頃に)」など。若手ミュージシャンから深くリスペクトされている。この曲はIUもカバーしている。



Make Up (feat. Crush)
Sam Kim


サム・キムは若いのに渋いR&B風の曲を歌う。この曲はかっこよくて前から大好きだった。
原曲でもクラッシュが参加している。



Think About' Chu
Sam Kim, Loco


この曲も超かっこいい。サム・キムは本当にいい。このカバーも最高。


Aloha
CHO JUNG SEOK
- HOSPITAL PLAYLIST (Original Television Soundtrack)

ドラマの主題歌だが、スヒョンとJukjaeのカバーがオリジナルよりもずっと魅力的。


All For You

「応答せよ1988」というドラマより。
このドラマは、あのレジェンド松本隆によれば、「見ないと人生損するレベル」らしい。
スヒュン、クラッシュ、チョンスンファン、ヘンリーらが仲睦まじく歌う様子は見る者に音楽の幸福を与えてくれる。

0

2021/2/19 | 投稿者: pdo

引き続き韓国の2020年の歌番組「ビギン・アゲイン・コリア」で歌われた曲を備忘録として紹介していく。

Departure(出国)
Hareem

クラッシュとハリムの二人が空港で歌う。
「多重人格者」というハリムのアルバムからの曲らしい。


How Deep Is Your Love
Bee Gees


ご存じ「サタデーナイトフィーバー」のサントラからの甘いバラード。カバーの選曲も絶妙で、いかにも洋楽ファンという感じ。

Let's go see the stars
Jukjae


韓国のイケメン人気俳優パク・ポゴムが大ヒットさせたドラマ主題歌。
「ビギン・アゲイン・コリア」では今一番注目しているシンガーソングライター、Jukjaeが、AKUMUのイ・スヒュンと歌う。彼は腕ききのミュージシャンで、IUはじめ多くのミュージシャンのバックで演奏していたが、ソロ活動を始めたという。


Falling Slowly
Glen Hansard & Marketa Irglova - Once


洋楽のカバーだが、この曲は知らなかった。
映画「ONCE ダブリンの街角で」の曲だそうだ。

Youngblood
5 Seconds of Summer - Youngblood


知らなかった。オーストラリアのポップ・ロックバンドの2018年のヒット曲だって。

How can I love the heartbreak, you're the one I love
AKMU


AKMU(楽童ミュージシャン)の2019年のヒット曲。せつない大名曲バラード。
普段は兄と一緒に歌っているが、この番組ではチョン・スンファンとのデュエット。


Beautiful
Crush


大人気韓国ドラマ「トッケビ」のサントラより、クラッシュの一番有名な曲か。


If It Is You
Jung Seung Hwan


ドラマ「また オ・ヘヨン OST Part 5」より、2016年のヒット曲。
チョン・スンファンの一番有名な曲か。


Happy
Pharrell Williams

ご存じファレル・ウィリアムスの大ヒット曲。

2013 Desire And Hope
As One


女性デュオ「アズワン」の曲らしいが、クラッシュが感動的に歌う。


Don’t Forget
Crush, Taeyeon


少女時代で一番歌の上手いテミンとのデュエットで大ヒットした。クラッシュのBeautifulの次に有名な曲か。この番組ではイ・ソラとのデュエットを聴かせる。

0

2021/2/18 | 投稿者: pdo

昨日のプレイリストでもまだ不完全であることが分かったが、まあいいだろう。

この「Begin Again Korea」という番組は、2017年にJTBCチャンネルで放送が始まった『Begin again』のシーズン4にあたる。

もともとは、韓国の歌手たちが自分のことを知らない外国でを路上ライブし、その模様を撮影するという番組なのだが、2020年はコロナにより海外に行くことができないため、国内のさまざまな場所で野外コンサートを行うという設定になっている。

日本で無理に例えるなら、椎名林檎や宇多田ヒカルが代々木公園やお台場海浜公園で中島みゆきやユーミンの曲を歌ったりするようなノリといえばいいだろうか。

海外の路上ライブでは、現地の人々が韓国のミュージシャンの素晴らしい歌と演奏に感嘆し、言葉も通じない歌に涙を流したりするシーンが印象的だ。もちろんこの国内ライブでも、そのあまりの歌の素晴らしさに観客が感動するシーンがてんこもりである。

この場合、観客は歌手たちをよく知っているのだが、歌われる曲が、韓国の懐メロといってよい「過去の名曲」で、それも感動的な泣かせるやつばかりなのである。

そして韓国ではこういう若手もベテランも一緒になって歌える懐メロの名曲が尽きることなく存在するのだ。

いまや日本では「紅白歌合戦」もよく分からない代物になってしまったが、韓国では国民が揃って共感できる歌が豊富にある。

若手がベテランの曲を歌い、ベテランが若手の曲を歌い、それがとてもいい雰囲気を出している。

聴いていて驚くのは、ものすごく歌も演奏もうまいことである。特に気に入っているのが、「楽童ミュージシャン(AKMU)」のイ・スヒョン(Lee Suhyun)と名曲「ため息」で知られるイ・ハイ、若手R&B歌手、クラッシュ(Crush)、チョクチェ(Jukjae)、ヘンリー(Henry)といったところ。

ベテラン歌手として、イ・ソラ(Lee Sora)が円熟した美しい歌声を聞かせる。

このシーズンの最初にイ・ソラが歌う「The Wind is Blowing 風が吹く(パラミブンダ)」という曲の歌詞は、2014年に「詩人たちが選ぶ、最も美しい歌」の第一位に選ばれた(2000年以降に発表された歌を対象に14名の詩人が選んだもの)。

「ビギン・アゲイン・コロナ」という番組の最初にふさわしい、コロナにより厳しい状況を迎えている民衆の心に響く名曲である。


風が吹く/Lee So Ra

風は吹く 悲痛な心に
虚ろに広がる景色が吹き込んで来る
髪を切った帰り道で
ずっと堪えていた涙が零れる

空は濡れる
暗い通りに冷たい雨粒が落ちる
群れをなして追ってくる雨は 
私から遠ざかったようだ
すでに止んだようだ

世界は昨日と同じで 時間は流れていて
私一人だけがこんなに変わってしまった
私の儚い願いは 千々に吹き飛ばされ
なす術もなく消えていく

風は吹く
痺れる寒さの中で 過ぎ去った時間を思い返す
夏の終わりに立ち止まった
あなたの後ろ姿は冷たかったのだ
今なら分かる

私にとって大切だった 眠れずに過ごした日々は
あなたにとっては今と何ら変わりない
愛はこんなにも悲劇だ あなたは私ではない
想い出は異なる言葉で記される

私の別れは
さよならの言葉もないまま終わってしまった

世界は昨日と同じで 時間は流れていて
私一人だけがこんなに変わってしまった
私には重すぎる想い出が詰まっていた
私の頭の上を 風は吹く
涙が流れる





0




AutoPage最新お知らせ