2021/6/10 | 投稿者: pdo

昨日のドストエフスキーつながりで思い出したのだが、先日お亡くなりになった俳優の田村正和さんの当たり役であった〈古畑任三郎〉が、「刑事コロンボ」シリーズに着想を得たものであることはよく知られている。

そして、「刑事コロンボ」が着想を得たのは、ドストエフスキーの「罪と罰」に出てくるポルフィーリー予審判事であることも、もはや定説となっている。

ポルフィーリーと真犯人ラスコリーニコフの手に汗握るやり取りは「罪と罰」の見所の一つであり、後のコロンボと真犯人の丁々発止のやり取りの先取りとも言える。

それで、ポルフィーリーの次の台詞を、亡くなった田村正和氏の口調で、さらに、亡くなった小池朝雄氏の口調で頭の中で再現してみた。

「・・・人を殺しておきながら、自分を潔白な人間だと思って、他人を軽蔑し、蒼ざめた天使のような顔をして歩き回っている—— なんの、これがどうしてミコールカなもんですか、ロジオン・ロマーヌイチ、これはミコールカじゃありませんよ!」

「では…… 誰が殺したんです?…」

彼(ラスコリーニコフ)はがまんしきれなくなり、あえぐような声で尋ねた。

ポルフィーリイは、まるで思いもよらぬ質問にあきれ果てたように、椅子の背へさっと身を反らした。

「え、誰が殺したかですって!……」

自分の耳が信じられないように、彼はこう問い返した。

「そりゃあなたが殺したんですよ、ロジオン・ロマーヌイチ!あなたがつまり 殺したんです。」

彼はほとんどささやくような、とはいえ十分確信のこもった声で、こう言い足した。

* * *

「一体あなたはこれまでに、十分生活をしましたか? 十分物事がお分かりです か? 理論を考え出したところが、まんまとしくじって、どうもあまり平凡な結果になってしまったので、恥ずかしくなったんです!結果は俗悪だった、それ は事実です。しかし、あなたは望のない卑劣な奴じゃありません。決して、そんな卑劣な奴じゃない!少なくとも、あなたはあまり長く自己欺瞞をやらないで、一度に最後の柱へぶっつかったのです。

一体わたしはあなたを何と見ていると思います?わたしはあなたをこう見ています。あなたはただ信仰とか神とかを見つけさえすれば、よし腸を引き出されようと、じっと立ったまま笑みを含んで、自分を苦しめる連中を眺めている、そういう人間の一人だと思っています。だから、早くそれをお見つけなさい、そうすれば生きて行かれますよ。

あなたは、第一、もうとっくに空気を一変する必要があったんです。なに、苦痛もいいものですよ。お苦しみなさい。事によると、苦しみたいというミコールカの考え方が、あるいは本当なのかもしれません。そりゃわたしだって、容易に信じられないってことはよく承知しています——がまあ、あまり理屈っぽく詮索しないで、何 も考えずにいきなり生活へ飛び込んでお行きなさい。心配することはありません——ちゃんと岸へ打ち上げて、しっかり立たせてくれますよ。では、どんな岸 かと言えば、それはわたしにゃ分かりっこありませんよ。ただあなたはまだまだ 生活すべきだと、信じておるだけです。

あなたが今のわたしの言葉を、紋切り型の御説法のようにとっておられるのは、わたしも承知しております。しかし、また後で思い出されたら、役に立つことが あるかもしれません。それだからこそ言うのです。あなたがただ婆さんを殺した だけなのは、まだしもだったんですよ。もしあなたがもっとほかの理論を考え出したら、それこそ百億倍も見苦しいことをしでかしたかもしれませんよ!まだしも神に感謝しなきゃならんのかもしれませんて。

何のために神があなたを護って下さるのか、そりゃ、あなただって分かりっこありませんや。あなたは大きな心になって、もう少し恐れないようにおなんなさい。 目前に控えている偉大な実践を、あなたはびくびくしてるんですか?いや、 この場に及んでびくびくするのは、それこそ恥辱です。一旦ああいう一歩を踏み出した以上、歯を食いしばって我慢しなくちゃいけません。それはもう正義です。だから、正義の要求するところを実行なさい。あなたに信仰がないのは、わたし も承知しているが、 しかし大丈夫、生活が導いてくれます、やがて自分から好きになりますよ。あなたは今ちと空気が足りない、空気が、空気がね!」
(米川正夫訳)

0

2021/6/9 | 投稿者: pdo

水村美苗『新明暗』を読んで思い出したのが、亀山郁夫『新カラマーゾフの兄弟』である。

言わずと知れた、ドストエフスキーの大作『カラマーゾフの兄弟』を、現代日本社会を舞台にリメイクした問題作だ。

『カラマーゾフの兄弟』は、ドストエフスキーの死により、構想されていた続編が書かれないまま終わったとされている。

亀山郁夫は、その未完に終わった部分を彼の推理と想像力で補完した『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』という本も書いている。

『続明暗』は、どちらかといえばこっちの方に近い作品であるといえる。

実は自分は『新カラマーゾフの兄弟』も『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』も読んでいない。

『新カラマーゾフの兄弟』の方は、図書館で借りて読もうとしたのだが、読みかけて早々に挫折してしまった。内容も覚えていない。

亀山郁夫は、東京外国語大学の学長であり、ドストエフスキーだけでなく、ロシア文学や広くロシアをテーマにした数多くの本を書いている。

『カラマーゾフ』以外にも、『悪霊』も翻訳しており、『謎解き『悪霊』」という本も書いている。


2019年には、NHKの「100分de名著」という番組に出演し、『カラマーゾフの兄弟』について視聴者に分かり易く解説するという役割も果たしている。

つまり、今の日本では、「ドストエフスキーといえば亀山郁夫」とされており、少なくとも今の日本の若い世代は、彼の存在を抜きにしてドストエフスキー作品に触れることはほとんど不可能な状態に置かれている。

で、何が言いたいかというと、これは非常に不幸な状態なのではないか? という気がするのである。

というのも、亀山郁夫のドストエフスキー作品の理解とその訳業については、専門家から、かなり厳しい批判が寄せられている。

これは専門家によるものではないが、以下に引用するアマゾン・レビューがその一例である。


新訳「カラマーゾフ」が評判になってしまったためにドストエフスキーというとこの方は必ず出てくるようになってしまいました。

私は「カラマーゾフ」がでたあとに講演会で直接話を聞いたこともあります。最近やっとこの「専門家」についてもやもやしていた思いがなんだったのかわかりました。

ある場所に書かれていた言葉を引用します。

『多くが思いつきと思い込み、または誤読にすぎず、その前に基礎基本をしっかりしてほしい』これに尽きます。

この新書(『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』)は「空想」と銘打ってあるので、それこそこの方の本領発揮、どこまでも「空想」が延長されていきます。

ですが、この訳者が空想しているのは、この本だけではないのです。ご自分が翻訳された悪評高い「カラマーゾフ」「悪霊」「罪と罰」の解説・解題、そして翻訳そのものにおいてすら空想・妄想が多分に入り込んでしまっているのです。

それらについて多くの識者からの指摘を読むとわかりますが、専門家の名を冠した訳者の妄想が原作そのものを侵食するような愚かなことが起きています。そしてそれをチェックする機能が出版社の編集においてまったく働いていません。

「亀山(誤)訳ドストエフスキー」は歴史の試練に耐えられないのはもちろんですので、早晩、どんなに遅くとも訳者の没後には誰にも顧みられることがなくなるでしょう。

ですがこうもおおぴらに誤訳とその放置、本来媒介者に過ぎない翻訳者の妄想が原作を侵食するという暴挙が発生したこと、そしてそれをチェックし、修正する機能を出版社が果たせなくなった端境期がまさに今であることが、後世からはよく理解されることと思います。


僕はロシア語が読めないので、彼の誤訳についての指摘がどこまで正当なものかを、直接判断を下すことはできない。

しかし、このサイトの検証を読むだけでも、過去の翻訳者、米川正夫、原卓也、江川卓の三人の翻訳と比較して、亀山郁夫の翻訳だけが際立って異なっているのが分かる。原文と照らし合わせた解説を読む限り、亀山のはどうも解釈の違いというよりは明らかな誤訳のようである。

そしてこれらの誤訳の根っこには、どうやら訳者である亀山郁夫にそもそも『カラマーゾフの兄弟』が全然理解できておらず、読み取れていないという問題があるということのようである。

このことについて、大部のテキストが存在する。僕はこれをすべて読んだわけではないが、この著者の主張にはかなり共感できるところが多かった。

僕自身、亀山郁夫の訳した『カラマーゾフ』と『悪霊』を読もうとしたが、違和感があって読めなかったという経験があった。そのときは、これらの批判の存在を知らなかったはずである。

僕は、新潮文庫のドストエフスキーを読んでいたので、『カラマーゾフ』は原卓也訳で、『悪霊』は江川卓訳で、『罪と罰』は工藤精一郎訳で読んだ。

その後、全集などで米川正夫訳も読んだ。それらはいずれも何の違和感もなく読め、ドストエフスキー体験の感動を深めることに大いに役立つものであったと感謝している。

だが、亀山郁夫の訳したものは、とても違和感があって読めなかった。誤訳とかそういうレベル以前に、頭と身体が受け付けなかったのである。

亀山新訳は、「今の若い人にも読みやすい」ということで、ドストエフスキー普及に大きく貢献するものとして高く評価されているようである。

ただ、自分は、初めてドストエフスキーを読んだのが亀山訳でなかったことを感謝している。

本当は『新カラマーゾフの兄弟』について書くつもりだったのだが、もうその気をなくしてしまった。



0

2020/11/23 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

ウラジミール・イリイッチ・レーニン(1870〜1924)と言えば、鋼鉄のような意志をもって革命事業を遂行し、革命に殉じた人物という印象が一般的だと思うが、ソ連崩壊後、彼がイネッサ・アルマンドという女性に充てた手紙と彼女の返信が公開され、レーニンがこの女性を深く愛しており、彼の生活に美と彩りを添えていたことが明らかになった。

イネッサ・アルマンドは、レーニンより4つ年下で、2人が出会ったときにはレーニンは39歳、イネッサは35歳だった。

当時レーニンは、パリで妻のクルプスカヤと二人でまるで棺桶の中にいるような陰鬱で味気ない亡命生活を送っていた。

イネッサは、19歳で実業家と結婚し、5人の子供を設けたが、夫の弟と駆け落ちし、その男性を病で失った直後であった。彼女はすでにマルクス主義に目覚めており、ボルシェビキの熱心なメンバーとなっていた。

イネッサがパリのロシア亡命者グループに加わると、たちまち崇拝者たちが彼女を取り囲んだ。だが彼女は芸術と自由恋愛の信奉者である一方で献身的な革命家の素質もあった。彼女は革命グループの指導者レーニンを遠巻きに畏れながら見つめていたが、彼女が開設した青年たちのための教育施設にレーニンが講師としてやって来るのを手伝ったり、彼の論文のフランス語への翻訳を手伝ったりしているうちに、徐々に親しみのある関係になっていった。

イネッサの敬意は好意からやがて恋に代わっていたが、レーニンはまだイネッサのことを見込みのある同志としてしか見ていなかった。彼はイネッサをある秘密活動のためロシアに派遣するが、それは当然ながら大きな危険を伴うものだった。案の定イネッサはセントペテルスブルグで逮捕・投獄され、1年余りで脱獄し、ヨーロッパへと戻ってきた。

スイスで生活していたレーニンたちのもとにイネッサが帰還したことは、レーニンにとって嬉しい驚きであった。ここでレーニンとイネッサの親密度は一気に増すことになったが、奇妙なことに、イネッサはレーニンと妻クルプスカヤとその母親とも大変親しく交際した。

レーニンとクルプスカヤとイネッサはしばしば三人で自然の中を散策し、さまざまなことを語り合った。レーニンは、歩きながらレールモントフの詩編を暗唱し、彼がベートーヴェンの音楽をどんなに愛しているかについてイネッサに熱弁した。

イネッサは卓越したピアニストでもあった。彼女は革命家の道を選ばなければヨーロッパで一流の音楽家になることもできただろう。彼女がスイスの家でベートーヴェンのソナタを弾くのをBGMにしながら、レーニンは猛烈な勢いで革命論文を執筆した。レーニンは絶え間なくイネッサにベートーヴェンの曲をリクエストし、自分の愛する音楽をこれほど身近に楽しめる幸運に感激した。

クルプスカヤは後年、この時期のことを、イネッサについてたいへん好意的な思い出と共に回想しているが、その真意は分からない。ただ確かなことは、クルプスカヤは、イネッサが1920年に死に、レーニンがその4年後に死んだ後も、イネッサの子供たちを自分の子供のように庇護し続けたことである。

1917年4月、レーニンがドイツからロシアに送られた「封印列車」には、イネッサとその子供たちも同乗していた。その年の10月にレーニンとボルシェビキはロシアの政権を奪取した。

革命後ロシアの動乱の中で、重責を担い、オーバーワークに疲弊したイネッサは、レーニンの勧めでロシア郊外に休養に出かける。だが、そこでコレラに罹患して死んでしまう。

イネッサの死を知らされたレーニンは、休養を勧めた地が危険でイネッサの衰弱した肉体が耐えられる場所ではなかったことを悔いたが、後の祭りであった。

イネッサの葬儀に臨むレーニンは、クルプスカヤに支えられてやっと立っている状態であり、憔悴しきっていた。それ以来彼は魂が抜けたようになってしまい、脳梗塞の発作に倒れ、言葉を話すことができなくなり、そのまま死んだ。

イネッサは革命の純粋な大義に殉じた高貴な魂の一人であった。彼女のような無数の人々によって革命は成し遂げられたのであり、レーニンは彼らの力を結集し、体現するための焦点であった。

後の歴史が示す通り、その後の革命の歴史は粛清と流血と虐殺と無数の無辜の罪からなる人類史上最悪の悲劇となった。

だがその出発点には、このような人間の血の通ったドラマがあったのである。
イネッサ・アルマンドの生涯とその悲劇は、後世に語り継ぐべき物語の素材を多く提供している。
0

2019/10/14 | 投稿者: pdo

福田勝美著『ドストエフスキー 転回と障害』(論創社)という本を買って読む。

今年の7月に出たばかりの本だが、今までに読んだドストエフスキー論の中で一番しっくりくる部分が多かった(もっとも、当たり前のことだが、すべての箇所に同意できたわけではない)。

著者独特の用語(「霊的存在」とか「転回」とか「障害」といった)が却って論旨を解りにくくさせている部分もあると思う。著者によれば、「ドストエフスキーはシベリア流刑で<転向>したのではなく<転回>したのだ」というが、単なる言葉の言い換えではないのか。

ドストエフスキーが「転向」したのだという阿保な評者にはそう言わせておけばいいではないか。彼に「転向作家」のレッテルを貼って満足できる程度の知能の持ち主に今更何を言っても無駄なことだ。

本のタイトルにもなっている「転回と障害」の「障害」の意味がこれまたよく分からない。
しかし、分からなくとも、著者の読解に共感するさしたる障害にはならないと思いたい。

『白痴』を論じた箇所、そして『悪霊』のスタヴローギンを論じた章は、出色だと思う。

ただ、わたしは、ナスターシャ・フィリポヴナとアグラーヤが同程度の造型を与えられているとは思わない(ナスターシャの方がはるかに深い)し、スタヴローギンの造型に聖パウロの使徒書簡の大きな影響があったとも思わない。

『カラマーゾフの兄弟』を論じた箇所は、端的に何を言っているのかよく分からなかった。彼は何故か小林秀雄の批評が気に入らないらしく上から目線で再三貶しているが、彼自身もよく分からない断定を結構している(スメルジャコフがイワンに対して下僕意識しかもっておらず、主人から追放されたから自殺するしかなかったとか。まあそういう解釈もあり得るが、スメルジャコフに関してはそんなに単純に割り切れる話ではない。ただし登場人物のうちドミートリイの造型が最も優れていることには同意する。もっともそんなことには誰もが同意するだろう)。

批判が先行したが、全体的には、本を置くこともできず一気に読了するほど大変興味深い内容だった。これほど重厚なドストエフスキー論を発表してくれた著者と、この本を出版してくれた出版社には感謝の念しか起こらない。
0

2019/9/29 | 投稿者: pdo

この数週間は『悪霊』にすっかり憑りつかれていて、今は米川正夫訳と江川卓訳と亀山郁夫訳を頭から順番に読み比べを開始した。

どの翻訳も一長一短だが、今のところ(第1部の途中)米川正夫訳が一番しっくり来る。

江川卓訳はいいのだが、ステパン氏のフランス語をカタカナニシテイルノガイタダケナイ。

ネクラーソフの詩を引用した、<ステパン先生が知識人としてスクヴォレーシキ村で祖国のために果たしていた役割>については、

「譴責の権化」(米川正夫訳)

「生ける良心」(江川卓訳)

「血肉と化した非難」(亀山郁夫訳)

の三種三様だが、やっぱり「譴責の権化」がカッコいい。

「譴責の権化(あるいは生ける良心、血肉と化した非難)」として祖国の前に立っているのに、疲れてすぐ寝転んでしまうのがステパン氏。

0




AutoPage最新お知らせ