2021/3/19 | 投稿者: pdo

スゲーな、以外の言葉が出てこない。スゲーな、のん。

俺のチンケな想像力の遥か斜め上いってるわ・・・




のん脚本・監督・主演映画『Ribbon』2021年公開へ 
樋口真嗣が手がけた応援SP映像も公開


のんが脚本、監督、主演を務める映画『Ribbon』が2021年に公開されることが決定。あわせて本作の応援スペシャル映像「映画と生きる 映画に生きる」が公開された。

本作は、監督・のんによる初の劇場長編作品。多くの卒業式がなくなり青春を奪われていく学生たちの悲しみを目の当たりにしたのんが、世の中の擦りきれた思いを少しでもすくい上げたいという思いで企画された。コロナ禍の美大生の“再生”の物語となる。

 主人公の様々な感情の流れは、カラフルなリボンで表現される。時には鋭く尖り、時にはしなやかに踊るようなリボンの動きを、『シン・ゴジラ』監督・特技監督の樋口真嗣、准監督・特技統括の尾上克郎が手がけている

 さらに、本作の応援企画として制作された、樋口が監督を務めるスペシャル映像『映画と生きる 映画に生きる』も公開。いかなる状態になろうとも被写体を見つめ続ける“監督・のん”の様子を描いた3篇(風篇/炎篇/雨篇)で、のん監督を支える映画スタッフ役を緒方明、尾上、犬童一心、片渕須直、白石和彌、市井昌秀、沖田修一、枝優花が演じている。

 のんは、このスペシャル映像のナレーションも務め、風篇では今村昌平、炎篇では岡本喜八、雨篇では深作欣二が遺した名言を印象的に読み上げている。

■のん(脚本・監督・主演)コメント
●『Ribbon』について
昨年、新型ウイルスが蔓延し始め、私自身が主催する音楽フェスを開催直前に中止の決断をしました。
あの時の悔しさは忘れられません。
そして、1度目の緊急事態宣言による自粛期間を過ごしながら、音楽や映画や舞台などのエンタメや芸術の優先順位が下がっていくのをひしひしと感じていました。
その中で改めて気付けたことは、自分は見てきたエンタメや音楽やアートによって支えられているということです。どんどんその思いが強くなって、いてもたってもいられず脚本を書き始めました。
作品の主人公を自分の憧れである美大生にしようと決めてコロナ禍の美大生の方たちの状況を調べ始めました。そして、美大生の方たちの卒業制作を取り上げた記事を見つけました。
そこに書かれてあった「時間をかけて作ったものがゴミのように思えてしまった」というインタビューが、あまりに衝撃的で。自分の悔しさにも共鳴して膨れ上がって、この無念をなんとか晴らしたいと、脚本を書き進めていきました。
コロナ禍で擦り切れた思いを、少しでもすくい上げるような映画になったら……。
心を込めて作った映画です。みなさま、ぜひお楽しみにしていただけたら嬉しいです。

●『映画と生きる 映画に生きる』監督役について
映画に生きる緊張感と高揚。これほどまでに、濃密な撮影が他にあるのでしょうか。楽しかったー。
私は、どの現場でもいつも緊張するのですが、今回の撮影は現場に行くまで生きた心地がしなかったです。私が監督役で、錚々たる監督の方々がスタッフ役って、どんなぶっ飛んだ撮影?と未だに思います。撮影が始まると楽しくてしょうがなくてずっと浮き足立っていました。樋口監督に感謝です。
コロナ禍で擦り切れた思いを、少しでもすくい上げるような作品を撮りたくて『Ribbon』という映画を作りました。役ではなく、現実で。早く皆様に見てもらいたいです。お楽しみに。

■『映画と生きる 映画に生きる』監督・キャストコメント
●樋口真嗣

監督になりたい。
そんな濁りなく希望に満ちた質問に対して、いつも出かかって止めてしまう答えがあります。監督はなるもんじゃないよ。呼ばれるもんだよ。
どうしよう、これでいいのかな、そんな感情を現場で出さないように必死で取り繕い、
ごまかしていると、周りのスタッフがいつも支えてくれています。
これイケまっせ!いいんじゃない?ステキだと思うよ。
みんなのことばや、みんなのしごとに後押しされて自分は監督になった。
監督でいられる。いつもそう思っています。
いま、感染症の所為で、いろんな映画が上映の機会を失い、観客のもとに届けられずにいます。感染症の所為で、いろんな映画が作られることすら許されず、形にならないまんまで宙に漂っています。
そんな中、感染症がなければ作られなかった映画がつくられ、監督の仲間が1人増えました。
大変だし、苦しいし、思ったよりいい事はないかもしれない。
でも、それでもやめられない、つくりたい。
なぜなら楽しいから。ここにしか生きられない場所があるから。
うまく言語化できないこの感情を、同じ業に絡め取られた仲間と一緒に作ってみたら、
自分の現場では絶対許されないような豪華な撮影現場になりました。
特に初めてご一緒する特機チームの見事な手際に興奮が止まりません。
自分で仕掛けた罠に自分がかかってしまうようなものです。
やはり、何があっても映画で生きたいし、映画に、行きたいのです。

●緒方明
撮影での雨降らしは何度も経験あるがここまでびしょ濡れになったのは初めてだった。パン棒を握る手が冷たくかじかんで感覚がなくなる。「もう一回!」容赦ない樋口監督の声。なかなかしんどい撮影でした。だけど決してイヤじゃない。ツラいからこそ面白い。ラクしてたんじゃ面白いことには出会えない。「映画に生きる」とはこういうことなのかも、と思いました。

●尾上克郎
もらった役は「のん組・操演部」。なんだ昔に戻っただけじゃねぇか!カメラマン役狙ってたのにさぁ。そんな俺の心中を他所に監督たちは早々と役に入り込んでいる。負けてらんないですよ。操演部魂、蘇りましたよ!走りました。紙吹雪まきました。そして脚が攣りました…。「映画に生きる」のはホントに辛い(笑)。でもこんなにステキなご褒美もあるんですね。樋口君ありがとう!のんちゃん、皆さんお疲れさまでした。

●犬童一心
カメラマン役、初めて、クレーンに乗り、35mmフィルムを自分で回しました。気分は宮川一夫。楽しかったあ。樋口さん、のんさん、ありがとう。

●片渕須直
普段はアニメーションの仕事をしていて、実写のスタジオはものすごく久しぶりだったのですが、それがのん監督のスタッフ役での出演となってしまうとは。
いいですね、のんちゃんはこれからもいろんな方向で活躍してゆくでしょうし、そのとき必要ならばお手伝いにはいつでも飛んで参りますので。

●白石和彌
なんと多幸感あふれる時間だったのだろう。あちこちに落としたり忘れてしまったモノを見つけることができました。
おかげさまで全身の細胞が生まれ変わる最高のデトックスで体が超軽い。
これでもうしばらく映画の中で生きていけそうです!

●市井昌秀
コロナの影響で自作品の撮影が延期になったことで、久しぶりの現場がまさかのスタッフ役での出演! こんな熱い現場をいつか自分も作りたいと強く思い、改めて映画って、現場って最高だ!と胸躍りました。映画はフレームの外も映画なんだ!

●沖田修一
久しぶりの撮影の雰囲気に、心が躍りました。出るのはとても楽しいです。しかも目の前にのんさんが。のんさんの監督姿は、可愛らしくもあり、格好よくもあり。他、たくさんの先輩たちに紛れて、遊ばせてもらいました。
貴重な時間をありがとうございました。楽しかったです。映画楽しみにしています。

●枝優花
今までの現場史上おそらく最多数映画監督が共存という異常な空間の中で、全員がモニターを確認し、各々演出し合うなんとも不思議な現場。とても楽しませていただきました。和気藹々と皆で1つのものを作る感覚が詰まってるのではないかと思います。これをみた人たちの中から、映画を撮りたくなる人がどんどん増えて欲しいです。
1

2021/3/18 | 投稿者: pdo

某ブログにコメントしようとしたら文字数が多すぎてエラーになったのでこっちに貼り付けます。誰も読まないのにただの自己満足ですが。

はじめまして。のんさんへの熱い思いを冷静な筆致で長年にわたり継続して発信し続けておられる姿勢にいつも敬服しながら読ませていただいてます。

「あまちゃん」の大ブレイクを経て、例の事務所離脱騒動以来、一時は芸能活動そのものが危ぶまれた時期もありましたが(ファンの一方的な老婆心だったかもしれませんが)、「この世界の片隅に」の歴史的な成功があり、近年の(テレビドラマ以外での)各種メディアにおけるカリスマ的な活躍ぶりは、もはや日本の芸能史で未だ前例のない新たな地位に向かって驀進しているのではないかとすら思わされます。

私は松尾スズキのシアターコクーンでのミュージカル作品「キレイ」に強い思い入れがあり、「シブヤデアイマショウ」には個人的に物凄く期待しています。メンバーや舞台から考えて、大きなトラブルがない限りある程度の公演成功は約束されているようなものだと思いますが、現時点での前宣伝の様子から、のんさんをできるだけ前面に押し出して輝かせようという演出側の意図が伝わってくるような気がするからです。

宮藤官九郎作品で衝撃的な(実質)デビューを飾ったのんさんを、師匠格の松尾スズキがどう「料理」するのか。実力者揃いのキャストの中でのんさんが唯一無二の存在感をどのように発揮するのか。彼女のキャリアにとっては「あまちゃん」「この世界の片隅に」に次ぐ重要な作品ではないかと思っています。

とにかくのんさんはこの国でも有数の「持ってる」人ですから(その分だけ抵抗勢力も強い)、このチャンスを確実にジャストミートして、想像を超える特大ホームランをかっ飛ばす気がしてなりません。

それはそれとして、のんさんの今後の活躍の舞台は、日本を超えたアジア全体ではないかという予感もしています。
すでに台湾や香港などでもブレイクの兆しはあるようですが、今後相対的に世界における日本の地位が低下し中国をはじめアジア諸国のパワーが台頭してくる中で(芸能界のレベル的には韓国はすでに日本を大きく上回っていると思いますし中国もいずれさらにそれを追い抜くでしょう)日本がアジア(そして世界)に誇れる女優(スター)はのんさんではないかと思っています。

私は、5年以内にのんさんは国際的に女優として認められる存在になると予言したいと思います。
もちろん希望的観測ですが、日本の女優でそこまでのポテンシャルを感じさせる存在は今のところ彼女しかいません。
逆に、そうならなければ、日本の芸能界は(国力に比例して)どんどん国際的に凋落の一途を辿ると思います。
そのためにも、のんさんに国際的な映画に出演してほしいです。

是枝裕和監督が、韓国の俳優を使って新作を撮るそうです。私は韓国のIUという女優・歌手が大好きなのですが、彼女も出演すると聞いてワクワクしています。のんさんも、是枝監督でも他のアジアの優れた監督でもよいですが、早く国際的な作品に出演してほしいと痛切に願っています。

初書込みなのについ熱くなってしまい、長々と書いてしまい大変申し訳ありません。
貴ブログの今後の益々のご発展を祈念しております。
0

2021/3/7 | 投稿者: pdo

これが今(2021年3月)の彼女。

クリックすると元のサイズで表示します

これが僕が初めて見た彼女の写真(2012年4月)。

クリックすると元のサイズで表示します

これだけ透明感が変わらないって、奇跡以外の何なんですか?

彼女の存在そのものが奇跡ですよね。

地球に生まれてきてくれてありがとう。
1

2020/12/18 | 投稿者: pdo

※ネタバレ全開のため、映画鑑賞後に読まれることをお勧めします


新宿テアトルで公開初日を見に行った。夕方の部で、客の入りは半分くらい。

明日は土曜日で、舞台挨拶もあるので、満員御礼となろう。

僕が映画を見た個人的な意見として、結論から言えば、非常に微妙な作品だった、というのが今の率直な感想だ。

このブログの過去記事を読んでいただければわかると思うが、私はのん(能年玲奈)の信奉者であるといっていいくらいの熱烈なファンである。彼女は芸能界のみならず今の日本の宝だと思っているし、今後も彼女の活動に熱い視線を送り続けることは疑いない。それだけに、彼女の関わった作品を全て無条件に称賛するのではなく、時には不快なことも率直に語らねばならないと思う。

彼女のファンの方は、どうか怒らずに最後まで読んでほしい。

この映画『私をくいとめて』は、もともと綿矢りさの同タイトルの小説を映画化したものだ。

当初は原作小説を読まずに見るつもりだったが、映画公開初日に、ホームページで原作が期間限定で全文公開されていたので、少し迷ったが、それを読んでから見に行った。

結果的に、原作を読んでおいてよかったと思う。もし読んでいなかったら、映画を見ながら頭の中に浮かんだ疑問符がさらに拡大されていたことだろう。

映画のチラシの「ストーリー」には、こう書かれている。

「おひとりさまライフを気ままにエンジョイするみつ子、31歳。みつ子が一人で楽しく生きているのにはワケがある。それは脳内に生まれた頼れる相談役=A。人間関係や身の振り方に悩んだときは、Aがいつでも正しい答え(アンサー)をくれる。Aと一緒に平和でゆるゆるとしたおひとりさまの毎日が続くと思っていたある日、うっかり!年下の営業マン多田くんに恋をしてしまった!おそらくは両想いだろうと信じて、20代と30代の恋愛の違いを痛感しながら、みつ子はAと共に勇気を振り絞り、失敗したら立ち直れないダメージを負ってしまう31歳 崖っぷちの恋愛に踏み出そうとする…。」

この要約は、決して間違いでも不適切でもないのだが、微妙に表現に問題がある。その微妙さがそのままこの映画のもつ微妙さにつながっている気がする。

まず、これは原作自体の問題でもあるのだが、「脳内相談役A」というのが何なのかがよく分からない。映画はみつ子と「A」の対話場面から始まり、もちろん映画のシーンではAの声が聞こえるのだが、それに声を出して答えているみつ子は客観的に見れば虚空に向けて独り言を発しているだけである。

みつ子は自分の部屋の中だけでなく、外でも同じような調子なので、周囲からおかしな目で見られるシーンもある。

前知識のない観客には、「A」がみつ子の無意識(深層心理)の声なのか、脳内対話の相手方としてみつ子が作り上げた妄想の産物なのか判然としない。

しばらくすると、Aはみつ子とは別人格を持っているが、みつ子自身でもあるということが明かされる。ではみつ子は統合失調症ではないかということになるのだが、Aは常時存在するわけではなく、みつ子が悩んだ時の「相談役」として出現することになっている。この設定に普通の観客なら違和感を持ち戸惑うだろう。しかし映画を見続けるためには、まあそういうものだとしてとりあえず不問にするより仕方がない。

みつ子が恋に落ちる相手方の男性・多田くんは、みつ子より2歳年下の設定である。みつ子は、原作では33歳だが、のんが余りにも若く見えるので、映画では31歳と言うことになっている(この点については後述する)。

多田くんはみつ子の会社の取引先の営業マンで、多田くんにお茶を出すみつ子とは面識がある。多田くんが商店街のコロッケ屋に並んでいるのをみつ子が通りがかりに声をかけ、二人は近所に住んでいることが明らかになる。初めてコロッケ屋の前で会話した後、多田くんからの依頼で、彼がみつ子の部屋におかずをもらいに来るようになる。

多田くんが部屋に入ることを許さなかったみつ子が、葛藤の末、多田くんを部屋に上げて一緒に食べるようになったのが1年後というのは、いくらなんでも長すぎだし、初対面の会話から多田くんがみつ子にただならぬ好意を寄せているのが明らかなので、みつ子の葛藤が愚かにしか思えない。ついでに言えば、多田くんを演じる林遣都の演技が舞台役者みたいに大袈裟なのも気になった。

みつ子の職場の同僚ノゾミさん(臼田あさ美)は役相応で好演していた。ノゾミの憧れるカーター(若林拓也)は原作ではすごいイケメン(でも性格が変)設定だが映画ではただの変な奴にしか見えない。まあそれはそれでいい。問題はカーターの出てくる場面が全然面白くない(笑えない)こと。

片桐はいり演じるイカした女上司・澤田は原作ではほとんど存在感がない(出てきてない)が映画でも出番が多い割にはたいして効果的で印象的な場面がない。またこの映画は全体的に意味不明なカットが多く、そのたびに注意が妨げられる。

一番期待していた橋本愛との絡みは個人的に不満が残った。イタリアに嫁いだ親友・皐月(橋本愛)のもとへみつ子が訪ねるのだが、行きの飛行機の場面が余りに謎すぎて、何を見せられているのだろうと感じた。予算の都合だろうが、イタリアロケはしておらず、そのことがバレバレなシーンがうら寂しさを感じさせた。そして橋本愛は原作とは違い、妊娠しており、イタリアに来たことを後悔するセリフがある。二人して涙して語り合う場面は、「あまちゃん」を知る者からすれば感涙シーンのはずなのだが、映画の文脈からは浮いていて、どうも素直に感動できない。

そして、観客が戸惑うのは、コメディとしてのテンポが悪いことと並んで、時折やって来る、みつ子がシリアスな感情を爆発させるシーンが、映画にとっては過度といえる緊張感をもたらすことだ。

例えば、みつ子がイタリアに行く前に、心の準備(?)として一人で温泉に日帰り旅行に行く場面がある。そこで余興で芸人のショーがあり、女芸人がセクハラを受けるのを見て、みつ子が不快になり、それがネガティブな感情を次々に呼び起こして爆発するシーンがあるのだが、みつ子の感情の吐露が映画のムードを超えてシリアスに過ぎ、僕などは引いてしまった。

そもそも、この映画が設定しているリアリティラインやシリアスとコメディ(ユーモア)のさじ加減が最後までつかめない。その違和感が頂点に達するのが、映画の終盤、Aとの訣別(?)が起こる、ホテルでの場面に唐突に挿入される海辺のシーンである。ここは原作でも唐突に感じられるところだが、小説なのでかろうじて許される飛躍だろう。しかしこれをそのまま映像化してしまうと、完全に意味不明なものにしかならない。もし僕が原作を読まずに映画を見ていたらポカーンと口あんぐりするしかなかったと思う。

〜〜〜〜〜〜〜

ここまでは映画そのものへの感想で、小括すれば、脚本、演出ともに限りなく失敗作に近いという評価になる。

では、肝心の主演女優のん(能年玲奈)の演技はどうだったのか。

まず、演技以前の問題として、この映画の主人公みつ子は30歳を過ぎ、婚期を逃して恋人も見つからない地味なOLという人物であり、20代後半に差し掛かったとはいえ、透明で無垢なオーラを保ち続けている彼女が演じるのは不自然さを否めないということがある。

「おひとりさま」ライフを満喫する女性という意味では彼女のイメージとも被る部分もあるが、一方で恋愛に憧れる「女」の部分が彼女(の演技)からは感じられない。

今回もっとも新鮮だったのは、「A」を相手に赤裸々な感情をぶつけまくる「ぶっちゃけ」トークの演技だったと思うが、何だか「逞しさ」(それは彼女が過去数年の実生活上の経験で身に着けたものだと思う)が伝わってくるばかりで、恋人が欲しいと焦るプチお局様の切実さよりも、むしろ私は男なんか必要としないよ、という強さを感じさせた。

そして先にも指摘したように、何度かの感情を爆発させるシーンは、この映画の許容範囲を逸脱するレッドゾーンの域に達していたため、観客を感動させるというよりも、不必要に緊張させ、戸惑わせるものになっていた。

ファンの贔屓目でいえば、彼女はこの映画のスケールに収まりきるような女優ではなく、言葉本来の意味で、役不足であったという感が否めない。

橋本愛とのシーンで感じられたチグハグさについては前述したとおり。


さて、これまでネガティブなことばかり書いてしまったので、不快になられた方も多いと思う。

しかし、最後に言わなければならないのは、一ファンとして、彼女を映画のスクリーンで存分に見られたことは至上の幸福であったということである。僕はこの体験を何年待ち続けたことか。

これほど酷評すべき映画であったにもかかわらず、僕は映画館を去るときに途方もない幸福感に満たされていたのである。

この映画のヒットを祈願するとともに、再び近いうちにスクリーンで彼女の姿を拝めることへの希望を糧に明日から生きていこうと思う。
3

2020/11/6 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

女優の、のんと橋本愛が5日、EX THEATER ROPPONGI で行われた第33回東京国際映画祭での『私をくいとめて』舞台挨拶に登壇し、「電気が走るような快感」だったという7年ぶりの共演を振り返った。

 本作は、2017年公開のヒット作『勝手にふるえてろ』に続いて、芥川賞作家・綿矢りさの小説を大九明子監督が映画化。脳内の相談役「A」からアドバイスを得ながら生活する、31歳の独身女性・黒田みつ子(のん)の不器用な恋を描く。橋本が演じるのは、みつ子の親友でイタリアに嫁いだ皐月。のんと橋本は、2013年放送の朝ドラ以来、7年ぶりの共演となる。舞台挨拶には林遣都、大九監督も来場した。

 のんは、橋本との久々の共演に「すごくうれしかった」と目を輝かせ、「撮影の前の日は、明日は愛ちゃんだと思ってワクワクしていたけど、実際に顔を合わせてみるとすごく恥ずかしくて、緊張して。目も合わせられなくて。数年の間に、映像だったり、作品で観てはいましたが、実際に観ると美しさが増していると思ってドキドキしてしまって。呼吸がしづらくなって。待ち時間になったら、ハァハァ息をしていなかった、というくらい緊張していました」と興奮を隠せない。

 橋本も「久しぶりにお会いしたんですが、わたしが入った初日がラストシーンの撮影だったんです」と切り出すと、「その頃には、わたしとのんさんの役どころの関係性はエンディングを迎えているのに、

わたしたちは久しぶりすぎて、ヘラヘラしすぎてしまって段取りにならなくて。しかもセリフがないシーンで、アドリブで会話を作りあげないといけなかったのに、お互いニヤニヤしながら。

大九さんには段取りにならなくて、申し訳ないなと思いました」と反省も。しかしその後に「これじゃいけないなと思った」という橋本は、のんと一緒に本読みの練習をすることにしたという。

 「二人で軽く読み合わせただけだったのに、ものすごいスピードで二人の関係が埋まっていく実感があって。なんとか次のシーンに間に合って。すごいな、魔法だなと思って

と振り返った橋本は、

久しぶりにお芝居をしたけど、やっぱり玲奈ちゃんの瞳からいろんな感情や情報が伝わってきて。セリフ以上の心の言葉をやりとりする時間を毎シーン感じていて。電気が走るような快感だったんですよ。だから楽しく撮影をしていました」と述懐。

のんも「愛ちゃんが本読みに誘ってくれて。みつ子と皐月として心を通わすことができて。演技を始めたら、自分の中では愛ちゃんと演技を交わしているというのが自然なことだったというか。何も不自然なことがなかったので、何の抵抗もなくて楽しかったです」と笑顔を見せた。

 今年の東京国際映画祭は、昨年まで実施していた「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督作品の「アジアの未来」、日本の気鋭作品の「日本映画スプラッシュ」の3部門を、「TOKYOプレミア2020」として1つの部門に統合。この部門の全作品を対象に、観客の投票で決まる「観客賞」を設ける形で開催。本作は、「TOKYOプレミア2020」部門の出品作品として上映された。
(シネマ・トゥデイより。取材・文:壬生智裕)



あれからもう7年になるんですね。

愛ちゃんのコメントが相変わらず才気走っていて素晴らしいっすね。

観る前に原作を読もうかどうか迷い中。
2




AutoPage最新お知らせ