2021/8/26 | 投稿者: pdo

久しぶりに、将棋の話です。

昨日、藤井聡太二冠(王位棋聖)が挑戦者の豊島竜王に勝ち、四勝一敗で王位を防衛。

まだ両者の対戦は、二勝二敗のタイで迎えた叡王戦最終第五局が来月にあり、もし藤井二冠が来週の月曜日に行われる永瀬王座との竜王挑戦者決定戦第二局に勝利すれば、豊島竜王への挑戦が決まる。

現在の将棋界は、藤井二冠、渡辺名人、豊島竜王、永瀬王座の四強といわれており、藤井二冠が今年度中に竜王か王将のタイトルを奪取することになれば、藤井一強時代が早くも到来するかもしれない。

将棋界にはおよそ二、三十年に一度の割合で棋界を支配する大天才棋士が現われているが、現在の藤井二冠のような若干十代にして完成された強さを備えた棋士は将棋の歴史にも類を見ないと思われる。

藤井聡太の凄さはすでに小学生の時にプロ棋士を含めた詰将棋選手権で優勝したときから認められていた。この子が将来どんな凄い棋士になっても驚くまい、と当時既に、師匠の杉本八段を含め多くの者が感じていた。

そして藤井二冠は、その時から周囲の期待にまったく違わぬ成長を見せ続けている。

棋士のピークは一般に二十代後半から三十代にかけてというが、まだ十九歳の藤井二冠にとってピークと呼べる時代はいつになるのだろうか。少なくともまだそれが来ていないことは確かだろう。もし通常の成長曲線に従うとすれば、あと十年は強くなり続けることになる――

・・・などと、誰でも書くようなありふれたことしか書けないのが悔しい。

前人未到の記録の藤井であるが、やはり凄い人というのはいるもので、藤井ですら達成できるかどうか分からない記録を先人は残している。

その一つが、最年少名人位獲得である。谷川浩司九段が二十一歳二カ月で達成している。

これを破るためには、今期のB級1組で昇級し、さらに次期のA級でも1位になって名人に挑戦することが必須の条件となる。

そのとき名人位に就いているのは、現在の渡辺名人である可能性が高い。七番勝負になれば、藤井二冠の方に分があると思われるので、順位戦を二年連続で突破できるかどうかがカギだ。今期の順位戦では現時点で二勝一敗。A級に上がる為には、もう負けることは許されない――

記録については意識しない、ただ目の前の一局に全力を尽くすのみ――こう普段から語って憚ることのない藤井である。それは決して気取りやポーズではなく、本心であることも確かであろう。そういう心構えを崩さないからこそ、ここまで勝ち進んでこれたのである。

しかし、史上最年少の名人位という記録は、いかな藤井聡太といえども意識せざるを得ないと思われる。将来藤井が名人になることを疑う者はいないだろうが、〈いつ〉それが実現するかが最大の注目ポイントとなっている。

藤井の師匠・杉本八段は、藤井の将棋を観て、「いつも体力のある村山聖」だと評したことがある。

その、杉本のライバルでもあった故・村山聖八段は、「名人になる」という悲願を達成できぬまま、二十九歳の短すぎる生涯を終えた。

村山にとって、名人位を奪取すべき相手は、史上最年少名人・谷川浩司を措いて外にいなかった。

村山は、A級八段に昇段したとき、「彼方へ」というエッセイの中で、こう書いた。

お金も名誉もいらない。頂点に立つ事、それだけだ。勝負の世界には、後悔も情けも同情もない。あるのは結果、それしかない。・・・

四段になって考えていた。60連勝すれば名人になれる。・・・

これからが本当の勝負、そう思っている。


藤井聡太が名人になる日、それは将棋の歴史が一つの区切りを迎える日だ。

それがどんな区切りになるのかは、まだ分からないが。
0

2021/6/28 | 投稿者: pdo

藤井聡太さんの対局日程の過密ぶりがすごい。

2021/06/29,30【王位戦・第1局】豊島将之竜王 ●
2021/07/03【棋聖戦・第3局】渡辺明名人 〇 ☆棋聖防衛☆
2021/07/06【順位戦】久保利明九段 〇
2021/07/10【竜王戦】山崎隆之八段 〇
2021/07/13,14【王位戦・第2局】豊島将之竜王 〇
2021/07/18【棋聖戦・第4局】渡辺明名人
2021/07/21,22【王位戦・第3局】豊島将之竜王 〇
2021/07/25【叡王戦・第1局】豊島将之叡王 〇
2021/07/29【棋聖戦・第5局】渡辺明名人
2021/07/30【王将戦二次予選・準決勝】石田直裕五段 〇
2021/08/03【叡王戦・第2局】豊島将之叡王 ●
2021/08/06【竜王戦】決勝トーナメント 八代弥七段 〇
2021/08/09【叡王戦・第3局】豊島将之叡王 〇
2021/08/12【竜王戦】挑戦者決定三番勝負・第1局 永瀬王座 〇
2021/08/16【王将戦】二次予選 稲葉陽八段 〇
2021/08/18,19【王位戦・第4局】豊島将之竜王 〇
2021/08/22【叡王戦・第4局】豊島将之叡王  ●
2021/08/24,25【王位戦・第5局】豊島将之竜王 〇 ☆王位防衛☆
2021/08/28 アベマトーナメント(非公式戦)
2021/08/30【竜王戦】挑戦者決定三番勝負・第2局 永瀬王座 〇
2021/09/02【棋王戦】挑戦者決定トーナメント 斎藤明日斗四段 〇
2021/09/06,07【王位戦・第6局】豊島将之竜王 〇
2021/09/11 アベマトーナメント準決勝(非公式戦)
2021/09/13【叡王戦・第5局】豊島将之叡王 〇 ☆叡王獲得☆
2021/09/16【順位戦】木村一基九段
2021/09/17【棋王戦】挑戦者決定トーナメント 斎藤慎太郎八段
2021/09/18 アベマトーナメント決勝(非公式戦)
2021/09/20【順位戦】木村一基九段
2021/09/25【JT杯】千田七段
2021/09/27【王将戦】挑戦者決定リーグ 1回戦 糸谷哲郎八段
2021/09/28,29【王位戦・第7局】豊島将之竜王
2021/09/30【順位戦】横山泰明七段

日付未確定対局
【NHK杯本戦T・二回戦】深浦九段or都成七段

棋聖戦は次の第3局で勝てばタイトル防衛が決まり、第4局と第5局はなくなるのだが、それでも過密であることには変わりがない。

注目すべきは、その対局相手のほとんどが豊島竜王・叡王であることだ。

つまり豊島竜王も同じスケジュールなわけだから、条件は対等といえる。

叡王戦五番勝負と王位戦七番勝負で十二番勝負に加え、藤井二冠が竜王戦の挑戦者にもなれば、なんと竜王戦七番勝負を加えて十九番の鬼勝負となる。

ほとんど無敵を誇る藤井聡太二冠だが、これまでの豊島竜王との対戦成績は1勝6敗と大幅に負け越している。

今年の連戦で、これまでの借りを返せるか。それとも再び返り討ちに会うのか。

この夏はこの二人の勝負から目が離せない。
0

2021/2/10 | 投稿者: pdo

藤井聡太王位・棋聖が、昨日行われたB級2組順位戦でて窪田七段に勝利し、9勝0敗で最終局を待たずB級1組への昇級を決めた。

プロでは今では比較的珍しい居飛車対四間飛車の対抗形となり、ネット将棋でよく出て来る形なので興味深かったが、機敏な仕掛けから優勢を築き上げ、ほとんど一方的に押し切った、強い将棋だった。

佐々木勇気七段も昇級を決め、来期は藤井聡太と再び順位戦で対局することになる。

これで来期のB級1組は、毎年のことではあるが、大変な実力者ぞろいの激烈なリーグとなった。ここを藤井聡太が1期で通過できるかどうかはさすがに予断を許さない。

藤井が四段デビューしてから、持ち時間6時間を超える将棋で負けたのは、順位戦C級1組の近藤誠也七段だけ(順位戦唯一の敗北)という、信じられないことになってている。

来期の順位戦では、チェスクロック方式ではなく、ストップウォッチ方式となるため、実質的にはこれまでより持ち時間が増えることになる。この条件は藤井にとって有利にしか働かないだろう。

そして、明日、2月11日には、藤井が2連覇中の朝日杯トーナメント準決勝と決勝が行われる。

準決勝では渡辺明名人と対局する。この勝負を決した側が優勝する可能性が高いと見ている。

順位戦の疲れが残っていなければよいが、18歳の若さのエネルギーと体力が、かえって昨日の勝利をバネにする方向で将棋にも勢いをもたらすかもしれない。順位戦のような長考が許されない早指し棋戦であることがどう作用するか。

渡辺名人の強さは今更語るまでもなく、現在の将棋界最高のカードの一つを、しっかりと楽しみたいと思う。
0

2020/10/9 | 投稿者: pdo

コロナ禍による対局日程中断という未曽有の事態に襲われた2020年の将棋界の締めくくりを飾る、第33期竜王戦七番勝負が始まった。

初防衛を期する豊島竜王に挑戦するのは、タイトル通算百期という前人未到の記録の達成をあと一期残すのみとなった羽生善治九段。

二人に共通する点は、直近の対藤井聡太二冠との対局にいずれも勝利しているということ。

どちらも王将リーグでの対局であり、豊島竜王はその前にもJT杯で藤井二冠に土をつけ、藤井二冠はプロになって初めての三連敗を経験した(銀河戦など勝敗非公開の棋戦を除く)。

豊島竜王はなんと藤井聡太二冠相手に通算成績6勝0敗という一方的な成績を上げており、いくら豊島竜王が現在の将棋界きっての実力者とはいえ、相手はあの勝率8割を誇る藤井二冠であり、この一方的な対戦成績は棋界七不思議の一つに挙げられよう。

羽生九段は先月で50歳を迎え、いよいよ棋士としては若手や中堅を相手にするベテランの域を迎えた。50代の棋士が竜王戦七番勝負に登場するのは初めてとなる。これまでの最年長者は第31期の羽生で48歳。

竜王戦の前身棋戦である十段戦では、1974年に当時50歳の大山康晴が、中原誠十段を4勝3敗で破って十段位に就いている。50歳でタイトル取得は初めてのことであった。
ちなみに大山は50代でタイトルを11期も獲得している。どれだけ破格な棋士かが分かる。

2年前に無冠となって以来タイトル戦に縁のなかった羽生にとって、今期の竜王戦には特に期するものがあることだろう。数々の前人未到の記録を作り続けてきた羽生。若手のレベルは年々上がっており、その下には藤井聡太という怪物が出てきた現状、この機会を逃すと次の機会を得るのはいつになるか分からない。

一方の豊島も、若手の頃は「無冠の帝王」と呼ばれ続け、悲願のタイトル保持者となってからは、まだ防衛戦に一度も勝っていない。名実ともに棋界を背負う代表者となるためには、この竜王戦は何としても防衛したい。

個人的には、やはり同世代である羽生九段を応援したくなる。世間の風も圧倒的に羽生贔屓に傾くのもやむを得ないところだろう。

今期羽生が竜王を奪取し、翌年に藤井聡太の挑戦を受けて立つというのが、多くの将棋ファンの夢想するところであろう。両者の対決をタイトル戦という場で見てみたい。それも竜王戦という最高の舞台で。間違いなく将棋界の歴史に永遠に語り継がれる番勝負になる。

暗い世相の最中にあって、将棋界はファンに大きな夢を見させてくれている。将棋ファンのみにとどまらず、将棋を知らない人々にまで藤井聡太らの活躍は励ましを与えるものとなっている。

「将棋というのは本来なくてもよい仕事だ。だからファンを喜ばすような将棋を指さなければいけない」と言ったのは天才・升田幸三だが、今のプロ棋士たちはファンを喜ばせるために、あらゆる手を尽くして励んでいるように見える。彼らのファンサービスは時に過剰と思えるほどで、そこには純粋な善意とサービス精神しかないから、笑いながら感謝の涙が出てくる。

私自身は将棋棋士という存在を決して「なくてもよい」仕事だとは考えておらず、一種の聖職者とみなし、最大級の敬意を抱き続けている。彼らの存在は非日常のレベルにあり、純粋に尊い。

私は、棋士が存在しなくなる世界になど、生きていたいとは思わない。

そんな棋士の中でも、別格の神々の戦いを、リアルタイムで見れることの幸運に、震えずにはおれない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/9/22 | 投稿者: pdo

羽生善治九段、藤井聡太二冠に5度目の対戦で初勝利!“レジェンド 対 天才”対決制す/将棋・王将戦挑決L

こんなことを言っては何だが、面白くなってきた。

いくら超天才とはいえ、あっさりと無敵になられては、プロ棋士の名が廃るってもの。

特に羽生さんは、これまで公式戦で藤井二冠に4連敗しており、唯一の白星は非公式戦の1勝のみで、それも先崎九段によれば勝たせてもらったようなもの。

そんな背景を考慮すれば、今日の勝ちは同世代として素直にうれしい。

将棋の話題としては、昨日豊島竜王が永瀬王座から叡王位を奪取したばかりだが、来期以降の叡王戦の開催について、明日将棋連盟から発表があるという。

スポンサーのドワンゴが撤退するのではないかなどの噂も流れているが、ニコ生にはこれまで将棋コンテンツで色々と楽しませてもらったので、ニコ生と関わりのある何らかの形で棋戦存続を願っている。
0




AutoPage最新お知らせ