2016/10/9 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

私は『楽しみ中央平野』を読みたい。私は、彼らが好きなものを使用することができます。また、私たちは自分のものを見習いたいと思います。あなたは、しかし、これらの恵みを知らないようなことを処罰する必要があります。同様に最後に満足した、問題が解決されていない独自のは不可解である。

私たちは「それを持っている」と何度も時間が何であるか、そして心は「それはあなたの本を修正した」と発表しに来て、文献からこの本である言葉を私の理論的には影響を著者である、私は!

自分の言葉に「それは信じられないほどとは思わないが、私は問題が依然として存在し、それは非常に清潔に行かなかった。それは彼に残っている」とあります。それはどんな存在することは考える必要があると考えていることです。状況がそう簡単ではない。人々が見るように、そして悪夢に落ちました再生読み取ることができる時間、同じものは存在しない。現代社会の役割をしませんために、それは欲望に依存します。私たちは、患者を書き込むことができます。あなたは問題の痛みを受けることです。それは私のようにされていません。これは、天と地の種類はありません。

退屈なそのようなことを書くことができる方法がないからです。また、もちろんのために、それは楽しさと同時に、記録の衝突と株式市場の金融危機の終わりから始まったが、あなたは雑誌を読み取ろうとすることができます。製品の市場の一部ではありません競合がありません。怠惰な傾斜が続きます。昨年から。外観時代を超越したから、今から、あなたはまた、次の状態、または怠惰に行くことができます。そのような重要な理由はない。ゴジラが表示されません。地震が発生する可能性のある自然災害。おそらく人類は徐々に世界で掻き、これらの災害は保存されます。今、あなたは、このビジョンはありません。

このいつでも月の夢。今日の住んでいる世界に加えて、今では世界を考えていわゆる千年は何ですか? つまり、これらのプログラムを実行中に、高用に、世界で信頼を拡張。これは、世界の短い表現です。彼らは、または心の準備をすることができなく、神の意志になることはありませんが、世界の状況であるため、この場合にも、はるかに永遠に存在していないでしょうか?

一方、彼は同じ世界に存在していない透明なことができるよう知らなかった。あなたの心を変えるまで、あなたがそう思うなら、世界が怠惰な非現実的な場合にのみ削除されます。しかし、あなたはどのようにこの操作を実行することができますか? 捕虜とSFの決定論と運命論、彼らは悲しい事実を選択します。世界で、彼はちょうどこの方法では、仕事をした。これは、世界で継続されるなど世界よりも、すべての存在は幻想理由である。

拘束のための要件の一部、真実に直面しながら、できませんならしてください。初めて顔とお金のために。私たちは、死に直面しています。あなたは無償なら知っている。歴史。

それはきれいな、無実を保有しています。永遠にあなたに、またはしない彼女の到着に、待機状態が続き?常に、メシアの到着を促進して、それはあなたの意思決定、将来の人々のための希望していない場合、私たちは失望と希望の種を与えないを参照してください。

この救世主。それはあなたの顔の写真の前になります。彼は最初に認めた。将来と今、あなたも、それを逃れることはできない。もちろん、私のイメージと自己評価とそれ以上。すべての選択肢が魂の高さ。要するに、これらの疾患自体のレベルで、これは単に概念である。あなたは彼がメシアであることの証拠がないことを知っている場合。

0

2013/6/12 | 投稿者: pdo

ユリイカ「総特集 岡村靖幸」を買う。

執筆陣が豪華で、皆が「岡村ちゃんと私」について思いのたけを語っているのを見て、自分も岡村ちゃんとの関係について書きたくなった。

そのうち。


「ユリイカ」では川本真琴の文章が短いけど良かった。

坂本龍一との対談は、以前ラジオで流されたものの書き起こしだったのでちょっとがっかり。

0

2012/5/6 | 投稿者: pdo

マキタスポーツのラジオに岡村靖幸がゲスト出演していたのを知ってびっくりした。

先週は大槻ケンジが出ていたみたいだ。

話題の映画「苦役列車」にも、挿入歌を提供していて、なんとあの前田敦子と共演を果たしているという。

マキタ台風が徐々に勢力を拡大しながら北上中である。

同世代だからシンパシーを感じるんだよね。そろそろ花咲かせてほしい。


0

2011/6/24 | 投稿者: pdo

スピッツの『青い車』(アルバム『空の飛び方』収録)という曲の歌詞を勝手に意訳してみた。

本当の歌詞はこちら






青い車

/作詞作曲 草野正宗



お互いの指と首を絡めあって

君と僕がひとつになった朝

もう何も恐れるものはないと思った

僕のいのちと君のいのちは

木々も水も火もすべてのものに宿っているいのちと

同じものだってことに気づいたよ

それでも僕には君がとびきり美しく見えてしまう

君と二人なら どこまでもいけそうな気がする

君のいのちとからだの神秘を一緒に探検しよう

これまでの人生でやり残したことや思い残したことを全部やってみよう

二度と生まれ変わらなくてすむように

はじめもなく終わりもないマーヤ(幻)を味わい尽くそう

僕たちのいのちは<永遠の今>に溶け込んでいく




3

2011/5/20 | 投稿者: pdo

8月27日・28日に山梨・山中湖交流プラザきららで行われる、スペースシャワーTV主催の野外ライヴ・イベント<SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011>に岡村靖幸が出演することが明らかになりました。
 
 岡村靖幸は2008年5月に覚せい剤取締法違反の罪で懲役2年の実刑判決を受け、復帰後はリミックス楽曲のリリースやMyspaceでのデモ音源発表などで音楽活動を再開。ライヴに出演するのは2007年11月に行なわれた自身の全国ツアー大阪公演以来約3年9ヵ月ぶりとなります。帰ってきた天才がどんなパフォーマンスを披露してくれるのか大きな注目を集めそうです。




岡村ちゃんは自分の世代に最も「刺さった」アーティストの一人だった。

1980年代後半、渡辺美里に『虹を見たかい』などの楽曲提供していた頃から、すでにその非凡なセンスを覗かせていた。

1stアルバムの『Out of Blue』の頃はまだちょっと気になる若手という感じだったが、2ndアルバムの『Date』は相当なスグレモノで、『19』『いじわる』>、『イケナイコトカイ』といった楽曲は同時代の中でかなり図抜けたクオリティだった。岡村ちゃんの奇妙なダンスの魅力とも相まってその動向に注目し始めたのもこのころだ。

続いて出たシングル『聖書(バイブル)』『だいすき』がまた凄かった。

当時テレビ東京の深夜にやっていた『eZ』という音楽番組で『バイブル』のPVを見たときには文字通りその動きの虜になった。プリンスとマイケルジャクソンの動きを独自に解釈した、マキタスポーツ曰く「下手なまま完成されている」ダンスは、岡村ちゃんの音楽、歌詞とも奇妙にマッチしていた。

こんなアーティストはこれまでにいなかった。

続く3rdアルバム『靖幸』

ここでいったん岡村靖幸のスタイルは完成する。

ものの見事、としか言いようのない『靖幸ワールド』が全開していた。

前作の『いじわる』は『どんなことをしてほしいの僕に』という形でその、なんというか、独自の「えろきもい」世界を進化させていたし、『友人のふり』という名バラードは、聖子ちゃんソングを愛する岡村のロマンチックな才能が純粋に開花したものだった。

当時は海外ではプリンスが、やはりその独自の世界観と圧倒的な才能で一世を風靡しており、プリンスにぞっこん入れ込んでいた自分は岡村ちゃんの和製プリンス・サウンドにも完全にノックアウトされた。

岡村のアーティストとしてのキャリアの頂点がここだったと振り返れば思う。

そして、ここまで完成された作品を出した後、いったいどうなっちゃうんだろうというわれわれの期待を、さらに大きく上回る超弩級のアルバムが出る。




『家庭教師』。



今から思えば、この作品を作ってしまったことが岡村靖幸の悲劇だったのかもしれない。

こんなアルバムはこれまでになかった。
そしてこんなアルバムを作れるのは岡村ちゃんしかいなかった。

1990年代の邦楽でアルバムを1枚挙げるとしたら、この『家庭教師』を挙げるのが歴史的に見て正しいのだと思う。

当時のミュージシャンで、これを聞いて打ちのめされなかった奴は相当に感度の鈍い人だろう。逆に、感度の高い才能のあるミュージシャンほど脱帽している。ミスチルの櫻井も、コーネリアスも、電気グル―ヴも、大変なショックを受けたことを告白している。

すでに岡村ファンだった僕らにしてみたら、これは24時間へヴィーローテーションするしかない、まさに「麻薬」のようなアルバムであった。

この形容詞が大袈裟でもなんでもなく、文字通り「真実」を突いたものであることは、その後の歴史が証明している。

その後の岡村ちゃんは、この『家庭教師』という、とんでもなさすぎるアルバムにある意味で押しつぶされてしまったのだといえる。

まず、新作がリリースできなくなった。

『家庭教師』以上の作品を生み出すための、スタジオでの終わりのない苦闘が始まった。

しかし、『家庭教師』を超えるクオリティを追求することは、アーティストに不可能を強いるものだった。岡村ほどの才能をもってしてもそれは無理な相談だった。

その結果として、信じられないくらい太った。
精神的な煮詰まりが、体型にそのまんま現れていた。

『家庭教師』ツアーの岡村と、その後の岡村とは完全に別人だった。外見的に。

「禁じられた生きがいツアー」を見に行き、ステージのライトが付いた瞬間の衝撃は今でも忘れられない。



ものすごいブランクを経て生み出された新曲『パラシュート・ガール』と『ターザンボーイ』を含む問題作『禁じられた生きがい』は、当時の岡村ちゃんの生き詰まり感がモロに反映された内容だった。

『どおしたらいいんだろう』という曲が象徴的だ。

岡村ちゃんが信じられないほど太ったことへのショックとも相まって、正直聞くのがつらかった。『青年14歳』という曲が突出して光っている印象を受けた。ただし、光ってはいたが、なんかヤケクソな光り方だった。

その後の岡村ちゃんは、電気グル―ヴとコラボしてみたり、ホームページで楽曲を発表したりしていたが、基本的は模索しながら下り坂を下っているように見えた。

『真夜中のサイクリング』という素晴らしい曲もあったが、どことなく病んだ印象を受けたものだ。

そして、あの事件だ。

1回目(実際は2回目)はまだしも、2回目(実際は3回目)はいくらファンでも許すことができなかった。

もう二度と復帰すべきではないと思った。

だから今回は正直手放しでは喜べない。

もちろん本人も甘い気持ちではないとは思うが、冷酷に言わせてもらえば、岡村靖幸はもう過去の人であり、終わったアーティストだ。

だから今の彼に過去の幻影の続きを見ることや、まして過去の作品のようなクオリティを期待するのは間違っている。

今は、元ファンとしてではなく、一人の元ミュージシャンの更生を見守る気持ちで応援したいと思う。

0




AutoPage最新お知らせ