2019/4/16 | 投稿者: pdo


ノートルダム塔の頂上からの眺望はいつも私に多くの不思議な考えを呼び起こしてきた。この塔の下でどれほど多くの世紀が過ぎ去り、どれほど多くの物事が変化し、そして実際にはどれほどわずかなものしか変化しなかったことか!

ノートルダム大聖堂については非常に多くのことが書かれてきたが、実際に知られていることはあまりにも少ない。自分で既存の資料を調べてみた者でなければ、大聖堂の建設についていかにわずかな事実しか知られていないかとても信じられないだろう。

その建設には長い年月が必要であった。工事がいつ始まり、いつ終わったかは知られている。何かの形で建設に関わった司教たちや、当時の法王や王も知られている。しかし、建設者そのものについては、その名前の他には何も知られていない。しかもその名前すらほとんど知られないままである。

建設者たちのスクールが存在したことは知られている。当然それは存在していたはずである。どんな親方も徒弟たちと一緒に働き、たいていは一緒に暮らしていたのだから。画家も彫刻家もこのようにして働いていた。建築家たちももちろんそのように仕事していたのである。しかしこれら個々のスクールの背後には非常に複雑な期限を持つ他の制度が存在していた。それは単に建築家のスクールや石工(メーソン)のスクールではなかった。大聖堂の建設は、粗野で、愚かで、迷信深く、偏見に満ち、スコラ的な中世という時代に、完全に自由な哲学的・心理学的スクールが存在し続けるために、並みはずれて賢明に考案された計画の一部だったのである。これらのスクールは我々に巨大な遺産を残してくれた。しかし我々はすでにそのほとんどを、その意味と価値を理解することなく使い捨ててきたのである。

再びノートルダムを見るまでに8年の歳月が流れた。それはほとんど前例のないほど激動と破壊の年月であった。ノートルダムの中の何かが変わったように私には思われた。それはあたかも自らの終わりを予感し始めたようであった。犯罪の歴史の中にかくも輝かしい頁を書き記したこの年月の間に、ノートルダムの上に爆弾が落ち、砲弾が炸裂した。ノートルダムが、20世紀の素晴らしいお伽噺だったフランス大聖堂のように進歩と文明の犠牲者として消滅する運命を共にしなかったのは、ただの偶然にすぎない。

塔に上り、降下する使徒たちを再び見たとき、私は、何も知ることを欲しない人々に何かを教えようとすることのむなしさと、そのまったくの無益さに心を打たれた。

そして再び、前に何度も行ったのと同じように、ただ一つだけこれに対抗する議論を見出すことができた。それは、おそらく使徒たちの教えとノートルダム建設の目的は、すべての人々に教えることではなくて、特定の観念を少数の人々に対して、「時間という空間」を通して伝えることにのみあったのではないか、ということである。現代科学は小さな地球の表面という限界内で空間を征服した。秘教科学は時間を征服した。それは観念を不変のまま伝達し、何万年もの時を通じてスクールの間の交信を確立する方法を知っていたのである。(1922年)

『新しい宇宙像』(P.D.ウスペンスキー)第9章第1部より

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/25 | 投稿者: pdo

最近聴かない週がチラホラあったのは確かだけども、週末の朝早くに目覚めてしまって寝付けそうもない時などに重宝していたラジオ番組。

人生で大切なことはほとんどすべて菊地成孔師から学んだ・とまでは言わないまでも、けっこう節目節目で参考かつ指針となるようなアドヴァイスィズ(複数形)をくれる大切なアニキ。

『粋な夜電波』から学んだこと・生活の中のあらゆる場面を楽しむこと。韓国ソウル&HIPHOPの凄さ。日本のHIPHOPの楽しさ。洗練された怒り方。アントニオ・カルロス・ジョビンの「三月の水」の素晴らしさ。aikoの天才さ。ジャズ全般の楽しみ方。人生において抑制力というのもつ高度な役割。人を本心から悼むこと。イカサマが持つ輝き。シュミラクラという用語。ロックにしかないと思い込んでいたロック精神が今ではロック以外の分野にあること。「リキを入れる」という言い方が完全な私語であること(渋谷陽一がよく使っていた)。TBSの女子アナがとんでもなくエロいこと。警視庁から交通情報を伝えるアナウンスの女性がとんでもなく魅力的であること。どんな悲劇にもユーモアをもって対峙しうること。50代になってもまだまだやれること。薄毛でも粋な生き方ができること。


0

2018/1/3 | 投稿者: pdo

正月早々、新海誠の『秒速5センチメートル』をテレビでやっていたのを見てボロ泣きしていたら家族に散々馬鹿にされた。

2回目を見返したら全然泣けなかった。余計な情報というものが頭脳をいかにスポイルするかがよく分かる。

物事を虚心坦懐に見るというのは年を重ねるごとに難しくなっていく。

世の中こういうものだという先入観ができてしまって、何事にも新鮮な気持ちで取り組むことができない。

何だか生きた心地が全然せず、そんな不安定な精神状態のまま、時間が止むことなく続いていく。

米本土全域が核攻撃の射程圏内にあり、核のボタンが私の事務室の机の上に常にある。

今年はわが人民が建国70周年を大慶事として記念し、南朝鮮で冬季五輪が開かれる意義深い年でもある。

凍結状態にある北南関係を改善し、民族史に特筆すべき重大な年にすべきだ。

大晦日の紅白歌合戦は特に顔つきが獣じみた感じの面白いフォークシンガーがl;0pp;l−−−−−−登場すると、若干乾いた感じの笑いがNHKホールにこだまするのが聴こえた。

政府は、皇太子さまの即位に伴う2019年5月1日の改元を巡り、新たな元号は画数ができるだけ少なく、なじみやすい漢字を用いる方針だという。

政府は、元号選定にあたり、〈1〉国民の理想としてふさわしい意味を持つ〈2〉漢字2字
〈3〉書きやすい〈4〉読みやすい〈5〉これまでに元号やおくり名として用いられていない
〈6〉俗用(日常的に使用)されていない――という基準を要領で定めている。

これを踏まえ、1文字15画を上限とし、できる限り画数の少ない漢字を選ぶ方針だという。

そこで僕も今年は何か一つくらいいいことをしようと元号の案を思って考えてみた。」

1.希望(きぼう)

2.平和(へいわ)

3.富士(ふじ)

ひふみんをテレビで見るのはつらい。

2

2017/10/24 | 投稿者: pdo



新宿でブツを入手。

↓ こっちのはなかなか読み進められないが、↑ こっちはサクサク読める。

もちろんクオリティに優劣はない。

自分は個人的にDCPRGよりもペペトロメントアスカラールの方が好みなので、そのへんの絡みもあるのかもしれない。

この人のように才能が有りすぎるというのは不幸なのか幸福なのかそんなことを考えてもいつまでたっても幸福は実現できないから仕方がないなと思う。




0

2017/10/22 | 投稿者: pdo



早く読みたいのだけど台風で外に出る気になれず。

投票には行ったけど。「外山恒一」と書いてきた(嘘)。

僕は字がめちゃくちゃ汚いです。

どれくらい字が汚いかって?

昔、外交官になるために勉強していたノートを見てみると、どれくらいひどいかがよくわかります。

だから今日、僕が投票用紙に書いた文字も、たぶん判読不能だと思います(笑)

ところで、というわけで、歯医者の先生がマスクを付けているのは、患者の口臭を防ぐためでも、歯医者の先生が虫歯を隠すためでもなく、感染予防のためでした。(超ふつうの理由でした)


0




AutoPage最新お知らせ