2020/11/26 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します

ぼくは魔法使いじゃないよ。ぼくはフィオリートで生まれたディエゴだ。でも、魔法使いとはフィオリートに住む人びとをさすと言っても間違いじゃない。彼らは1か月を1000ペソ(ほとんど最低限の生活しか賄えない額)で暮らしているんだから。

―ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(1960−2020)



国内外問わず、プロのサッカーの試合をリアルタイムで追いかけなくなってからもう久しいが、ぼくにとってマラドーナは常にサッカーの代名詞だった。いや、サッカーだけではなかった。

アルゼンチンの人々やイタリアのナポリの人々やその他大勢の人々にとって、マラドーナはサッカー選手以上の存在であり、自分の感覚もそれに近い。だが、ここはやはりサッカーについて語るべきだろう。

ぼくは、小学生4年から6年まで、親に勧められて、地元の少年サッカークラブに通っていた。

田舎の、特に強豪でもないチームだったが、ぼくの運動神経では一軍でのプレーは叶わず、二軍のチームで地元の大会に出ては1回戦で負けていた。

それでも、何も練習していない子供よりは多少ボールが扱えたので、小学校のサッカーチームではそこそこ活躍でき、それがぼくにとってスポーツで楽しかった唯一の思い出だ。

その頃、日本はJリーグができる前で、サッカー少年がプロのサッカーの試合が見れる機会は、テレビで毎週土曜日に45分だけ海外のサッカーリーグの試合を放映する「ダイヤモンドサッカー」という番組があるだけだった。

その番組で、当時アルゼンチンのボカ・ジュニアーズというチームでプレーしていて、ワールドユース大会のため来日するディエゴ・マラドーナという注目選手の特集をしていた。

強烈なドリブルが武器で、一人でゲームを支配できる決定的な才能は、もはや全世界が注目していた。1978年のアルゼンチン・ワールドカップには出場しなかったが、今アルゼンチンで最も期待されている選手ということだった。

当時ワールドユースの試合は見ていないが(後日、埼玉県営大宮公園サッカー場でのアルゼンチン代表の試合のNHK中継(解説岡野俊一郎)のビデオを入手して観た)、『サッカーマガジン』の記事を切り抜いて、部屋にマラドーナのポスターを貼っていた記憶はある。

それは、舌の先をチョロっと出しながら全力でドリブルしているマラドーナの写真で、こんなポーズで走っていたら転んだ時に舌を噛み切るから危ないので真似しないように、と親だかサッカーのコーチだったかに言われたのを覚えている。

ぼくにとってのマラドーナとの本格的な出会いは、1982年のスペイン・ワールドカップだ。そのためにVHSのビデオデッキを親が購入して、日本では真夜中に行われる現地の試合の生中継を録画し、リアルタイムでも夜中に起きて観ていたと思う。

うっすらと覚えているのは、二次リーグのアルゼンチン・ブラジル戦で、マラドーナが相手選手の腹に蹴りを入れて退場をくらったシーンである。

十字を切りながら天を仰いでフィールドを後にしたマラドーナの髭の顔が一瞬イエス・キリストのイメージとダブった。明らかに反則を犯したたのはマラドーナの方なのに、何だか殉教者に見えて同情することしかできなかった。

マラドーナはその前の試合(イタリア戦)で、「殺し屋」とも呼ばれたディフェンダーの激しいマークを受け、プレーを封じられて苛立っていたという話もあった。後にマラドーナは、スペインのF.C.バルセロナに移籍してからも、マンツーマンの執拗なディフェンスによるファウル攻撃に苛立ち、試合中に大乱闘を演じたこともある。

マラドーナの黄金期は、言うまでもなく1986年のメキシコ・ワールドカップと、その後のイタリアのナポリ移籍後の活躍である。

メキシコのワールドカップをリアルタイムで体験できたことは(もちろん現地に行ったわけではなくテレビ越しに観ただけだが)、ぼくの最も幸福なサッカー体験の一つである。

このときのマラドーナの活躍は、まさに魔法使いのようだった。

ボールを持つたびに、信じられないプレーをした。

有名なイングランド戦の「5人抜き」、準決勝のベルギー戦の2得点、そしてあのイングランド戦の「神の手」ゴールと、すべてが伝説になっている。

それ以外にも、マラドーナがこの大会で見せた人智を超えたようなプレーは無数にあって、今でもユーチューブなどで見れると思う。

マラドーナは、イタリアのセリエAではあまりパッとしない弱小チームのナポリに移籍し、そこでチームを二度スクデット(優勝)に導くという奇跡のような御業を行った。ナポリでの活躍は、残念ながら日本には中継がなかったので、リアルタイムではほとんど見れていない。時々「ダイヤモンドサッカー」で放映していた程度だ。

このナポリ時代のプレーを見たくて、大人になってから、何十枚もの輸入DVDを購入した。そこでもマラドーナは魔法としか言いようのないことをしていた。

だが、彼の身体はこの時点で既にコカインをはじめとするドラッグに汚染されていた。夜通し酒やドラッグをやった後で、ろくに練習もせず試合に臨んで、このようなプレーをしていたのだから、彼は神から与えられた無限の才能を濫費し続けていたとしか言いようがない。

あるいはアルゼンチン国民やナポリの人々、世界の貧しい恵まれない大衆に喜びを与えるために特別な許可を神から与えられていたと言うべきか。マラドーナは、「ぼくは髭づら(キリスト)とホットラインでつながっている」と豪語していたという。

マラドーナの死去を報じるにあたって、ほとんどすべてのメディアが「神の子」という表現を使ったのが興味深い。

実際、全盛期の彼のプレーは神がかりのように見えた。あれほどの執拗なマークとファウルすれすれ(今の基準なら明らかにファウル)のタックル攻撃を浴びながら、数少ないチャンスの中で試合を決める決定的なプレーをした。あのオランダの名将ヨハン・クライフの「トータル・フットボール」がチームワークの賜物とすれば、彼の作る試合は、個の力による芸術作品のような感動を与えた。

神がかりの威光に陰りが見え始めたのは、1990年のイタリア・ワールドカップだった。

ここでマラドーナは、満身創痍になりながら、決勝まで進んだ。

準々決勝のブラジル戦では、猛烈なドリブルからのキラーパス一本で試合を決め、準決勝では、開催国イタリアと戦い、ナポリのファンたちを複雑な思いにさせた。マラドーナはここでヒール(敵役)を演じる不幸な巡りあわせとなった。

1994年のワールドカップ以降の、「お騒がせセレブ」のようになってしまったマラドーナについてはよく分からない。それでも、彼の奇跡を体験したアルゼンチンやナポリやその他のサッカーファンの多くと同じく、ぼくも彼を責めたり、非難したり、軽蔑したりする気にはなれなかったし、口幅ったい言い方をすれば、愛することしかできなかった。

彼が亡くなった今も、それは変わることはない。

彼は自分の影響力を使って常に、権威者たちの欺瞞を告発し、同類たる社会的弱者たちへの愛情の籠った労りの言葉を発していた。

彼が第三世界の貧しい人々から圧倒的な支持を受け続けた理由がそこにある。

ディエゴ・アルマンド・マラドーナを地に遣わしてくださったサッカーの神に感謝。

彼の魂がいまやそのみもとで安らかにあらんことを。





0

2020/8/13 | 投稿者: pdo

小学生の一人娘が居ます。アニメとゲームをこよなく愛する40代のおばちゃんです。コロナと政治の呟き多め、コロナ脳ですがなにか?コロナはハイブリッドAIDSで血液の病気ですよ!毎日悶々と学校の事考えてます。たまにアニメの事呟きたい。

子供達の未来は長いですから、コロナ感染してPTSDになったり、他の精神疾患になってしまうと勉強所ではなくなります。一生の苦しみとして残りますから、家庭の事情も考え、休ませることが可能な家庭は休ませた方が良いかと思います。
サポート稼ぎより、命と心を優先。ワクチン待ち。

学校も教育委員会もあほすぎて話にならないので欠席理由は自主休校って言いました。
小学校を休ませました。気を付けないと命が危ないって言っても写真を撮る時だけ取れない?って聞いたそうです。もう無理。

「そんなにコロナが心配なら自分の子だけ休ませれば?」というのをものすごくたくさん見る。だけど、一斉休校を訴える人は自分の子供だけでなく他の子供や先生、その家族が苦しむことのないようにと思ってるのです。みんな一緒じゃなきゃ、という話ではない。

たらい回しの現実について。
発熱がおさまらず、動悸・息切れ・咳症状があり、採血や心電図などの検査を求め、かかりつけ医にTEL。発熱中は受診できない為、保健所へ相談するように、との指示あり。朝9時保健所へTEL。14:30頃折り返しTELあり。紹介できるところはないとの返事。

自分で近所のクリニックをネット検索し、片っ端からかけ続け、発熱者でも受診できるところを探せと。この対応はあんまりではないかと思い、思いを告げると、市役所感染症対策室にTELせよとの指示。そこから更に保健医療課へ電話を回された。しかし現状を伝えても、同じ回答しか得られず。

頭にきたので、医師会へTEL。保健所からの紹介しか受け入れないとの返事。厚労省へTEL。保健所へ相談せよと。しましたと言っても、厚労省としては保健所へというしかないと。要は現在市において発熱者は陰性でも受診できないということです。どうなんでしょうか?

これでインフルエンザ流行の季節になってインフルエンザになったとしても。受診できず投薬も無しになりますね。せっかくタミフルやリレンザとか薬があるのに。だからこそ検査・隔離で抑え込まなければならないのに体制強化に金も人も使わければならないのに怠ってきた付けが回ってきているのでしょう。

芸能人などは、すぐ検査も出来て入院出来るのに本当に腹がたつ。発熱=コロナって全て決めつけないでほしい。今年インフルエンザなっても病院にもかかれず薬も出してもらえないだろうから不安でしかない。

だから文科省職員に学校の新しい生活様式についてお尋ねしました。

Q:感染者が毎日増え続ける中でなぜ予防を緩和するのか?

A:教員が疲弊している

Q:業者に頼める様に予算を出さないのか?

A:あなたの様な時間のある方が協力して下さい

Q:父兄に消毒しろと?

A:気になるのであれば。地域によりますし、今以上の消毒は必要ないです

Q:学校クラスターありますよ?6月から再登校して242名子供が感染してるじゃないですか?

A:学校で感染してるとは限らないでしょ?

Q:3月〜5月は子供は海外からの濃厚接触者家族以外にほぼ居なかった。5月末から学校再開してから増加したんでしょうがっ。現にクラスターが各地で始まっているじゃないですか。

A:じゃあ学校行かずに家でこもるつもりですか? 学校は必要なんです!!!!!(怒鳴られたわ)

Q:学校は必要です、ウチの子は学校が大好きです。ですが、疲弊してるんです。この酷暑の中を一日中マスクを着け、履修を削る事なく、詰め込みの授業で夏休みも短縮で厳しい暑さの中を登校するんです。熱中症で倒れる子も、搬送される子も居ました。これが正しい学校教育の現場でしょうか?

A:当初はコロナの実態がつかめなかった、だが子供は軽症・無症状が判明した、だーかーらー学校再開したんです。熱中症が心配でしょう?だからマスクを外してと通達してるんです

Q:マスク外したら感染するじゃないですか?(アホなん?)子供は軽症かも知れないが、親・家族が感染したらどうなります? 子供の面倒は誰が? 働く事も出来ず、生活はどうなるのですか?

A:熱中症が危ないんでしょ?コロナで死亡してない。

Q:死亡者が出てから考えると? 現に死亡者は居るし、それは問題発言では?

A:言ってませんよー文科省職員としては!個人の感想です。コロナだけじゃないでしょ?色んな病気あるじゃないですか、休校します?

Q:感染症は確かにありますがでもコロナは検査10分でして貰えますか? コロナはワクチンありますか? 投薬もらって寝てたら完治しますか? あなた子供いませんか?大切な家族は居ないのですか?

A:居ますけど何か?

Q:とにかく子供は疲弊してます、ここまで感染者が増えた今、休校延長すべきでは?

A:いや時間ないでしょ?

Q:時間ないから、履修科目を減らせば良いじゃないですか。主要科目に軸を置き、音楽・体育・道徳・図工、少しづつでも削れませんか? 受験に関しても、見送り提言の際に試験延長すると提言してました。結局日程変わらずです。

A:じゃあ受験生だけ、5教科のみを履修すれば?

Q:それは屁理屈でしょ?詰め込み教育を再考願いたい。そもそも今年度延長決めてれば
感染増えたら休校、落ち着いたら再開、中止になった行事も出来たでしょう? それから、運動会も歌唱も再開すると聞きました。カラオケクラスターあるのに、歌唱必須ですか?
運動会、熱中症・感染のリスクの中、必要でしょうか? 市教委に聞くと、上からの通達です!と

A:まあ確かにウチの子の学校は運動会中止になりましたよ。自治体に任せます

Q:中止ですか?羨ましいです。とにかく、学校どころではないです。提言に盛り込まれていた、オンライン授業も間に合わない。GOTOはする、感染増、8月登校なんて熱中症で登校どころではありません。休校延長願います、伴う今年度延長願います。文科省が3月にゴールを決めてるから、詰め込みなのです。ゴールを再考して下さい。秋冬に向けて(GOTOの所為で9月もクラスターだと思ってる)3波もあるでしょう。詰め込みでも間に合いません。センターを共通に変更され、その上コロナです。受験時期も考えたら3月なんて、あまりに無情では?

A:ウチも去年受験でしたから、まあ分かりますがね

Q:そうですかー去年で良かったですね。親の気持ちとしてはホッとされたでしょう?

A:ええ、今年じゃなくて良かった!と思いましたよ

Q:( 一一)ですよねー(自分だけ助ければ良いんだろうがボケ)ありがとうございましたm(__)m

文科省 TEL 内線

もしこの職員苗字をお知りになりたければ、DM下さい
0

2020/5/29 | 投稿者: pdo

ニコ生の「ビュロー菊地チャンネル」に会員登録(月額880円税込)。

今月の頭にニコニコプレミアムを解約した(この1年くらいニコ生の将棋コンテンツを見なくなったので)ばかりで、我ながら非効率的(非資本主義的)な行動とは思うが、今日登録したおかげで、5月の日記は全部(といっても4本くらいだけど)読むことができた。

しかし、4月の日記は読めないので、4月8日の、菊地成孔がNHKラジオの「飛ぶ教室」に出演し、小池知事への発言をカットされた(生放送では流れたが、アーカイブからカットされた)経緯を綴った日記を超面白く読んだ(220円)。

NHKってやっぱり・・・と思わされた(まあ前から分かってたけど。ちなみに菊地成孔は大人なのでNHKをディスってるわけではない)。

何度でも言うけど、NHKコンテンツを動画サイトから削除するためにやっきになって削除要請したりろくでもない下請けに受信料の取り立てをやらせる暇と時間とエネルギーがあるなら、夏川結衣さんの『結婚前夜』をさっさと再放送してくれや。


0

2020/5/28 | 投稿者: pdo

ブログタイトルを変更してみた。

今までの歴史で、「War Is Over(戦争は終わった)」、「Instant Karma!」、「#9 Dream」と来たので、ジョン・レノンのソロ第1作「ジョンの魂」の中から、「ウェル・ウェル・ウェル」という曲のタイトルで。

これは著作権OKかな?

訳詞を下に載せるが、これは著作権的にアウトだろうか?

別にアウトでもいいや(嘘。いや、やっぱり本当)。

やれやれ。


Well,Well,Well / John Lennon


恋人とディナーに出かけたんだ

軽く食事するつもりで

僕らは二人ともガリガリに痩せていていたんだが

彼女は食べたくなるくらい美しかった

やれやれ、まったく


僕らは座って、革命について話した

真昼間にリベラル連中に対して話すみたいに

女性解放についても話した

そして、一体どうすれば事を成し遂げることができるのかについて

やれやれ、まったく


恋人を大きな野原に連れ出した

イギリスの空をのんびり眺めるつもりで

僕らは二人ともナーバスになっていて、罪悪感を感じていた

でも二人ともそれがなぜなのか分からなかった


やれやれ、まったく。



0

2020/5/26 | 投稿者: pdo

たいして緊急事態の実感もないまま、緊急事態が終わった。

こんな呑気なことが言えるのも、自分や周囲に直接間接の被害(経済的なものも含めて)が生じなかったからで、辛い体験をした人もたくさんいることを想えば炎上してもおかしくない発言だと思うが、こんな限りなく日記に近いブログで周囲に忖度していたら何も書けない。

果たして本当に収束したといえるのかについては大いに疑問も残るし、第二波、第三波、あるいはまた別のウイルスによる感染症の拡大など、新たな緊急事態もほぼ確実に想定されるところではある。

新しい生活様式、などと言われても、何のことやらピンと来ない。朝夜の通勤電車が空くのはありがたいことだが。ミシェル・ウェルベックの言うように、人間同士の物理的な接触を減らすことによって、人間関係そのものの陳腐化が起こり、人間は個室に隔離されていて、ほかのひととの物理的な接触をもたず、たたスマホやパソコンで自分とは無関係な(と思っている)政治家やら芸能人やら有名人やらを罵倒し、知り合いと他愛もない通信(しかしその底には常にヒリヒリする爆弾を抱え込んでいる)をしながら暮らす。そうして、ひとは少しずつ滅びていく。

コロナによってもたらされるデストピア。しかしそれはコロナによってもたらされたのではなく、すでにそこにあったものだ。2016年よりもずっと前から。

やっほー!

革命というのは極限にまで達した人たちが団結して起きるものだけれど、私のポジティブな革命とは意味が違うのである。まあまあ満足、生きてはいけるし、食べてもいけるし、とりあえず我慢はできる、これは幸せじゃないよね。なんのために生まれてきたんだろう、なんのために生きるんだろう。私の答えは【楽しむため】。楽しみとは経験、感動、愛、喜び、思いやり、創造性など様々。そう、実はね、生きてるって素晴らしい!
あなたは本当に、心から幸せですか?
ハイもう一度。生きてるって素晴らしい!
これこそがあなたの存在意義なんだもん。
そしてみんなが少しづつ気づいてる。目覚めてる。立ち上がっている!
もう、ポジティブ レボリューションは始まったんだ。
0




AutoPage最新お知らせ